OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

根室市長選挙2018の開票結果速報と立候補者(保坂/石垣)の情勢予想・当確まとめ

      2018/09/10

ここでは9月2日に告示、9月9日投開票の北海道、根室市長選挙2018(根室市長選)の開票速報及び開票結果についてまとめています。

最新の情勢やNHKの出口調査情報や投票率、争点、当確予想、立候補者の経歴やプロフィール、公約なども交えてお届けしますので是非参考になさってくださいね。

 

今回の根室市長選の立候補者はいずれも無所属で、自民、国民民主、新党大地、立憲民主、公明が推薦する元副市長の石垣雅敏氏(67)と、元市議会議員の保坂いづみ氏(49)の2名です。

 

新人同士による激しい一騎打ち選挙戦を制したのはどちらの候補者だったのか、見ていきましょう。

Sponsored Links

 

根室市長選挙2018|開票速報・開票結果・NHKの最新出口調査・当確情報・投票率

根室市長選挙2018の開票結果については開票速報やNHKなどによる最新の出口調査情報、当確情報が入り次第、随時下記の図を更新致します。

 

投票率  
結果 得票数 氏名 年齢 党派 新旧 主な肩書き
7328 石垣 雅敏 67 無所属(自民、立憲、国民、公明、大地推薦) 無職、元副市長
  3274 保坂 いづみ 49 無所属 弁護士

 

開票は9月9日に即日開票されます。

大勢の判明は当確が出れば午後20時、全ての開票が終わるのは午後11~0時前後になるのではないかと予想します。

 

以下は前回(2014年9月14日執行)の根室市長選挙の開票結果となります。

投票率は有権者数23285人に対して57.2%でした。

投票率 57.20%
得票数 結果 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
8456 長谷川 俊輔 69 無所属(自民、民主、公明、社民) 根室市長
  4646 鴨志田 リエ 55 無所属 会社役員、元目黒区議
  • [告示日]2014年9月7日
  • [投票日]2014年9月14日
  • [有権者数(人)]23285
  • [投票率(%)]57.2

[執行理由]任期満了

[定数 / 候補者数] 1 / 2

 

根室市長選挙2018|争点や情勢、当確予想は

ここでは根室市長選挙2018の争点や情勢、当確予想についてご紹介致します。

根室市長選挙2018の争点

根室市長選挙2018における主な争点としては、3期12年で市長を勇退した長谷川俊輔氏の市政方針の継続か刷新などでしょう。

 

石垣氏は『北方領土返還運動を引き継ぎ、防災や水産業の活性化と共に進めたい。』と話し、保坂氏は『災害に強く、少数者に優しいまちづくりを実現したい。』と掲げています。

 

各候補者の政策主張や公約は後述します。

根室市長選挙2018の情勢や当確予想

選挙戦がスタートしてからの情勢で当確予想をすると石垣氏が優勢に選挙戦を進めているとの見方があります。

自民、立憲、国民、公明、大地の5大政党からの推薦を受けていることもあり大きく組織票を固めるものと予想できます。

対する保坂氏は元根室市議であるものの今ひとつ政策主張や公約がインパクトに欠けるものと思われます。

Sponsored Links

 

根室市長選挙2018|立候補者の政策(公約)やプロフィール、経歴

9月9日に投開票が行われる根室市長選挙。

3期務める現職市長の長谷川俊輔氏が引退を表明。

 

これを受けて立候補の名乗りを上げたのは、元副市長の石垣まさとし氏、トランスジェンダーの弁護士で元市議の保坂いづみ氏の無所属新人2名。

 

新たな市政のリーダーとして有権者が選択するのは、どちらの候補なのでしょうか?

それでは立候補者である石垣氏、保坂氏の経歴や政策をご紹介します。

 

石垣 まさとし(いしがき まさとし)

  • 名前:石垣 雅敏(イシガキ マサトシ)
  • 現年齢:67歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属(自民党、立憲民主党、国民民主党、公明党、新党大地推薦、社会民主党支持)
  • 肩書き:無職(元根室市副市長)
  • 学歴:工学院大学専修学校卒業
  • 職歴:根室市職員、根室市助役→副市長

石垣まさとし氏は、1951年1月9日に旧根室町(現・根室市)で生まれます。

1974年3月に工学院大学専修学校を卒業。

 

そして1976年8月に根室市役所に入庁します。

水産経済部長、北方領土担当参事、総務部長などの役職を歴任。

 

2006年9月に行われた市長選で、市職員から助役を務めた現市長の長谷川氏が当選。

石垣氏は、長谷川氏から抜擢される形で、同年10月14日から助役に就任します。

 

役職名変更により、2007年4月からは副市長に。

長谷川氏とともに12年間、その右腕として職務に携わってきた石垣氏。

 

長谷川氏の引退を受けて、地元経済界などから市長選への出馬を要請されます。

石垣氏はこれを受諾し、出馬を決意します。

 

記者会見の中で、その意気込みを次のように述べています。

「地域の政治力を結集し、根室のさらなる発展のために確かな道筋を切り開きたい」

 

おもろくん
スローガンは、”産業に「強さ」を、くらしに「安心」を、そしてまちにたくさんの「笑顔」を”。

 

石垣氏が掲げる3つの重点政策と主な具体的公約をご紹介します。

  • 子ども・暮らし・医療3つの「安心」実現
    幼児教育「無償化」の実現と受入体制構築
    高校生まで医療費(通院)助成の範囲拡大
    市立根室病院の経営健全化と診療体制充実
    歯舞診療所の早期再開と地域医療体制の構築
  • 北方四島との共同経済活動を”カタチ”にする
    「(仮称)根室市栽培漁業センター」の開設
    根室港整備による交易基盤整備促進
    自由往来、自由交易の特別制度の創設検討
  • 強い「水産都市・根室」の再興
    強い「水産都市・根室」の再興のため、四年間にわたり「浜の再生」を集中展開
    沿岸漁業の振興のためのホタテ漁業等の生産拡大とホタテ稚貝等生産技術の研究促進
    ロシア200海里内におけるサケマス漁法の早期確立の要請
    サバ類・マイワシ試験操業の支援継続の要請
    根室産水産物の付加価値工場と地場産品の国内外における「ブランド化プロジェクト」の推進
Sponsored Links

保坂 いづみ(ほさか いづみ)

  • 名前:保坂 いづみ(ホサカ イヅミ)
  • 現年齢:49歳
  • 性別:
  • 党派:無所属
  • 肩書き:弁護士(元根室市議会議員)
  • 学歴:神戸大学教育学部卒業
  • 職歴:岡山パブリック法律事務所勤務、根室法律事務所(自営)

対する保坂いづみ氏は、1969年8月9日に神戸市で生まれます。

男性として生を受けたものの、幼少期から自らの性別に違和感を感じ、苦悩してきた保坂氏。

 

神戸大学教育学部を卒業後、しばらくフリーターで勤務。

30~40もの仕事を経験したそうです。

 

30歳過ぎて通信教育で勉強し、司法試験を受験します。

それまで周囲に性同一性障害であることを明かさず過ごしてきた保坂氏。

 

女性として生きていきたいという思いから、6度目の挑戦となる2010年の司法試験の口述試験の際に、意を決して女性の服装で臨み、見事合格をつかみ取ります。

 

以後、トランスジェンダーの弁護士として活動。

 

2013年から岡山パブリック法律事務所の津山支所に勤務し、裁判での弁護や成年後見人などの経験を重ねます。

 

その後、2016年2月に弁護士過疎地である根室に法律事務所を構えます。

 

そして保坂氏は、同年9月に市の印鑑登録証明書の性別欄の削除を求める請願を議会に提出。

 

全会一致で採択されるも、傍聴などを通じて市長提案をそのまま受け入れる市議会の姿勢に疑問を感じ、2017年9月に行われた根室市議選に出馬します。

 

候補者中5位の836票を得て、初当選。

国内で3人目のトランスジェンダーの地方議員として注目を集めます。

 

そんな保坂氏は、今回の市長選への出馬を決意。

出馬表明の記者会見の中で、その意気込みを次のように述べています。

「市民の声を直接聞き、少数者に配慮した政治をしたい」

 

おもろくん
スローガンは、「市役所のためではなく、市民のための政治を」。

 

神戸出身の保坂氏は、阪神淡路大震災を経験した当事者として、「災害に強いまちづくり」を最重要政策に掲げています。

Sponsored Links

2018年9月9日の注目選挙

当サイトでは根室市長選挙以外にも同日執行される他県の注目選挙もまとめています。

特に2018年9月は沖縄県の統一地方選挙の月でもあります。

それでは、引き続き根室市長選挙2018の最新情報、情勢を追っていきます。

Sponsored Links