OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

足利フラワーパーク藤の開花状況2018。混雑予想や藤棚のライトアップ情報も

      2018/03/05

ここでは日本の藤の名所として最も有名と言っていいであろう足利フラワーパーク2018年の藤の開花状況や混雑予想、藤棚のライトアップ情報などについてまとめています。

今年、綾瀬はるかさんと坂口健太郎さん主演映画『今夜、ロマンス劇場で』のロケ地としても使われた足利フラワーパークに是非とも足を運んで見てくださいね^^

Sponsored Links

あしかがフラワーパーク「ふじのはな物語~大藤まつり~」。2018年の入園料やアクセス・開催概要

まずは県外からも多くの観覧客が訪れる「ふじのはな物語~大藤まつり~」の情報についてご紹介します。

 

あしかがフラワーパーク」は、栃木県足利市にある花のテーマパークです。

「あしかがフラワーパーク」は1年で8つのテーマを持っていて、94,000平方メートルの敷地内に四季の花々が咲き誇り、夏はレーザーショーやウォーターショー、冬はイルミネーションも合わせて楽しむことができます。

 

年間の来場者数は100万人という人気のテーマパークなんですよ♪

 

そんな「あしかがフラワーパーク」で一番人気となっているのが、4月中旬〜5月中旬に開催される「ふじのはな物語~大藤まつり~」です。

 

2014年に発表されたCNNの「2014年の世界の夢の旅行先10カ所」では、日本で唯一選出されたのが「あしかがフラワーパーク」でもあります。

ふじのはな物語~大藤まつり~の見どころ

「ふじのはな物語~大藤まつり~」は、あしかがフラワーパーク自慢の大藤棚や夜の幻想的な藤のライトアップが見られるイベントです。

一番の見どころは樹齢150年と言われる大藤で、広さ1000平方メートルの豪快な大藤棚は圧巻の美しさです。

80メートルに及ぶ白藤のトンネルや、きばな藤のトンネルはなかなか他では見ることができない光景です。

夜の藤棚のライトアップはとっても幻想的でカップルにおすすめです♪

ライトアップについては後の項目で詳しく触れたいと思います。

Sponsored Links

ふじのはな物語~大藤まつり2018~ 開催概要

「ふじのはな物語~大藤まつり~」の例年の開催期間は4月中旬〜5月下旬で、2018年は4月18日(水)~5月20日(日)の開催予定となっています。

 

CHECK

<開催期間>

4月18日(水)~5月20日(日)

<開催時間>

7:00~18:00

<入園料>

大人900円~1,800円 子供500円~900円

※入園料は花の開花状況により当日の朝7時に決定されます。

 

 

気になる人はあしかがフラワーパークのホームページをチェックしてくださいね。

あしかがフラワーパークへのアクセス

ここでは足利フラワーパークへのアクセス情報についてご紹介します。

 

CHECK

<住所>

栃木県足利市迫間町607

<電話番号>

0284-91-4939

<電車でのアクセス>

  • JR両毛線のあしかがフラワーパーク駅(2018年4月開業)から徒歩1分
  • JR両毛線の富田駅から徒歩約13分
  • 東武伊勢崎線の足利市駅からシャトルバスで約30分

<車でのアクセス>

  • 東北自動車道の佐野藤岡I.Cから国道50号前橋・足利方面へ約18分
  • 北関東自動車道の太田桐生I.Cから国道122号経由、国道50号足利・小山方面へ約20分
  • 北関東自動車道の足利I.Cから国道293号経由、県道67号佐野方面へ約15分
  • 北関東自動車道の佐野田沼I.Cから県道16号経由、県道67号足利方面へ約12分

 

【今年の開花情報・開花状況予想】あしかがフラワーパーク藤の見頃は?

あしかがフラワーパークには複数の種類の藤があります。

「ふじのはな物語~大藤まつり~」の開催は4月中旬〜5月中旬ですが、咲く藤の種類によって見頃が異なります。

初めに見頃を迎えるのは桜のような色をしたうす紅藤で、4月中旬〜4月下旬頃に見頃を迎えます。

 

その後見頃を迎えるのが、「ふじのはな物語~大藤まつり~」を象徴する大藤棚で4月下旬〜5月上旬が見頃です。

トンネルが見られる白藤は5月上旬頃、きばな藤は5月上旬〜5月中旬頃が見頃となっています。

 

CHECK
  • 4月中旬〜4月下旬の見頃 → うす紅藤
  • 4月下旬〜5月上旬の見頃 → 大藤棚
  • 5月上旬頃の見頃 → 白藤
  • 5月上旬〜5月中旬頃の見頃 → きばな藤

 

あしかがフラワーパークのホームページでは各花の開花状況が配信されていますので、最新情報はホームページをチェックしてみてください。

Sponsored Links

あしかがフラワーパークの混雑状況や混雑予想は?

あしかがフラワーパークで開催される「ふじのはな物語~大藤まつり~2018」の時期は、とても混雑しています!

 

朝の開園は7時となっていますが、6時30分頃には開園待ちのお客さんが並んでいます。

平日は休日に比べると比較的空いていますが、それでも駐車場に入るのに渋滞しているというのが毎年の光景のようです。

 

週末やゴールデンウィークなどの休日は、さらに混雑が激しくなることが予想されます。

あしかがフラワーパークの駐車場は通常時は普通車300台、大型バス40台ですが、「ふじのはな物語~大藤まつり~2018」の時期は無料臨時駐車場6,000台が完備されます。

 

それでも駐車場待ちの渋滞が発生するくらいなので、混雑は覚悟しておいてくださいね。

 

【藤棚のライトアップ】時間や期間はいつからいつまで?

「ふじのはな物語~大藤まつり~2018」では、夜に大藤棚のライトアップを見ることができます。

大藤棚は昼間も美しい姿を見せてくれますが、光に照らされた大藤棚はまた異なる雰囲気でロマンチックになるので、デートにおすすめです♪

ふじのはな物語~大藤まつり~2018 ライトアップの概要

CHECK

<ライトアップ期間>

4月21日(土)~5月13日(日)

<ライトアップ時間>

17:30~21:00

<夜の入園料>

大人600円~1,500円 子供300円~800円

※入園料は花の開花状況により当日の朝7時に決定されます。

 

気になる人はあしかがフラワーパークのホームページをチェックしてくださいね。

 

まとめ

あしかがフラワーパークの「ふじのはな物語~大藤まつり~2018」は、海外からも注目されている絶景が見られるイベントです。

「ふじのはな物語~大藤まつり~2018」開催期間中はとても混雑しますが、樹齢150年という圧巻の大藤棚や、夜にライトアップされた幻想的な大藤棚は必見。

白藤やきばな藤のトンネルも他ではなかなか見られない花の芸術作品です。

あしかがフラワーパークの「ふじのはな物語~大藤まつり~2018」に出かけて、CNNが認めた絶景をその目で確かめてみてください!

関連記事

 

Sponsored Links