OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

箱根駅伝2018青山学院大学のメンバー・エントリー選手|区間賞や記録も

      2018/01/03

ここでは2018年1月2日、3日に行われる第94回箱根駅伝に出場する強豪、青山学院大学のメンバー・エントリー選手についてまとめています。

走行後の区間賞や各選手の記録については結果が判明次第、随時追記していきますので是非参考になさってくださいね。

Sponsored Links

第94回箱根駅伝2018|青山学院大学のメンバー&エントリー選手

大学駅伝の最高峰となる箱根駅伝ですが、ここ最近は特に青山学院大学の活躍が目覚ましいですよね。

青山学院大学駅伝部の監督を務める原晋監督は多くのテレビや雑誌に出演していることからご存知の方も多いと思います。

そんな青山学院大学の駅伝部チームがどんなチームなのか簡単に調べてみました。

青山学院大学駅伝部チームはどんなチーム?

青山学院大学駅伝部チームは正式名は「青山学院大学陸上競技部」という名前です。

青山学院大学体育連合会並びに関東学生陸上競技連盟に所属しているということですが、漢字が長すぎて・・・読むのに疲れますw

 

創部したのは1918年と2018年で丁度創部100周年目を迎えます。(これは何としても優勝したいところですね)

 

箱根駅伝に出場したのは1943年からで、その22年後の1965年第41回箱根駅伝に出場して以来、12年連続出場とシード権獲得を2回達成。

 

その後1976年の第52回箱根駅伝以来長らく大会に遠ざかっていたところ2004年に原晋監督が就任。

このとき原晋監督は中国電力の営業マンということで箱根駅伝や駅伝関係とは全くの無関係だったようです。

 

2009年の第85回箱根駅伝で33年ぶりに出場し、翌年は8位入賞でシード権を獲得。

さらにここから青山学院大学の快進撃が始まります。

 

  • 2012年:第24回出雲駅伝で初タイトル
  • 2015年:第91回箱根駅伝で出場20回目で初の総合優勝
  • 2016年:第92回箱根駅伝で優勝し、39年ぶりに全区間を首位で通過する完全優勝
  • 2017年:第93回箱根駅伝で戦後初となる3大会連続完全優勝を達成し、出雲駅伝・全日本大学駅伝を含む大学駅伝でも3冠達成

 

 

まさに怒涛の勢いで無敵の大学駅伝チームと化した青山学院大学。

 

上述した通り最近では各種メディアへの露出も多くなり大学駅伝、箱根駅伝と言えば青山学院大学とすぐにイメージされる人も多くなってきているのは事実です。

 

そして原晋監督が名付ける「●●作戦」という言葉も毎回話題になりますが、2018年の箱根駅伝に向けては「ハーモニー作戦」と名付けています。

 

作戦名「ハーモニー作戦」の由来は2017年10月開催の出雲駅伝にて2位、11月の全日本大学駅伝で3位という結果に終わってしまったことをうけ、選手一人ひとりの能力を一つの調和力として発揮させることを目的とする、というところから来ているそうです。

 

「出雲と全日本は(区ごとに良かったり悪かったりする)デコボコ駅伝だったが、最後は最低限まとめた」と原監督は話し、「音楽で例えるなら、(演奏する)一人一人の力はあるし、しっかり(それぞれの楽器の)電源は入っている。しかしなかなか調和がとれていない。学生個々の力はついてきたけども、最後に何か抜けているものがある。そこはやはり監督の熱さや調和だなあと。しっかりと指揮を執らなきゃいけないなあというふうに思っている」。

 

原晋監督らしい少々軽いノリが効いたネーミングといったところでしょうか。

原晋監督はチームミーティングの時に「あの鐘を鳴らすのは、おまえたちだ、あなただ」と選手を激励したようです。

 

・・・どうしてもこれは和田アキ子さんのあれしかイメージが沸かないのですが・・・

 

以上、青山学院大学駅伝部についてでした(強引)。

 

Sponsored Links

青山学院大学の箱根駅伝2018でのエントリーメンバーと結果・成績記録

箱根駅伝2018における青山学院大学のエントリーメンバー選手一覧は以下の通りです。

50音順に記載致しますが、区間エントリー情報が発表され次第こちらは並び替えを行いたいと思います。

  • 1区/鈴木塁人(スズキタカト) 2年→区間5位(1:02:40)
  • 2区/森田歩希(モリタホマレ) 3年→区間2位(1:07:15)
  • 3区/田村和希(タムラカズキ) 4年→区間2位(1:02:41)
  • 4区/橋詰大慧→梶谷瑠哉(カジタニリュウヤ) 3年→区間2位(1:03:39)
  • 5区/竹石尚人(タケイシナオト) 2年→区間2位(1:12:49)
  • 6区/小野田勇次(オノダユウジ) 3年→区間
  • 7区/神林勇太→林奎介(ハヤシケイスケ) 3年→区間
  • 8区/山田滉介→下田裕太(シモダユウタ) 4年→区間
  • 9区/近藤修一郎(コンドウシュウイチロウ) 4年→区間
  • 10区/吉永竜聖→橋間貴弥(ハシマタカヤ) 3年→区間

(補欠)

  • 中根滉稀(ナカネコウキ) 2年
  • 吉田裕也(シダユウヤ) 2年

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は箱根駅伝2018に出場する青山学院大学のエントリー選手、メンバー情報などについてお届けしました。

記事内でも触れたように2018年は少々苦しい戦いが強いられる可能性も無きにしもあらずです。

4大会連続優勝となることができるのか。

それともダークホースとなりうる他大学が青山学院大学の4冠を封じるのか、これはとても面白い結果になりそうです^^

各エントリー選手の区間賞や記録情報については結果が発表され次第追記していきます♪

Sponsored Links