OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

女子高生流行語大賞2017(めざましテレビ)ンゴの意味や使い方と歴代も

   

2017年も残すところあと1ヶ月となったわけですが、毎年この時期になるとその年に最も活躍した人が表彰されたりと、何かとお祝い事が続きます。

流行語大賞2017もその年に最も使われてインパクトのあった言葉が採用されたりするものですが、「女子高生流行語大賞」なるものがあるのはご存知でしょうか^^

これはフジテレビのめざましテレビが独自で調査しているものを番組で発表しているのですが、2017年はどんな言葉が女子高生の間で最も流行したのかを知るいい機会です♪

ジェネレーションギャップを感じているそこのあなた!w

是非女子高生流行語大賞2017を見て聞いて、そして感じましょう^^

Sponsored Links

女子高生流行語大賞2017年のトップ10|めざましテレビで発表!意味や使い方は?

12月1日放送のめざましテレビにて発表され次第こちらは追記致します♪

【追記】

2017年の女子高生流行語大賞は以下の通りでした^^

10位:オーマイゴッドファーザー

ピンチの時に使用。今注目の若手芸人、「フースーヤ」の一発ギャグより由来。

9位:○○に使っていいよ

SNSに投稿されたカップルのデート中のような写真から由来。橋本環奈さんの「デートなうに使っていいよ」が大きな話題となりました。

8位:○○ンゴ

「うまいンゴ」「行くンゴ」など、語尾につけると響きがかわいくなる元は2ch用語。

7位:語彙力

言葉が見つからないときに使用する言葉。

自分に「語彙力」がないことをあえてアピールするときに使うんだそう。

6位:泣いた

言葉の通り、泣いたということも意味しますが、感情を表に出す時に使われるようです。

「楽しすぎて泣いた」、「かわいすぎて泣いた」など。

5位:○○な説

「説」を用いることで客観性を持たせるんだそう。

「食べすぎて太っちゃった説」「クリスマス1人、彼氏もいず1人でいる説濃厚」など。

4位:リムる

英語の「remove」から来ていて、SNSが流行る現代において、SNSでフォローしている人を解除することを指す。

3位:チキる

弱気な人の様子を表すようで、チキンから由来している。

励ましたり盛り上げるときに使用します。

2位:LJK

LAST JOSHIKOSEI の略(ラスト女子高生)。

いわゆる高校3年生を指す。

ちなみに高校一年生はFIRST JOSHIKOSEI(FJK)、高校二年生はSECOND JOSHIKOSEI(SJK)。

1位:インスタ映え

インスタグラムで映える、見栄えが良い写真のこと。

こちらは2017年のユーキャン新語・流行語大賞でもノミネートしました。

女子高生流行語大賞・去年(2016年)や歴代ワードは何だった?

Sponsored Links

ここで去年(2016年)の女子高生流行語大賞トップ10がどのような感じだったのかを振り返ってみましょう↓

  • 第1位: 卍(まんじ)
  • 第2位: よき
  • 第3位: ○○まる
  • 第4位: アモーレ
  • 第5位: はげる
  • 第6位: マ!?
  • 第7位: BFF
  • 第8位: ゲロ○○
  • 第9位: スノる
  • 第10位: ○○み

もはや言葉ではないような気もしますが、上記言葉にはそれぞれちゃんとした意味があるんだそうです。

まず第1位の「卍(まんじ)」ですが、これは主に写真を撮る時のポーズと掛け声としての使い方があるそうで、他人を褒める時やテンションが上った時に使うということもあるようです。

2位の「よき」はそのままで「良い」という意味を表しどこか古風な言葉で褒め称えるといった使い方として使われているようです。

3位の「○○まる」は語尾にまるを付けることで相手に優しい印象を与える効果があるんだとか。・・・あるか?(笑)

4位の「アモーレ」は恋人を指すのではなく、大親友を指す意味で使われるそうです。

5位の「はげる」は髪がはげ落ちるほど嬉しいとい意味で使うそうです。

既に禿げている人にとってはどうでもいいことですね(笑)

6位の「マ!?」はマジ!?の略語で、よくあるのが「ちょ!マ!?」とかですかね?^^

7位の「BEF」はBEST FRIEND FOREVERの頭文字から来ているとのこと。

思わずBEEFと読んでしまったあなたはきっとマックが食べたいのでしょう。

8位の「ゲロ○○」はめちゃくちゃ凄いという意味を持つようです。

言葉的には矛盾しているかもしれないですが、ゲロ美味い!とか使うんでしょうか?

9位の「スノる」は2017年大流行したカメラアプリのSNOWを使用することを略した言葉にしているようです。

昔から「○○る」というのはあるので今後も新しいアプリが登場次第出てきそうですね^^

10位の「○○み」は3位の「○○まる」と同じニュアンスで語尾に付けることで優しさを表現する言葉だそう。

「やばみ」や「きもみ」などと「み」を語尾に付け加えることでなめらかな表現になりますね^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?

いつの時代も言葉は移り行くものですが、年々進化を遂げているような女子高生流行語大賞。

しかし総じて日本語を大事にしている感はなんとなく現れているような気もしますね。

2017年は語尾に「ンゴ」を付ける言葉が女子高生の間で大流行したのも記憶に新しいですが、果たしてその結果はどうなったのでしょうか^^

「インスタ映え」はなんかちょっと毛色が違う気がします^^;

詳しい情報が入り次第また追記したいと思います♪

Sponsored Links