OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

水俣市長選挙2018の結果速報と開票|立候補者の予想情勢は高岡は当選確実ならずか

      2018/02/05

ここでは2月4日執行の熊本県水俣市長選挙2018の開票速報及び開票結果についてまとめています。

高萩市の人口は大よそ24,000人で、今回の市長選における有権者数は1月27日時点で21,506人(男9,832人、女11,674人)です。

今回の水俣市長選に立候補しているのは元市議で新人の高岡利治氏(59)と2期再選を目指す現職市長の西田弘志氏(59)の2名です。

現職市長VS無所属新人の一騎打ち選挙となる今回の水俣市長選ですが、果たして当選確実となったのはどちらの候補者だったのでしょうか。

最新の情勢予想や出口調査・当確情報も交えてお届けします。

Sponsored Links

水俣市長選挙2018|開票速報・開票結果・NHKの最新出口調査・当確情報・投票率など

水俣市長選挙2018の開票結果については開票速報が発表され次第、随時以下の図に追記していきます。

その他、NHKや各種報道機関にて発表されるであろう最新の出口調査や当確情報も情報が入り次第随時更新していきますのでどうぞお楽しみになさってくださいね。

投票率 65.52%
結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
7328 高岡 利治 59 無所属 元市議
  6547 西田 弘志 59 無所属 市長

 

また、前回(2014年)の水俣市長選挙の開票結果は以下の通りでした。

参考情報としてご確認ください。

投票率 68.76%
得票数 写真 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
7811 西田 弘志 55 無所属 不動産業、元市議
  7204 江口 隆一 48 無所属 会社役員、元市長

現職の西田氏は約600票差での市長当選というなかなかの接戦だったことがわかります。

果たして今回は圧勝となるのか、それとも接戦となるのか、注目です。

水俣市長選挙2018|争点や町の人の声や情勢予想は

ここでは水俣市長選挙2018における主な争点や情勢、予想、町の人の声などについて取り上げます。

水俣市長選挙2018の主な争点は何か

熊本放送によると今回の主な争点は、2019年春に開通予定の西回り自動車道路の水俣インターチェンジを活用した地域活性化や環境都市づくり及び、水俣病問題への対応などが争点とのことです。

水俣市長選挙2018の情勢や予想

次の水俣市長選挙2018の情勢や予想についてですが、まず新人の高岡氏については自民党水俣支部からの推薦を受けることができなかったようで、これがかなり票差に影響するものと言われています。

地方選挙では特に政党支援は重要な位置づけのため、国政与党である自民公明の支持、支援を受けられないのはかなり痛いはず。

既に水俣市部は自主投票に決めているようです。

前回の市長選では、西田氏が自民公明の推薦候補であった江口氏を下したため、再選となる可能性が高いものと思われます。

また、詳しい情勢情報が入り次第追記致します。

Sponsored Links

水俣市長選挙2018|立候補者(高岡・西田)の経歴・プロフィールや公約

ここからは水俣市長選挙2018に立候補している候補者の経歴やプロフィール、公約などを簡単にご紹介します。

高岡 利治(たかおか としはる)の経歴や公約

  • 名前:高岡 利治(タカオカ トシハル)
  • 年齢:59歳
  • 性別:男
  • 選挙区:水俣市
  • 党派:無所属
  • 肩書き:元水俣市議会議員
  • 学歴:熊本県立水俣高

<高岡氏の公約、政策主張>

  • 市政の流れを変えるべく JNC(チッソ)などの地元企業と一体となった水俣市を作りあげていく
  • 水俣病はチッソ側と患者側との接点をつくりあげていく
  • 水俣市の低迷する経済から早く脱却をさせる
Sponsored Links

西田 弘志(にしだ ひろし)の経歴や公約

  • 名前:西田 弘志(ニシダ ヒロシ)
  • 年齢:59歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:水俣市長
  • 学歴:水俣高校卒業
  • 職歴:水俣市議会議員

<西田氏の公約、政策主張>

  • 市民協同の政治をつくるのか、もしくは企業優先の政治をつくるのかに注目する
  • ベンチャー企業2社を誘致し、市民の目線に合わせた1期4年間の実績をアピール
  • 未だに解決しない水俣病問題は引き続き患者団体に積極的にアプローチする

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は水俣市長選挙2018に関する情報をお届けいたしました。

水俣市というと学校の授業で学んだことのある水俣病という言葉がすぐに思い浮かぶ方も多いと思います。

現代においてはそういった長らく続いている町のイメージを塗り替えようと「環境・健康・福祉を大切にする産業文化都市」をキャッチフレーズとした環境モデル都市づくりを進めています。

このような都市づくりを率先して市政に反映させることができる次期水俣市長は誰になるのか。

当サイトでは引き続き水俣市長選挙2018の最新情報、動向を追っていきます。

Sponsored Links