OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

八重瀬町長選挙2018の結果速報と開票|立候補者情勢予想(知念/新垣/宮城)と当選者

      2018/01/29

ここでは2018年1月28日に投開票が行われる沖縄県八重瀬町長選挙(やえせちょう)の開票速報及び開票結果についてまとめています。

随時最新情報を追記していきますので是非参考になさってくださいね。

八重瀬町は2006年に島尻郡東風平町と具志頭村が合併して誕生した人口約30,000人の新しい町です。

今回の町長選に立候補しているのはいずれも無所属新人の知念昭則氏(66)、宮城勝也氏(43)、新垣安弘氏(62)の3名。

実に8年ぶりの選挙ということもあり注目を集めていますが、果たして当選者となったのはどの候補者なのでしょうか。

Sponsored Links

八重瀬町長選挙2018|開票速報・開票結果・NHKの最新出口調査情報など

八重瀬町長選挙2018の開票結果については開票速報が発表され次第以下の図を随時更新していきます。

※概ね午後11時過ぎには判明する予定です

その他、沖縄地元ニュースやNHKなどによる最新の出口調査情報も入り次第情報を追記していきます。

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
  5,424 知念 昭則 66 無所属 無職、元町議
  2,841 宮城 勝也 43 無所属 会社員、元町議
当選 6,635 新垣 安弘 62 無所属 無職、元県議

投票率:63・00%

八重瀬町長選挙2018|争点や町の人の声や情勢予想は

次に今回の八重瀬町長選挙2018における争点や情勢予想について見ていきたいと思います。

八重瀬町長選挙2018の主な争点は何か

まず八重瀬町長選挙の主な争点ですが、沖縄タイムスの報道によると旧東風平町・具志頭村域の発展格差解消や人口増対策、産業振興、子育て・福祉政策などの手法が主な争点と報道しています。

他県では人口減少問題を争点と上げるところが多いですが、八重瀬町長選挙においては増対対策ということですが、これは少し珍しいケースかもしれませんね。

Wikipediaの情報では1970年の16,038人から2015年にかけて29,066人まで増加しているとのこと。

八重瀬町長選挙2018の情勢や予想

続いては八重瀬町長選挙に対する町民の方の声や情勢、予想についてです。

主にTwitter上から情報を拝借させて頂きました。

参考レベルにどうぞご注意ください。

 

Sponsored Links

八重瀬町長選挙2018|立候補者(知念・宮城・新垣)プロフィールや公約

ここでは八重瀬町長選挙2018に立候補している候補者の経歴・プロフィールと掲げている公約を簡単にですがご紹介します。

知念 昭則(ちねん あきのり)

  • 名前:知念 昭則(チネン アキノリ)
  • 出身:町友寄
  • 生年月日:1951年8月21日生まれ
  • 年齢:66
  • 性別:男
  • 党派:無所属(新)
  • 肩書:元町議
  • 学歴:沖大卒

1998年に旧東風平町議に初当選し2006年に八重瀬町議に当選。

今回の八重瀬町長選挙のために町議を辞職。

知念昭則氏は自身のホームページで政策宣言として以下の内容を発表しています。

  • 子供達の将来に夢を!(子育て世代の支援)
  • お年寄りに生きがいを!(健康寿命の延伸)
  • 総合文化センター(仮称)の建設
  • 産業の振興(町商工会の活性化)
  • 自然環境の保全と活用(具志頭地域の観光開発)
  • 伝統文化の保存継承
  • 交通体系の整備
  • 米軍基地負担の軽減

中でも注目される辺野古基地建設に関しては反対を唱えています。

宮城 勝也(みやぎ かつや)

  • 名前:宮城 勝也(ミヤギ カツヤ)
  • 出身:町宜次
  • 生年月日:1974年8月20日生まれ
  • 年齢:43
  • 性別:男
  • 党派:無所属(新)
  • 肩書:会社員 元町議
  • 学歴:東京農大卒

2010年に八重瀬町議に初当選し、2期目途中の2017年7月に辞職し、今回の八重瀬町長選に出馬。

宮城勝也氏は自身のホームページでキャッチフレーズ

「八重瀬はひとつ!みんな創ろう、やえせ新時代!」という手書きのメッセージを有権者の方にアピールされています。

 

また、今回の争点とされている人口増対の課題については以下のようにコメントされています。

「人口3万人を超えた若い町で働き、子を育て、介護を担う中心世代としてまちづくりを考えたい」

 

宮城氏が掲げている政策主張は以下の通り。

  • 教育支援などを含めた子育て環境の充実
  • 町内にコミュニティバスを導入し健康・便利な町づくり
  • 移動町長室を設置し、町民提案型政策の導入

 

Sponsored Links

新垣 安弘(あらかき やすひろ)

  • 名前:新垣 安弘(アラガキ ヤスヒロ)
  • 出身:町志多伯
  • 生年月日:1955年12月30日生まれ
  • 年齢:62
  • 性別:男
  • 党派:無所属(新)
  • 肩書:元県議
  • 学歴:糸満高卒

2002年に旧東風平町議に初当選。

2006年に八重瀬町議当選し、2008年より県議を2期務めました。

新垣安弘氏の事務所後援会開きのチラシには「心ひとつに!夢叶う!輝く未来へ!」というキャッチフレーズで自身をアピール。

その上で特に町民の暮らしと生活が最優先で、福祉・教育・地域振興で活力のある八重瀬町を作り上げると意気込みを見せています。

沖縄タイムスの報道では以下のようにコメントされていました。

「町議6年、県議8年の経験を生かして故郷のために全力を尽くしたい」

 

そんな新垣氏が掲げている政策主張は以下の通り。

  • 文化の殿堂である複合文化施設を建設する
  • 中学三年生までの子どもの医療費窓口を無料化
  • 女性による審議会などへの積極的な採用・登用

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は沖縄県八重瀬町長選挙2018についてご紹介致しました。

2月4日には名護市長選挙2018も控えていますが、2018年は沖縄県は統一地方選挙の年です。

先日の南城市長選挙2018も瑞慶覧氏が当選し大きな盛り上がりを見せましたが、果たして八重瀬町長に当選するのはどの候補者なのでしょうか。

当サイトでは引き続き八重瀬町長選挙2018の最新動向を追っていきます。

Sponsored Links