OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

喜多方市長選挙2018の結果速報と開票|立候補者の予想情勢(菅野VS遠藤)

   

ここでは1月28日に執行される福島県喜多方市長選挙2018の開票速報及び開票結果についてまとめています。

任期満了につき行われる今回の喜多方市長選挙ですが、立候補しているのはいずれも無所属新人で元市職員の菅野康裕氏(62)と元県議の遠藤忠一氏(70)の2名です。

現市長である山口信也市長(76)は公約への一定の成果を自負していることから今期で退任。

果たして新しい喜多方市長となった当選者は誰になったのでしょうか。

候補者の経歴やプロフィール、公約や争点などについて見ながらお届けします。

Sponsored Links

喜多方市長選挙2018|開票速報・開票結果・NHKの最新出口調査・当確情報など

喜多方市長選挙2018の開票結果については開票速報が発表され次第随時以下の図を追記していきます。

また、NHKなどによる最新の出口調査情報も入り次第情報を追記していきます。

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
  10,096  菅野 康裕 62 無所属 無職、元市職員
当選  12,611  遠藤 忠一 70 無所属 農業、元県議

投票率:56.21%

 

以下は2014年1月26日に執行された開票結果となります。ご参考までにどうぞ。

投票率は有権者数41,766人に対して52.93%でした。

また、今回勇退する現市長の山口氏は落選した浅見氏にダブルスコアの差をつけて当選していることがわかります。

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
14842 山口 信也 73 無所属 喜多方市長
  6886 浅見 彰宏 44 無所属 農業

喜多方市長選挙2018|争点や町の人の声や情勢予想は

ここでは喜多方市長選挙2018における主な争点や町の人の声、情勢予想について見ていきたいと思います。

喜多方市長選挙2018の主な争点は何か

毎日新聞の事前の報道では過疎化が進む市の少子高齢化対策や産業振興などが争点に挙げられています。

1970年には64,177人だった人口が2015年には49,377人までと落ち込みを見せているのでたしかに人口減少は深刻化していると思われます。

1月28日には沖縄県の八重瀬町で町長選挙が執行されますが、ここは逆に人口増加に対する課題が争点として挙げられています。

こうしてみると各地域で抱えている課題や争点は違うことが改めてわかります。

喜多方市長選挙2018の情勢や予想

以下は主にインターネット上からの喜多方市長選挙2018に対する市民の方の声を取り上げてみました。

参考レベルにご確認ください。

 

Aさん
市長は2期くらいでちょうど良い。3期以上やれば独裁色出てくるから。
Bさん
さて、どちらが勝つかな?
Cさん
人口減少政策焦点は喜多方もなのか
Dさん
喜多方市長選の期日前投票に行ってきました。職員の方、この悪天候の中ご苦労様です。

 

Sponsored Links

喜多方市長選挙2018|立候補者(菅野・遠藤)経歴・プロフィールや公約

ここでは喜多方市長選挙2018に出馬している立候補者の経歴やプロフィール、そして公約について簡単に見ていきたいと思います。

菅野康裕(かんの やすひろ)の経歴

  • 名前:菅野 康裕(カンノ ヤスヒロ)
  • 年齢:62歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:元市職員
  • 学歴:福島県立喜多方工業高等学校土木科卒業(現喜多方桐桜高)
  • 職歴:元市職員、喜多方市ふるさと振興(株)専務取締役

菅野氏は1974年から市の職員として従事。

総合政策部長や建設部長などを歴任し、退職後は市のふるさと振興の専務を務めています。

菅野氏は今回の喜多方市長選挙に当初無投票となる可能性があった遠藤氏の対抗馬として出馬。

選挙、特に市長などの首長は民衆の審判によって決められなければならないとコメント。

菅野氏が掲げている公約は以下の通り。

  • 先端技術の開発支援による働く場の確保
  • 保育園に入れない待機児童の解消

遠藤忠一(えんどうちゅういち)の経歴

  • 名前:遠藤 忠一(エンドウ チュウイチ)
  • 年齢:70歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:農業 元県議
  • 学歴:
  • 職歴:農業

遠藤氏は喜多方市出身で市議を1期務めています。

その後、1995年に県議会議員選挙に初当選し、24年間6期に渡り県議会議長、自民党県連幹事長などを歴任。

政治家としてのキャリアは実に30年にも及ぶということになります。

遠藤氏の喜多方市長選挙2018に対する公約は「子育て支援や観光振興」とし、争点となっている少子高齢化や過疎化に取り組む意欲を見せられています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は喜多方市長選挙2018における候補者情報や開票結果情報についてお届けいたしました。

喜多方市と言えば喜多方ラーメンが真っ先に思いつく方も多いでしょうが、そういった市の名物を今後も守っていくのは市長の大事な責務でしょうね。

当サイトでは引き続き喜多方市長選挙2018の最新情報を追っていきます。

Sponsored Links