OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

可夜/猫切子ガラス(画像)が欲しい!行列のできる法律相談所で話題

   

3月5日放送の「行列のできる法律相談所」にて可夜さんという方が手掛ける猫切子が紹介されるようですね。

切子というのは「江戸切子」として江戸時代から日本に伝わるガラスの伝統工芸のひとつです。

キラキラした見た目とどこか日本らしい奥ゆかしさが感じ取れるガラス工芸品。

放送直後は爆発的に売れてしまいそうです^^

今回はそんな行列で紹介される可夜さんの猫切子について調べてみました♪

Sponsored Links

江戸切子とは

まずは江戸切子についておさらしておきましょう。

wikipedia情報によると、

  • 江戸切子(えどきりこ)とは江戸末期に江戸(現在の東京)で始まったカットグラス工法のガラス工芸・ガラス細工である

と掲載されていて日本の伝統工芸として認定されているガラス工芸品・地域ブランドの一つです。

最近の私たちの生活で身近なガラス製品といえば「クリスタル製品」ですが、このクリスタルとはまた違った魅力があります。

行列で紹介される可夜さんの切子がどのように作られているかについて以下YOUTUBE動画が公開されていましたのでご紹介いたします。

高熱の中で作り出される切子はまさに職人芸ともいえますね^^

可夜さんの江戸切子/猫切子が美しすぎる

行列のできる法律相談所で紹介される可夜(かや?かよ?)さんという方の「猫切子」が綺麗で美しすぎます。

猫をモチーフとした江戸切子ということで「猫切子」と名付けられています。

猫好きの方は気になるところではないでしょうか^^

江戸切子と猫の組み合わせについて可夜さんは下記のようにコメントしていました。

伝統工芸の江戸切子を知ってもらうには、ハードルを下げることも重要です。

猫グラスという、ワンクッションを挟むことで江戸切子に興味を持っていただける方が増えました。

これが猫と切子を融合しようと思った理由の一つでもあります。

猫好きの層を、ガラス好きに、切子好きに引っ張り込みたかったのです。

出典:http://irorio.jp/kaseisana/20160807/341044/

もともとは不動産の営業マンとして勤められていたという可夜さん。

マーケティング能力も流石ですね。

ちなみにこの可夜さんという方の素性に関してはさほど明かされてはいません。

公式Twitter情報では「黒猫飼い 20代ガラス作家。」と公開されていました。

行列以外にも過去に『所さんのニッポンの出番!』などでも紹介されています。

更におみやげグランプリ2017において『クールジャパン賞』を受賞するなど輝かしい経歴も持たれています。

Sponsored Links

可夜さんの猫切子の値段や購入方法を調査

可夜さんが手掛ける切子作品の購入は下記ハンドメイド通販サイト「ミンネ」や「クリーマ」で受け付けているようですね。

値段は4,000円くらいから35,000円くらいまで作品によって幅はあります。

今回行列のできる法律相談所で紹介される猫切子は新デザインのものが紹介されるようです。

更にこの猫切子は放送日3月5日のよる9時より受注受付を開始するとのこと。

納期は入金確認日から発送まで45日程度とされています。

この番組で発表されるという未公開の新デザイン猫切子。

大切な人へのプレゼントに是非ご検討されてみてはいかがでしょうか^^

更に2017年10月には可夜さんの初個展が渋谷にて開催されるようです。

こちらも合わせて要チェックですね♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は可夜さんという方が手掛ける猫切子について簡単にご紹介致しました。

当記事の内容をまとめると以下のような感じになるかと。

  • 3月5日放送の行列のできる法律相談所にて可夜さんの猫切子が紹介される
  • 可夜さんの作品はミンネやクリーマなどで受け付けていて行列で紹介される猫切子は同日9時より受注開始となる
  • 可夜さんは過去におみやげグランプリ2017において『クールジャパン賞』を受賞している

これからは母の日や父の日など何かとイベントごとが多い日が続きます。

今年のプレゼントに何を贈ろうか考えている方は是非ともチェックしてみてはいかがでしょうか^^

そして新デザインの猫切子とはどんなものなのか。

放送開始が待ち遠しいですね^^

Sponsored Links