OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

トランプの横田基地来日時間や宿泊先ホテル|交通規制警備とゴルフ場の場所も

      2017/11/05

いよいよアメリカ合衆国のドンことドナルド・トランプ大統領が来日(訪日)します。

トランプ大統領と安倍総理は仲の良さそうな姿が度々メディアで報じられてきたわけですが、トランプ大統領と言えば少々手荒な発言や仕草も話題となります。

しかしやはり世界のアメリカの代表が日本に来日するわけなので、当然訪問先スケジュールや宿泊先ホテルなんかが気になりますよね。

ここではそんなトランプ大統領来日の情報や各種交通規制・警備に関する情報をお届けします。

Sponsored Links

トランプ大統領の訪日・来日予定の日程とスケジュール

まずはトランプ大統領の来日の日程スケジュールを押さえておきましょう。

トランプ大統領は2017年11月5日(日)から7日(火)までの3日間の日程で来日します

来日初日はちょうど日曜日なのでこれはひと目見たいと大衆が殺到するでしょうね。

そしてこの三日間のトランプ大統領の予定、スケジュールは概ね以下のような感じと言われています。

11月5日(日曜日)

横田基地着 → ゴルフ会談 → 夕食会

11月6日(月曜日)

日米首脳会談 → 天皇皇后両陛下面談 → 拉致被害者の会面談

【関連記事】トランプが天皇陛下と会見→海外の反応や動画は?大統領来日も緊張?

11月7日(火曜日)

横田基地発

特に二日目の拉致被害者家族との会談は日本中が釘付けになるかもしれません。

先日の国際連合の会合の際に北朝鮮を拉致加害者国として名指しして話題となりましたからね。

また来日初日のゴルフ会談も注目がされていて既に住所などは判明しているそうです。

「霞ヶ関カンツリー倶楽部」というゴルフ場で場所は以下の通りです。

ゴルフを通じて何やら外交をするのかと思いきやトランプ大統領のことなので純粋に楽しみそうです。

空港はどこ?到着するのは横田基地?日本時間の何時ごろ?

そんなトランプ大統領ですが、訪日経路はどのようになっているというかと、まずアメリカを経って日本の横田基地に到着するとされています。

以前オバマ大統領が来日した際は羽田空港に飛行機が着陸したのですが、今回はどういうわけか横田基地のようです。

横田基地は日米両国の空軍基地ですから、トランプ大統領はここに着陸し、横田基地で働くアメリカ軍兵と日本の自衛隊高官などと会談される見込みです。

ちなみに横田基地に到着する詳しい時間などは判明していませんが午前中ということだけは判明しています。

【追記】10時50分頃東京横田基地に到着致しました

トランプ大統領の宿泊先ホテルはどこ?

Sponsored Links

次にトランプ大統領が日本に滞在し宿泊するホテルはどこのホテルなのか調べてみました。

しかし考えてみれば宿泊先ホテルの名前や場所・住所等が判明してしまうとテロの脅威にさらされる可能性もありますよね。

インターネット上ではさまざまな憶測や予想がされていました。

一番有力とされているホテルは東京港区虎ノ門にあるホテルオークラではないかと言われています。

歴代の大統領もこのホテルに宿泊したという経緯もあることから噂が立っている状態です。

トランプ大統領来日の影響で交通規制や警備警戒レベルがヤバイ件

というわけでトランプ大統領来日ひとつでは大きな警備体制が引かれているようです。

NHKのニュースによると今回の米大統領訪日に当たり最大1万人以上を動員した厳戒態勢での警備になると言われています。

警視庁はすでにアメリカ大使館など主要な関連施設の警備を強化していて、トランプ大統領が日本に滞在中は大規模な車両の検問を行うほか、サイバー攻撃対策にも力を入れるとしています。

警視庁によりますと、最大1万人以上の警察官を動員し、ターミナル駅など人が多く集まる場所でのパトロールも重点的に行って厳戒態勢で警備にあたることにしています。

今まさに北朝鮮との緊張が高まっているわけですが、日本も国際社会と連携して圧力を掛けるべく動いています。

アメリカのドンが日本に来て親交を深めていくと思えば当然よく思わない連中が出てきて狙ってやろうと目論んでいる輩もいるのでしょう。

コインロッカーさえ使えない事態に・・・

そんな厳戒態勢となるトランプ大統領来日の影響を受けて、10月30日から11月9日までの11日間は米国大使館の最寄り駅にあるコインロッカーが全て閉鎖となり使用不可となるようです。

既に10月26日から順次閉鎖しているとのことですが、これに対し街の人にはさまざまな思いがあるようです。

これは確かに・・・。

まとめ

今回はドナルド・トランプ大統領訪日の日程やスケジュール、宿泊先ホテルなどについて見ていきました。

記事内でも触れましたが、今回の来日に一番期待を寄せてるのはやはり拉致被害者の方々でしょうね。

トランプ大統領の手腕がどこまでのものかはさておいたとしても、アメリカという巨大な力を持つ国のトップに被害を訴えることができるわけです。

テロや事件など起きないよう祈るとともに、日米間や北朝鮮問題などが早期に解決してくれるようになってほしいものです。

Sponsored Links