OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

坂井市長選挙2018の開票結果速報|立候補者(東VS坂本)と情勢予想【最新情報】

      2018/04/16

ここでは4月8日に告示、4月15日投開票の福井県、坂井市長選挙2018の開票速報及び開票結果についてまとめています。

最新の情勢やNHKの出口調査情報や投票率、争点、当確予想、立候補者の経歴やプロフィール、公約なども交えてお届けしますので是非参考になさってくださいね。

 

今回の坂井市長選の立候補者はいずれも無所属で自民推薦の現職市長、坂本憲男氏(71)とビル管理会社員の新人、東外喜夫氏(68)の2名です。

 

有権者数は4月7日時点で7万5787人となっています。

現職VS新人の激しい坂井市長選挙を制したのはどの候補者だったのか、見ていきましょう。

※同日執行の坂井市議会議員選挙の開票速報・開票結果はこちらへ

坂井市議会議員選挙2018の結果速報と開票|立候補者と当選者・投票率は?

Sponsored Links

坂井市長選挙2018|開票速報・開票結果・NHKの最新出口調査・当確情報・投票率

坂井市長選挙2018の開票結果については開票速報やNHKなどによる最新の出口調査情報、当確情報が入り次第、随時下記の図を更新致します。

 

開票は4月15日午後9時15分から坂井体育館(坂井町下新庄19-7-1)で開票され、大勢判明は午後11時ごろを見込んでいます。

投票率 52.40%
結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
32299 坂本 憲男 71 無所属 市長
  26931 東 外善夫 68 無所属 会社員

 

前回(2014年4月20日執行)の坂井市長選挙の開票結果は、坂本現市長の無投票当選でした。

結果 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
坂本 憲男 67 無所属 市長
  • [告示日]2014年4月13日
  • [投票日]2014年4月20日
  • [有権者数(人)]74145
  • [投票率(%)]

[執行理由]任期満了

[定数 / 候補者数] 1 / 1

坂井市長選挙2018|争点や情勢、当確予想

ここでは坂井市長選挙2018の争点や情勢、当確予想についてご紹介致します。

坂井市長選挙2018の主な争点は何か

坂井市長選挙2018における主な争点は以下の2つと報道されています。

  1. 観光振興策の充実
  2. 少子高齢化対策

上記2つの争点に対する各候補者の政策主張は後述します。

坂井市長選挙2018の情勢や当確予想

坂井市長選における情勢や当確予想ですが、こちらは現職市長である坂本氏が有力と見ていいでしょう。

残念ながら東氏は無所属新人として立候補していますが、これまでの政治家としての経験は無く、経験豊富な坂本現市長の圧勝に終わると予想されます。

坂井市長選挙2018|立候補者のプロフィールや経歴、公約

そんな坂井市長選挙ですが、立候補に名乗りを上げているのは、現職市長で4選をめざす坂本憲男氏と新人の東外喜夫氏。

12年ぶりの選挙戦で現新一騎打ちの戦いとなっています。

それでは、立候補者である坂本氏、東氏のプロフィールや公約をご紹介します。

坂本 憲男(さかもと のりお/現職市長)

  • 名前:坂本 憲男(サカモト ノリオ)
  • 現年齢:71歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属(自民党推薦)
  • 肩書き:坂井市長
  • 学歴:近畿大学商経学部卒業
  • 職歴:三国町議会議員(4期)、三国町長(2期)坂井市長(3期)

坂本憲男氏は1947年2月28日に生まれます。

近畿大学商経学部を卒業。

 

1983年に行われた旧三国町議会議員選挙に出馬し、初当選。以後、4期にわたって町議を務めます。

そして坂本氏は、1998年に行われた旧三国町長選挙に出馬し、当選。

 

その後も再選となり、町長を2期務めました。

2006年3月に坂井郡三国町・丸岡町・春江町・坂井町の4町が合併して坂井市が誕生。

 

それを受けて、4月に行われた坂井市初の市長選挙に旧三国町長の坂本氏、そして旧丸岡町長の林田恒正氏が出馬。

坂本氏は林田氏を破り、初当選。

坂井市の初代市長に就任します。

 

2010年、2014年の選挙戦はいずれも対抗馬が立たず無投票で再選されます。

そして昨年の12月議会において4選出馬への意欲について質問を受けた坂本氏は、次のように答弁し、出馬表明をしました。

「子育て支援、教育、協働のまちづくり、観光施策などこれまで大きな問題もなく成果を残すことができた。坂井市は住みよさランキングでは常に上位に位置しているが坂井市民が住みよさを実感し笑顔で暮らせるためにはまだまだ課題がある。

また、来年には国体という大きな事業を抱えているので、市民の支持が得られるのであれば、12年間の経験を活かし、引き続き市政運営を担当していきたい。」

 

坂本氏が掲げる8つの重点施策は次のとおりです。

  1. 住民とともに育むまちづくり
  2. 多様な都市活動を支えるまちづくり
  3. 地域の活力を創造するまちづくり
  4. 安全で快適な暮らしを支えるまちづくり
  5. 美しい自然と共生するまちづくり
  6. 誰もが笑顔で暮らせるまちづくり
  7. 生涯を通じて学び・育つまちづくり
  8. 地域全体でもてなすまちづくり
Sponsored Links

東 外喜夫(ひがし ときお)

  • 名前:東 外喜夫(ヒガシ トキオ)
  • 現年齢:68歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:ビル管理会社員
  • 学歴:石川県立工業高等学校卒業
  • 職歴:(不明)

対する新人の東外喜夫氏は、1949年8月16日生まれの現在68歳。東京都多摩市に本籍をおいています。

石川県立工業高校を卒業。

 

選挙管理委員会への届け出によると、現在は石川県金沢市に在住。

職歴は不明ですが、現在はビル管理会社に勤務。

 

過去には、2002年4月に行われた石川県津幡町長選挙に出馬。得票数260票で最下位落選しています。

2016年に坂井市の水道事業に委託業者の技術者として仕事をしていた東氏。

 

今回、住所地から離れた坂井市長選への出馬に至った動機について、次のように述べています。

「仕事に通して市の体制に疑問を感じ、是正したいと思った」

公約として、「障害者雇用率の改善」や「女性の管理職への積極的登用」などを訴えているということです。

2018年4月15日の注目選挙

当サイトでは坂井市長選挙・坂井市議会議員選挙以外にも4月15日(同日)執行される他県の注目選挙もまとめています。

2018年4月は統一地方選挙かとも思えるくらい日本各地で選挙戦が繰り広げられていますので、坂井市長選挙の投開票の間にでも参考になさってくださいね。

 

それでは、引き続き坂井市長選挙2018の最新情報、情勢を追っていきます。

 

首長・市長選

 

市議選

Sponsored Links