OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

呉市長選挙2017の結果速報と開票数|出口調査と立候補者の情勢予想も

      2017/11/14

ここでは11月12日に投開票日を迎える広島県呉市長選挙2017の開票速報及び開票結果についてまとめています。

戦後最多となる4名の候補者で争われる2017年呉市長選挙ですが、NHKや各種報道メディアなどによる最新の出口調査や世間の情勢、そして予想についてもまとめていますので是非参考になさってくださいね。

人口約22万人を誇る呉市では政界や文化人、芸能人など多くの有名人出身者がいますが、今回の呉市長選挙では新人の宮宇地一彦氏(74)、4選を目指す現職市長の小村和年氏(70)、新人の三谷光男氏(58)、新人の新原芳明氏(67)の4名で争われます

果たしてこの激戦となる選挙戦を制し見事当選者となったのは一体どの候補者だったのでしょうか。

Sponsored Links

呉市長選挙2017|開票速報・開票結果・投票率・NHKの最新出口調査も

呉市長選挙2017の開票速報及び開票結果については投開票日である11月12日に発表され次第速報にて当サイトでお知らせします。

またNHKや各種報道機関による最新の出口調査や選挙自体の投票率に関しても追記していきます。

尚、投開票が開始となる時間は21時からで、場所は呉市総合体育館(オークアリーナ,広大新開1丁目)で行われます。

投開票の結果が待ち遠しいですね!

【開票速報及び開票結果を追記しました】

22時を過ぎても開票速報及び開票結果が発表されていませんが、有権者数は193,116人で投票率は52.41%であることが判明しています。

引き続き開票速報及び開票結果について判明次第こちらに追記致します!

開票結果が確定しました。以下のとおりです↓

11月12日 23:49 更新[開票終了]
  小村 和年 29,863 得票率29.8%
  三谷 光男 29,146 得票率29.1%
当選 新原 芳明 38,181 得票率38.2%
  宮宇地 一彦 2,876 得票率2.9%

呉市長選挙2017|争点や町の人の声や情勢予想や優勢状況は?

続いては呉市長選挙2017の候補者間の争点や、社会情勢、結果予想、町の人の声や反応について見ていきます。

まず今回の呉市長選挙における主な争点はJR呉駅前の再開発、安芸灘大橋の無料化、環境振興政策などが挙げられています。

あとはもちろん現職市長の小村和年氏の市政評価や是非でしょう。

そして今回の呉市長は戦後最多となる4氏で争われる選挙戦です。

町の人はどのような反応を示しているのでしょうか。

11月12日の同日には広島県知事選挙2017も行われるため、選挙に対する関心度合いはそれなりに上がっているようですね。

また少々現職市長である小村和年氏の評判が下降気味?という印象が見られるツイッターが垣間見れますね。

そして今のところどの候補者が優勢であるか、といった情報は特にないようなので、もしかすると現職が退くといった可能性もありますね。

Sponsored Links

呉市長選|立候補者(宮宇地/小村/三谷/新原)プロフィールや公約(マニフェスト)

以下に今回の呉市長選挙2017に立候補している候補者プロフィールや簡単な経歴と政策主張・マニフェストをご紹介します。

誰に投票すればいいかわからないという方は参考になさってくださいね。

宮宇地一彦の経歴・プロフィール・公約など

  • 名前:宮宇地一彦(みやうちかずひこ)
  • 年齢:74歳(2017年11月時点)
  • 出身地:広島県
  • 学歴(出身校)及び取得資格:法政大学工学部建築学科卒業、早稲田大学文学部美術専修卒業、アメリカ・ワシントン大学都市建築学部建築学科大学院MA取得
  • 党派・会派:無所属
  • 新旧:新
  • 主な肩書:無職

候補者最年長となる宮宇地氏は「民間出身の市長」となることを目指されています。

観光や産業、女性が活躍する職場で呉を活性化させたいと意気込みを持たれています。

元文化女子大学の教授という職歴や工学博士・一級建築士というかなり難易度の高い資格を取得していることから相当な識者ということは間違いなさそうですね。

その上で今回の呉市長選挙で掲げる公約は以下のようなものです。

  • 呉市の空き家を利用しシェアハウスやグループホームの創出を実現
  • 行政・ボランティアで生活を助け合い子どもの面倒を見る社会の実現

小村和年の経歴・プロフィール・公約など

  • 名前:小村和年(こむらかずとし)
  • 年齢:70歳(2017年11月時点)
  • 出身地:広島県呉市
  • 学歴(出身校):中央大学商学部卒業
  • 職歴:広島国税局、呉税務署、運輸省、国土交通省
  • 党派・会派:無所属
  • 新旧:現職
  • 主な肩書:呉市長

現職市長である小村和年氏は今回で4回目の当選を目指しています。

どうしても多選となると、独裁とか言われたりもしますが小村氏は「4期目に本格的なまちづくりの仕上げを。」という意気込みを表しています。

更に以下のようなコメントも。

「軌道に乗ってきたまちづくりを4期目で仕上げたい」

これまでの実績や功績がどれほど市民に対して感じてもらえているかが4選目当選となるかが鍵となるでしょう。

そんな小村氏が掲げる公約は次の通り。

  • JR呉駅前の再整備の数か月内の進展
  • 阿賀地区埋め立て地・阿賀マリノポリスへの企業誘致
  • 安芸灘大橋の無料化の数年内の実現、財政の立て直し
Sponsored Links

三谷光男の経歴・プロフィール・公約など

  • 名前:三谷光男(みたにみつお)
  • 年齢:58歳(2017年11月時点)
  • 出身地:広島県呉市
  • 学歴(出身校):大阪大学経済学部卒業、松下政経塾出身。
  • 職歴:衆議院議員公設第一秘書、政策担当秘書、大蔵大臣秘書官、衆議院議員(2期務める)
  • 党派・会派:無所属
  • 新旧:新
  • 主な肩書:呉の未来を創る会代表

元衆議院議員という経歴を持つ三谷氏ですが、職歴を見るととても優秀な経歴をもっていることがわかりますね。

新人とは言え、元は国会議員だったということもあり、きっと選挙戦には慣れっこでしょう。

三谷氏自身で呉の未来を創る会の代表を務めているということもあり馴染みのある候補者からの票は獲得できるかなともいえますね。

そんな三谷氏の主張や政策・公約は以下の通り。

  • まちづくりのための中小企業の技術向上
  • 販路拡大の支援
  • ものづくり大学創設
  • 子育て政策として保育料の補助拡充
  • 中学3年生までの医療費の無料化
  • 交流人口拡大策として「道の駅」設置

また今回の呉市長選で大きく唱えているのは「ハードに掛けるお金を市民の生活向上に使うべき」ということです。

新原芳明の経歴・プロフィール・公約など

  • 名前:新原芳明(しんはらよしあけ)
  • 年齢:67歳(2017年11月時点)
  • 出身地:広島県呉市
  • 学歴(出身校):東京大学法学部卒業
  • 職歴:大蔵省→広島国税局直税部長、在フランス日本国大使館参事官、富山県副知事、造幣局理事長を歴任。国民生活審議会専門委員、通商産業省情報化対策委員会委員、法制審議会幹事。
  • 党派・会派:無所属
  • 新旧:新
  • 主な肩書:新原よしあけ後援会代表

他の候補者と同様とにかく職務経歴が凄い新原氏。

「暮らしやすく生き生きとした呉市を実現したい。」をモットーにしている新原氏ですが、多くの地元企業から呉市長選挙に出馬してほしいとの後押しがあったようです。

新原氏自身が後援会代表を務めている一方で応援してくれる人が最初から居たというのは選挙戦では有利に働くかもしれませんね。

新原氏が呉市長選2017に掲げる政策・公約は以下のとおりです。

  • 自然と調和したまちづくり
  • 女性と若者の挑戦を後押しする環境づくり
  • 世界に自慢できる交流都市への発展
  • クリーンで公平な政治
  • 市民が市長の退職金の金額の妥当性を評価する「市長退職金市民評価」の取り入れ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

11月12日は広島県知事選挙も実施されるため呉市の方は「誰がどの選挙戦の候補者で公約や政策はどんな感じなんだ」と少々混乱してしまうかもしれませんね。

激戦と言われる今回の呉市長選挙の選挙人名簿登録者数は195,155人です。

自民党推薦支持を受ける小村現市長は4選目当選となるのか、注目ですね。

当選者と落選者の結果を目の当たりするとやはり政治の世界は一寸先は闇と言われるだけはあります。

当サイトでは引き続き呉市長選挙2017の最新の情勢や状況・動向について追っていきます。

【関連】広島県知事選挙2017の開票速報及び開票結果についてはこちらへ

Sponsored Links