OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

東京医科歯科大学病院の医師刺傷事件|研修医犯人学生の名前や顔画像は?

   

人の体を労り治療する聖地でなんとも残念な事件が起こってしまいました。

5月9日午前に東京・文京区の東京医科歯科大学で、男性医師が男に刃物のようなもので刺されたというのです。

一体東京医科歯科大学で何が起こってしまったというのでしょうか。

ここでは「東京医科歯科大学で医師刺傷事件|研修医犯人の名前や顔画像は?」と題して内容をお届けします。

Sponsored Links

東京医科歯科大学附属病院で男性医師、男に刺される

まずは事件の概要から見ていきましょう。

9日午前、東京・文京区にある東京医科歯科大学歯学部附属病院で、歯科医師の男性がこの大学の学生に包丁のようなもので刺されました。

警視庁などによりますと、9日午前10時半すぎ、東京・文京区湯島にある東京医科歯科大学歯学部附属病院で、「医師が刃物で刺された」という内容の110番通報がありました。

警察官が駆けつけて調べたところ、40代の歯科医師の男性が包丁のようなもので刺されていたということです。

医師は意識はあるということで、この大学の病院で治療を受けているということです。

また、医師を刺したのは、この大学に通う30代の学生の男で、その場で身柄を確保され、殺人未遂の疑いで逮捕されたということで、警視庁は、当時の詳しい経緯を調べています。

上記ニュースにもあるように事件が起きたのは東京文京区にある東京医科歯科大学附属病院です。

都内に住んでいる方であれば一度は診察に行ったことがあるという方も少なくないでしょう。

そんな病院で起きてしまった今回の事件。

被害男性歯科医師の名前は?

Sponsored Links

幸いにも一命を取り留めた被害男性歯科医師の方のお名前は現在公表はされていません。

この先生に治療を受けている患者さんも多くいるかと思いますが、さぞショックを受けていることでしょう。

また一部報道?では被害を受けた人物は女性であるとのことですが、信ぴょう性はなさそうです。

このご時世のフェイクニュースに気を付けましょう。

犯人は誰?研修医学生の名前や顔写真画像は?

上記ニュース内容にもあるように被害男性を刺した犯人は30代の学生の男とされています。

医科歯科大学の学生であることから研修医の可能性が高いです。

が、こちらの犯人の名前や顔画像についても今のところ公表はされていません。

また詳しい情報が入り次第追記致します。


 

今回の事件が起きた場所は同病院の6階の処置室だと追加報道がありました。

刺された場所は首や腹とのことで強い殺意の元犯行に及んだと予想されます。

被害男性医師と学生との間に何があったのか。

動機は何だったのか。

続報が待たれます。

Sponsored Links

 - 話題