OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

埼玉県所沢市山口小学校で体罰|40代男性教師の名前は誰?顔画像は?

   

まだ自分の意志を自由に決めることもできない幼い小学生に対して「今すぐ窓から飛び降りろ」などと暴言を吐いた男性教師の体罰問題が話題になっています。

もし本当に飛び降りていたとしたら取り返しのつかない事故、いや事件になっていたことでしょう。

問題が起きた小学校の場所は埼玉県所沢市の山口小学校です。

ここでは事件の内容を簡単に振り返るとともに、問題を起こした40代男性教師の名前や経歴、顔画像などについて迫ります。

Sponsored Links

埼玉県所沢市山口小学校で体罰「飛び降りろ」などの暴言が発覚

まずは報道された内容をチェックしましょう。

埼玉県所沢市の小学校で、男性教師が小学4年の男子児童に、「今すぐ窓から飛び降りろ」などと3階の教室から飛び降りるよう何度も迫っていたことがわかった。

所沢市立山口小学校の40代の男性教師は今月12日、鉛筆削りの貸し借りを巡って言い争っていた小学4年の男子児童に、「今すぐ窓から飛び降りろ」「命が惜しいのか。早く飛び降りろ」などと3階の教室から飛び降りるよう何度も迫ったという。

学校の3階から飛び降りろとは…この男性教師の教育理念はどういうものなのか聞いてみたいところですね。

「命が惜しいのか」という言葉もまるで教師の発言とは思えません。

ちょっとあちらの世界の人ですか?と聞いてみたくなります。

そしてこの男性教師による体罰は今回の暴言だけにはとどまらず、半日常的にされていたとされる続報があります。

また、男性教師はさらに「このクラスは34人だったがあすからは33人でやっていこう」などと話したほか、以前、この男子児童の背中を蹴るなどの暴行をしていたという。

この事件、体罰問題が発覚したのは男子児童の母親が息子が「腰が痛い背中が痛いって言ってた時期があって」「背中を蹴られたりとか、首をやられたり絞められたりとか」と話したことで発覚したようです。

首を締められたりって…本当にもうカタギのやることじゃないですよ…。

一部生徒側にも問題があったのでは?という声もありましたが、それにしても最悪死に直結するような事態になってしまったら問題を解消などすらも出来なくなってしまうのです。

今回の問題を受けて同学校の校長は以下のようにコメントを発表。

「指導に値しない暴言であり、体罰であると」

そりゃそうですよね。

一歩間違えれば大変なことになるんですから。

そして問題の教師も今回の事実を認めているようです。

「『窓から飛び降りろ』と死につながることを話しました」

学校側は今週近く、保護者会を開く方針だそうです。

Sponsored Links

埼玉県所沢市山口小学校の体罰40代男性教師の名前は?誰?顔画像や経歴は?

そんな問題の男性教師ですが、今回の報道では「40代男性教師」としか報道されていないんですよね。

生徒の心に深く傷を残すであろう暴言や体罰を行ったということからすれば全国ネットで晒し者にされてもおかしくはなさそうですが、なぜか今回の報道では名前は伏せられています。

男性教師の処分も気になるところですが、普通の感覚からすれば解雇になると思われます。

(というか保護者が心配でしょうがないのではないかと…)

また詳しい情報が分かり次第追記したいと思います。

ちなみに同小学校が提示しているいじめに対する考え方については以下の通りです。

  • 「いじめは絶対に許さない」「子どもたちを守る」という風土・意識の醸成に努める。
  • 「いじめは、どの学級でも、どの子にも起こり得る」との認識のもと、全職員が積極的な生徒指導に努め、いじめの未然防止に全力で取り組む。
  • いじめが発見された時には「早期発見・早期対応・早期解決」に組織で取り組む。
  • 「いじめは社会全体で取り組むべき課題」との意識をもち、重大事案発生時には、家庭・地域・外部機関と連携し、あらゆる方策を講じていじめを撲滅する。

今回のような問題が起きてしまうと本当にこういったテンプレート化された並べごとはなんの説得力もないといえますよね。

Sponsored Links