OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

枕崎市長選挙2018の結果速報と開票|候補者(前田/大工園)の予想情勢と当選者は?

      2018/01/22

ここでは2018年1月21日に執行される鹿児島県枕崎市長選挙2018の開票速報及び開票結果についてまとめています。

候補者の当選者落選者情報や選挙の投票率などについても速報にてお知らせいたしますので是非とも参考になさってくださいね。

枕崎市長選挙2018に立候補しているのはいずれも無所属で、元県職員の大工園周作氏(61)と元会社員の前田祝成氏(53)の2名です。

有権者数約18,591人が選ぶ次期枕崎市長はどちらになったのでしょうか。

双方の政策主張や争点なども交えながら見ていきましょう。

Sponsored Links

枕崎市長選挙2018|開票速報・開票結果・NHKの最新出口調査情報など

おもろくん
枕崎市長選挙2018の開票結果についてはNHKなどの報道機関による最新出口調査や開票速報の情報が入り次第随時更新していきます。

 

開票開始時間については公式発表はされていませんが、開票場所は枕崎小学校屋内運動場で行われます。

当選者落選者の得票数及び選挙の投票率についてもお知らせします。

※前回(2014年)の枕崎市長選挙の投票率は有権者数19,291人に対して67.51%でした。

【開票結果を追記しました】

投票率:63.39%

得票数 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
6637 前田 祝成 53 無所属 無職、元会社員
  4982 大工園 周作 61 無所属 無職、元県職員

枕崎市長選挙2018|争点や町の人の声や情勢予想は

次に今回の枕崎市長選の主な争点や情勢予想についてです。

おもろくん
枕崎市長選挙2018の主な争点は何か

今回の最大の争点は大きく以下の3つにわけられるかと思われます。

  • 新人候補者2名の評価や評判
  • 現職神園征市長不出馬に伴う市政の改革
  • 人口減少問題に対する市長の対応

人口減少問題は他県でも見られる課題の一つですが、1970年は30,000人だった人口が2015年には22,000人となってしまいました。

おもろくん
枕崎市長選挙2018の情勢予想

そんな枕崎市長選挙2018の情勢予想についてはどのようになっているのでしょうか。

Twitter上の声を調べてみましたが、悲しいことに枕崎市長選挙に関するツイートはほぼ皆無・・・。

掲示板などの情報は以下の通りですので、参考になさってください↓↓↓

 

A さん
候補者2人は、ホームページはないの。ツイッターもないのかね~
B さん
政治屋は理路整然と答えることが出来なきゃならん。常日頃から議会を傍聴するとか、枕崎の財政状況を把握もしてないで、いきなり市長選は無いよ。敗因は前田さんの勉強不足、チカラ不足、市長選挙をナメすぎ。
C さん
噂では今拮抗らしいな 今日の選挙将来の枕崎のためにいけよ
D さん
とりあえず今まで保守派で駄目だったから新しい風を吹かしてくれそうな前田さんに投票しました!

 

Sponsored Links

枕崎市長選挙2018|立候補者(前田・大工園)経歴・プロフィールや公約

おもろくん
ここからは枕崎市長選挙2018に立候補している候補者の経歴やプロフィール、公約について簡単にご紹介します。

前田 祝成(マエダ ノリシゲ)

  • 名前:前田 祝成
  • 年齢:53歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:無職
  • 出身:枕崎市寿町
  • 学歴:枕崎市立桜山中学校卒業、鹿児島県立枕崎高校普通科卒業、駒沢大学経済学部卒業
  • 職歴:薩摩酒造株式会社

一人目の候補者である前田祝成(のりしげ)氏ですが、薩摩酒造株式会社の社員として働いた経験を元に枕崎市の市政運営に活力を与えたいとコメントしています。

 

「企画や営業の経験で培った交渉力や提案力を活かし、魅力と活気のある街にしたい」

自身のPRホームページではこれまでの経歴が細かく記載されていますが、一言で言うとすればマーケティング能力に長けた人といえるかもしれません。

また、学生時代には野球部主将などの経験もあることからリーダーシップ能力もあると言えるでしょう。

 

そんな前田氏が今回の市長選挙にかける思い、政策主張は次の通りです。

  • 産業競争力の向上
  • 子育て支援
  • 新しい市民参加の三本柱による街づくり
  • 最優先させたいのは職員の適正な配置改革

 

年齢もお若いので新しい風を吹かせてくれそうな現代のニーズが読み取れる市長候補かもしれません。

大工園 周作(ダイクゾノ シュウヘイ)

  • 名前:大工園 周作
  • 年齢:61歳
  • 性別:男
  • 出身:枕崎市泉町
  • 学歴:枕崎小学校卒業、枕崎中学校卒業、枕崎高等学校卒業、放送大学卒業
  • 職歴:鹿児島県庁、県薬務課長補佐、大阪事務所次長、県南薩地域振興局農林水産総務課長
  • 党派:無所属
  • 肩書き:元県職

一方の大工園周作氏ですが、まずお名前が非常に珍しい方ですね。

政策理念は以下の通り。

  • 市民と共に新たな挑戦!市民・まち・自然が輝く新しい枕崎を創るために約束します!
  • 活力ある地場産業づくり
  • ワクワク魅力ある人づくり
  • 笑顔でいきいき安全・安心なまちづくり

 

年々減少傾向にある枕崎市の人口問題を取り上げ向こう10年、20年を危惧している大工園氏。

上記政策理念を掲げ、ふるさと納税や企業版ふるさと納税を充実させることに意欲を示しています。

県庁に務めていた40年間の経験や人脈を活かして市長の即戦力として貢献することもアピール。

前田候補者とは少し対象的なTHE政治家というイメージがあるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は枕崎市長選挙2018についてフォーカス致しました。

地方選挙においてはどの地域でも人口減少に悩まされているのが実体かもしれませんが、果たしてその局面を打破することができる候補者はどちらになるのでしょうか。

当サイトでは引き続き枕崎市長選挙2018の最新情報を追っていきます。

Sponsored Links