OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

洲本市長選挙2018の開票結果速報|立候補者伊郷の公約や情勢予想、当確まとめ

   

ここでは3月4日に告示され3月11日に投開票を迎える兵庫県洲本市長選挙2018の開票速報及び開票結果についてまとめています。

最新の情勢やNHKの出口調査情報や投票率、争点、当確予想、立候補者の経歴やプロフィール、公約なども交えてお届けします。

今回の洲本市長選の立候補者はいずれも無所属で、新人で不動産管理会社社長の伊郷浩芳氏(60)と、3選目当選を目指す現職市長の竹内通弘氏(72)の2名です。

有権者数は3月3日時点で38,237人(男17,979人、女20,258人)。

現職VS新人の一騎打ちの選挙戦を制し当選したのはどちらだったのか、見ていきましょう。

 

洲本市議選の結果はこちら

 

Sponsored Links

洲本市長選挙2018|開票速報・開票結果・NHKの最新出口調査・当確情報・投票率

洲本市長選挙2018の開票結果については開票速報やNHKなどによる最新の出口調査情報、当確情報が入り次第、随時下記の図を更新致します。

開票速報の第1報目は3月11日の午後10時から発表されますので、今しばらくお待ち下さい。

投票率  
結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
    伊郷 浩芳 60 無所属 株式会社トーケン代表取締役社長
当選   竹内 通弘 72 無所属 洲本市長

 

また、以下は前回(2014年3月2日執行)の奥州市長選挙の開票結果となります。

投票率は有権者数38,624人に対して66.35%でした。

こうしてみると、現職の竹内市長は当時の対抗馬に対してダブルスコア以上の差をつけての圧勝だったことがわかります。

投票率 66.35%
結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
16700 竹内 通弘 68 無所属 洲本市長
  8170 山木 佳宏 59 無所属 農業、元市議

洲本市長選挙2018|争点や情勢、当確予想

ここでは洲本市長選挙2018の争点や情勢、当確予想についてご紹介致します。

洲本市長選挙2018の主な争点は何か

今回の洲本市長選挙の争点ですが、神戸新聞では以下のように伝えています。

人口減少への対応を最大の争点に、観光振興や子育て支援の充実、南海トラフ地震に備える防災対策などを巡って論戦が始まった。

確かに洲本市の人口グラフを見ると1970年代には56,000人を超えていたのに対し、2010年代に入ってからは40,000人台へと落ち込む一方となっています。

画像引用元:wikipedia

洲本市長選挙2018の情勢や当確予想

今回の洲本市長選挙2018の情勢や当確予想については現職の竹内市長が3期目当選となる見立てが強いようです。

推薦支持政党に自民・公明を持つ竹内氏ですが、今のところ2期8年に渡る悪い評判や噂は無さそうです。

対する伊郷氏ですが無所属新人枠としてどこまでの支持票を獲得できるか、注目です。

Sponsored Links

洲本市長選挙2018|立候補者の経歴やプロフィール・公約を紹介

3月4日告示、11日投開票の洲本市長選挙。

市議会議員選挙と同時日程なので、1週間、選挙カーが行き交い賑やかになりました。

市長選で立候補の名乗りを上げているのは、現職で3選を目指す竹内通弘氏、新人で会社社長の伊郷浩芳氏の2名。

現新一騎打ちの戦いとなります。

 

こちらでは、立候補者である竹内氏と伊郷氏の経歴やプロフィール、そして公約などをご紹介してまいります。

竹内 通弘(たけうち みちひろ/現職市長)の経歴

  • 名前:竹内 通弘(タケウチ ミチヒロ)
  • 現年齢:72歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属(自民党推薦)
  • 肩書き:洲本市長
  • 学歴:兵庫県立洲本高等学校、大阪経済大学経済学部卒業
  • 職歴:丸一調査設計株式会社、洲本市議会議員(合併前1期、合併後1期)、洲本市長(2期)

竹内通弘氏は、1946年2月22日に洲本市で生まれます。

県立洲本高校を経て、大阪経済大学経済学部に進学。

卒業後は、建設コンサルタントを行う丸一調査設計㈱に入社。淡路営業所で勤務します。

2004年に行われた洲本市議会議員選挙に出馬し、見事初当選。

 

2006年に洲本市と五色町が合併して新制・洲本市が誕生。同年行われた市議選でも再選を果たした竹内氏は、副議長に就任します。

竹内氏は、2010年に行われた洲本市長選挙に出馬。

新人5人が争う激戦を勝ち抜き、初当選を飾ります。

 

2014年の選挙戦は、新人候補との一騎打ちを制し、再選を果たします。

そして3期目を賭けた今回の選挙戦。

竹内氏は、昨年12月議会において立候補を表明。その中で出馬への思いを次のように述べています。

「今よりももっと暮らしやすく、誰もが住みたいと思えるまちにするため、引き続き市政運営を担わせていただきたい」

 

また、その中で今後取り組んでいきたい課題として、淡路島内3市が連携した

  • 観光戦略
  • インバウンド対策
  • 公共交通網の構築

を挙げています。

スローガンは、「更なる活力ある洲本へ 確かな実行力のあるリーダーを」。

72歳という年齢が気になるところですが、合気道2段の腕前を持つ竹内氏は姿勢も良く、健康面では問題なさそうに感じます。

今回の選挙戦で、2期8年の竹内市政に対し、有権者からどのような評価が下されるのでしょうか。

Sponsored Links

伊郷 浩芳(いごう ひろよし)の経歴

  • 名前:伊郷 浩芳(イゴウ ヒロヨシ)
  • 現年齢:60歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:会社社長
  • 学歴:兵庫県立洲本高等学校、近畿大学卒業
  • 職歴:建設会社、新聞販売所(自営)、不動産管理会社(自営)

対する新人の伊郷浩芳氏は、現在60歳。

生年月日が確認できませんが、現職の竹内氏より一回り下になるようです。

県立洲本高校を経て、近畿大学に進学。

卒業後は、建設会社への勤務の後、新聞販売所を経営し、現在は、不動産管理会社の社長だそうです。

 

2004年に亡くなった父親は、洲本市議会議員を2期務め、議長経験もある方とのこと。

伊郷氏自身は議員経験はありませんが、昨年9月まで自民党洲本支部の幹事長を務めています。

 

そして伊郷氏は、今回、洲本市長選挙に出馬を決意します。

出馬表明の記者会見において、出馬に至った動機や市政にかける思いを次のように述べています。

「無投票になれば市民の投票の権利が奪われることになる」

「行政、教育、財政の改革を進め、新しい洲本市をスタートさせたい」

 

伊郷氏は、市政刷新を望む有権者の支持を広げ、新しい市長の座に就くことができるのでしょうか。

まとめ

今回は洲本市長選挙2018の開票情報及び候補者情報などについてご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?

余談ですが、洲本市出身の有名人の方は多いですね。

芸能人なら元宝塚の大地真央さんや、モデルの朝比奈彩さんなどがいます。

地方選挙においてもこうした有名人の力を借りて選挙活動PRをされる場合もありますが、今回の洲本市長選挙では特にそうした動きはないようです。

投票率は今回は60%を超えてくるのか、その辺りも気になります。

当サイトでは引き続き洲本市長選挙2018の最新情報を追っていくと共に、同日執行の他県の注目選挙についてもまとめていますので是非そちらも参考になさってくださいね。

 

洲本市議選はこちら

 

同日執行の選挙はこちら

Sponsored Links