OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

高山市長選挙2018の開票結果速報|立候補者(益田/国島)と情勢予想・当確まとめ

      2018/08/27

ここでは8月19日に告示、8月26日投開票の岐阜県、高山市長選挙2018(高山市長選)の開票速報及び開票結果についてまとめています。

最新の情勢やNHKの出口調査情報や投票率、争点、当確予想、立候補者の経歴やプロフィール、公約なども交えてお届けしますので是非参考になさってくださいね。

 

今回の高山市長選の立候補者はいずれも無所属で、新人の精神科医益田大輔氏(43)と、3選目当選を目指す現職市長の國島芳明氏(68)=自民、公明推薦=の2名です。

 

有権者数は8月18日時点で74,116人(男性34,949人、女性39,167人)人となっています。

現職VS新人の激しい一騎打ち選挙を制したのはどちらの候補者だったのか、見ていきましょう。

Sponsored Links

 

高山市長選挙2018|開票速報・開票結果・NHKの最新出口調査・当確情報・投票率

高山市長選挙2018の開票結果については開票速報やNHKなどによる最新の出口調査情報、当確情報が入り次第、随時下記の図を更新致します。

 

投票率 61.94%
結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
  19361 益田 大輔 43 無所属 医師
25866 国島 芳明 68 無所属 高山市長

 

開票は8月26日午後9時30分から高山市役所地下市民ホール(高山市花岡町2丁目18番地)にて開票されます。

大勢の判明はおそらく午後11時~12時前後になるのではないかと予想します。

 

以下は前回(2014年8月31日執行)の高山市長選挙の開票結果となります。

2014年度は立候補者が国島氏のみとなり、無投票当選を果たしています。

投票率 無投票
結果 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
国島 芳明 64 無所属 高山市長
  • [告示日]2014年8月24日
  • [投票日]2014年8月31日
  • [有権者数(人)]74302
  • [投票率(%)]

[執行理由]任期満了

[定数 / 候補者数] 1 / 1

Sponsored Links

 

高山市長選挙2018|争点や情勢、当確予想は

ここでは高山市長選挙2018の争点や情勢、当確予想についてご紹介致します。

高山市長選挙2018の争点

高山市長選挙2018における主な争点は以下の通りです。

  • 2期8年間の国島芳明市長の市政運営の評価是非
  • 産業や地域活性化・子育て支援における対策

各候補者の政策主張や公約は後述します。

高山市長選挙2018の情勢や当確予想

選挙戦がスタートしてからの情勢で当確予想をすると、現職の国島氏が優勢に選挙戦を進めているといった見方が強いようです。

自民公明の政党推薦を得ていることや、建設業界からの支持も厚く組織票を多く獲得することが見込まれています。

一方の益田氏は政策や公約が今ひとつインパクトに欠けているとの声があり、有権者の心を動かすまでには至っていないという見方もされているようです。

高山市長選挙2018|立候補者の政策(公約)やプロフィール、経歴

8月26日に投開票が行われる高山市長選挙。

立候補の名乗りを上げたのは、現職市長で3選を目指す国島芳明氏、新人の益田大輔氏の2名。

 

現新一騎打ちの戦いを制するのはどちらの候補なのでしょうか?

それでは、立候補者である国島氏、益田氏の経歴や政策をご紹介します。

国島 芳明(くにしま みちひろ/現職市長)

  • 名前:国島 芳明(クニシマ ミチヒロ)
  • 現年齢:67歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属(自民党、公明党推薦)
  • 肩書き:高山市長
  • 学歴:市立南小学校、市立松倉中学校、県立斐太高等学校、愛知大学法経学部法学科卒業
  • 職歴:高山市職員、高山市副市長、高山市長(2期)

「芳明」で「ミチヒロ」と読む国島芳明氏は、1951年1月15日に高山市西町で生まれます。

県立斐太高等学校を経て、愛知大学法経学部法学科に進学。

 

卒業後、高山市役所に入庁。

文化課長、企画課長、企画管理部長などの役職を歴任後、2008年に副市長に就任します。

 

4期にわたり市長を務めた現職の土野守氏が引退を表明。

そして国島氏は、2010年に行われた市長選への出馬を決意。

 

市長退職金の廃止、副市長の削減(2名→1名)、斎場建設、総合交流センター計画見直しなどを公約に掲げて臨みます。

 

対抗馬に国島氏とともに副市長を務め、土野氏が支持する荒井信一氏、元市副議長の中田清介氏が立つ三つ巴の戦いとなるも、国島氏は次点の荒井氏に8千以上の票差をつける26,134票を得て初当選を飾ります。

 

2014年の選挙は対抗馬なしの無投票で再選。

そして迎えた今回の選挙戦。

 

2018年3月の議会一般質問への答弁の中で、3選出馬を表明します。

 

おもろくん
スローガンは「思いをチカラに 夢をカタチに」。

 

政策の柱と主な公約をご紹介します。

  • 活力あるまち 自立したまち
    ・支所地域と中心市街地の市内観光ネットワークの形成
    ・山岳観光・産業観光の振興
  • 住みやすいまちに向けて
    ・こどものための屋内型 遊び場の確保(8月から試験的に飛騨センターにて提案、実施)
    ・国際化教育・地域体験教育(学習)・大学と連携した小中高生の高度教育などの推進
    ・地域医療や救急医療体制の高度化・充実
    ・ごみ処理施設、火葬場の再整備をはじめとした耐用年数の長い公共施設の適正配置と施設整備(将来に負担をかけない施設整備)
    ・国立公園、県立公園、白山ユネスコパーク、ジオパークの活用
  • 活力あるまちにむけて
    ・メイド・バイ飛騨高山認証制度の推進による商品の付加価値の構造
    ・支所地域の資源や魅力と中心市街地を結んだ市内観光ネットワークの構築
    ・飛騨牛一貫生産システムの構築
    ・新卒で市内の就労する市内在住の高校卒業生に対するキャリアアップ奨励金(資格・能力の向上への支援)の支給制度の創設
  • 自立したまちに向けて
    ・すでに一部地域で誘致している大学との連携(アクディブ・ラーニング)による地域活性化の推進
    ・子育て充実都市高山の実現による子育て世帯の定住・転入促進
Sponsored Links

益田 大輔(ますだ だいすけ)

  • 名前:益田 大輔(マスダ ダイスケ)
  • 現年齢:43歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:医師
  • 学歴:福岡県立修猷館高等学校、愛媛大学医学部医学科卒業
  • 職歴:岐阜大学病院、高山赤十字病院、特定医療法人生仁会須田病院

対する新人の益田大輔氏は、1974年10月21日に福岡県福岡市で生まれます。

福岡県立修猷館高等学校を卒業後、医師を志し愛媛大学医学部医学科に進学。

 

卒業後、精神科医師として岐阜大学病院精神科、高山赤十字病院心療内科を経て、2005年から須田病院に勤務しています。

精神科専門医、精神保健指定医を取得しています。

 

医師として働く傍ら、2012年には高山青年会議所の理事長に就任。

 

また劇団を主宰し、役者や演出家として活動するなど、マルチに活躍しています。

そんな益田氏は、

「精神科医として勤務する中で、良い街をつくることが精神科医の重要な役目ではないかと考えた」

と、今回の市長選への出馬を決意。

 

おもろくん
スローガンは、「子どもたちに夢のある未来をつくろう」。

 

「益田大輔の3つの想い」と題する政策の柱と主な公約をご紹介します。

  1. 病気や老後も安心な、医療福祉の手厚いまち
    ・飛騨地域全体を見据え、持続可能な医療体制の構築・維持に力を入れます。
    ・優秀な医師の確保をトップセールスで行い、市民の健康を守り続けます。
  2. 子どもが夢を抱き、実現できるまち
    ・健やかに育ち、夢を抱いて学び、就労に至るまでを子育てと考え、切れ目なく支援します。
    ・高校生が地域に関わる機会を増やすことで、一度外に出ても志を果たしに戻ってくる「郷土愛」を育みます。
  3. 地域が儲かる!豊かなまち
    ・先人達が築き上げてきた飛騨高山ブランド。その誇りを受け継ぎながら、利益が地域にしっかりと還元され、循環していく仕組みをつくります。
    ・観光客を関係人口に繋げ、高山ファンを増やすことで、更なる観光客誘致を目指します。

2018年8月26日の注目選挙

当サイトでは高山市長選挙以外にも同日執行される他県の注目選挙もまとめています。

高山市長選の結果が判明するまでの間に参考になさってくださいね。

 

それでは、引き続き高山市長選挙2018の最新情報、情勢を追っていきます。

Sponsored Links