OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

鶴田真子美(茨城県知事選挙)の評判と経歴|共産党や再婚・息子も調査

      2017/08/21

前回の記事では2017年8月27日に行われる茨城県知事選挙に無所属新人で立候補した大井川和彦(おおいがわかずひこ)氏について、ご紹介致しました。

今回ご紹介するのは同じく新人無所属で立候補している鶴田真子美(つるたまこみ)氏についてです。

NPO法人「動物愛護を考える県民ネットワーク」(CAPIN)の理事長を務める方で、過去には武蔵野音楽大学の非常勤講師も務めていたやり手の女性のようです。

一体どんな経歴の持ち主なのか、見ていきたいと思います。

Sponsored Links

茨城県知事選挙2017|鶴田真子美のwikiプロフィール

  • 名前:鶴田真子美(つるたまこみ)
  • 生年月日:1964年12月?日
  • 現年齢:52歳(2017年8月時点)
  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 現住所:茨城県つくば市
  • 党派:無所属

主な経歴や学歴・職歴・略歴など

鶴田真子美氏の出身中学や出身高校に関する情報は公開されていないようです。

自身の公式ホームページには「学歴・取得学位」として以下のように掲載されています。

  • 1990年 東京外国語大学外国語学部イタリア語学科卒業
  • 1992年 東京外国語大学大学院博士前期課程修了 文学修士
  • 1994年 東京外国語大学大学院博士後期課程単位取得退学

4年生大学を卒業後、そのまま院に進みましたが、1994年に退学されています。

なぜ退学したのか、その理由についても特に公開はされていないようですが、同じ1994年に聖徳大学と東邦音楽大学の非常勤講師をしていた職歴がありますので、もしかするとヘッドハンティングされたか、自ら講師の立場へ転向したいという思いから退学されたのかもしれません。

またさらに遡ること1991年には「日伊協会講師」も務めていたようです。

日伊協会は70年余の歴史を有する非営利の公益財団法人ですので、元々イタリア語学科を先行していた鶴田真子美氏にとってはさぞやり甲斐のあるコミュニティだったでしょうね。

日伊協会は、そんなイタリアに魅せられたメンバーが集まって、イタリアの最新情報を共有し、経済や文化など多岐にわたる日本とイタリアの交流を図りつつ、両国相互の理解と親善に貢献することを目指して活動しています。

1998年には武蔵野音楽大学の非常勤講師を務め、2000年~2003年ではNHKのテレビイタリア語会話講師も務め上げています。

NHKのイタリア語学習番組といえばパンツェッタ・ジローラモさんが真っ先に思い浮かぶでしょうが、鶴田真子美氏も番組出演していたのでしょうか?

その頃の画像や動画は特に見つかりませんでした^^;

その他鶴田真子美氏のホームページには「演奏・研究・執筆」等に関する分野の情報を見ると、イタリア関連のことばかりが書かれてあります。

きっと日常生活もイタリアに関することばかりで、ご飯とかもパスタやピッツアを食べているのかと思ってしまいますね^^;

しかし今回の茨城県知事選挙でのPRではあまりイタリアに関連することは全面に出さず、鶴田真子美氏が2000年から発起人として立ち上げた「いばらき子どもの虐待防止ネットワークあい」や2008年12月から理事長を務めている「動物愛護を考える茨城県民ネットワーク」などをPRしています。

まぁ確かに茨城県民の人にとってイタリア関連のPRをされても特に響くものがあるとは思えませんからね。

Sponsored Links

結婚して再婚?夫は誰で息子はいる?家族情報について

鶴田真子美氏に関して調べていく中で結婚に関すること、「再婚」や「夫」「息子」などの情報が気になっている方が多いようですね。

まず現在の旦那さんに関してですが、弁護士の坂本博之さんという方のようです。

坂本博之」という名前ですが、同姓同名で元プロボクサーの方がいます。

その昔、畑山隆則さんと大接戦を繰り広げた方ですが、この人と結婚したわけではありません(笑)

そして鶴田真子美氏の再婚に関する情報ですが、こちらに関しては確証たる情報はありませんでした。

鶴田真子美氏と近い距離で接している方がもしかすると再婚なのでは?と検索しているのかもしれませんが、真相は定かではありませんね。

また、息子さんに関しては今年で24歳になる長男がいるようです。

このような凄い経歴を持った両親の間で育った子供であれば、同じくかなり優秀な人物かあるいはその逆かといった感じでしょうか。

今回の街頭演説などではまだその姿は現していませんので、もしかすると当選した暁には応援に駆けつけている場面がテレビや新聞などで映るかも?

茨城県知事選挙2017では共産党の推薦?事務所は?

Sponsored Links

さて、そんな鶴田真子美氏は、今回の茨城県知事選挙立候補にあたって共産党や社会党の推薦支持を受けています。

無所属新人にとって政党からの支援を受けられるのは心強い味方でしょう。

共産党県委員会の田谷武夫委員長は「支持、または推薦で前向きに検討している」とコメントしています。

また民進党茨城県1区の衆議院議員である福島のぶゆき氏も出陣に関して応援メッセージを寄せています。

選挙事務所は主に水戸とつくば両市に設置しているようです。

世間の評判は?

最後に鶴田真子美氏に対する世間の評判・評価を見ていきたいと思います。

動物愛護と子供の虐待、そして東海第二原子力発電所の延長再稼働を停止する姿勢を見せている面では一定の評価を得ているようです。

他の立候補者である橋本昌氏と大井川和彦氏が具体的な政策、公約を発表していない点から鶴田真子美氏を押す声もありますね。

7期目の当選を狙う現職の橋本昌県知事に対しては「県知事を変えないと命第一の県政にはならない」とまで言い放っている鶴田真子美氏。

まだまだ無名な鶴田真子美氏は残りの選挙戦でどのように県民の信頼・信用を得ていくのか、同じく新人無所属の大井川和彦氏にも言えることではあります。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は茨城県知事選挙2017に出馬した無所属新人の鶴田真子美氏についてご紹介致しました。

元は自民党推薦で県知事に当選し7期目再選を狙う橋本昌氏VS同じく自民党推薦の大井川和彦氏の分裂選挙選と言われていた間に突如現れた鶴田真子美氏。

脱原発に関しては明確に反対と打ち出している面からしてもしかすると今回は無所属新人の鶴田真子美氏が当選することもありえるのかもしれません。

引き続き茨城県知事選挙2017の情勢・動向を追っていきたいと思います。

尚、8月27日当日の投開票の結果や出口調査については下記関連記事にて開票結果速報としてお知らせしますので、是非とも参考になさって下さい。

Sponsored Links