OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

衆議院選挙2017|熊本小選挙区と比例区の立候補者名一覧と当落予想

   

ここでは衆議院選挙(衆院選)2017の熊本県小選挙区と九州比例代表ブロックの立候補者名一覧や当落予想についてまとめていきます。

熊本県といえばくまモンが有名ですが、有名な国会議員としては元民進党議員の松野頼久(まつのよしひさ)氏がいますね。

松野氏は今回の衆議院選挙2017では希望の党からの公認候補者として出馬していますが、果たして当選することができるのでしょうか。

Sponsored Links

衆議院選挙2017(衆院選)|熊本県小選挙区と区割りは?

まずは熊本県の選挙区区割り図についてご紹介します。

今回改定された区は1区、2区、3区、4区、5区です。

熊本県の小選挙区は鹿児島県と同じように選挙区が1減りました。

そのため自民党前職の園田博之元官房副長官(75)は九州ブロックの比例代表区での出馬となったようです。

小選挙区が減ってしまうことは票数が無くなるわけですから各政党にとっては死活問題とも言えるのかもしれません。

衆議院選挙2017(衆院選)|自民・公明・希望の党などの候補者一覧は?

次に気になる今回の衆議院選挙での熊本県の小選挙区立候補者名を一覧でご紹介します。

熊本1区

氏名 年齢 党派 当選回数
木原 稔   48歳 自民党   3回
松野 頼久 56歳 希望の党 6回

熊本2区

氏名 年齢 党派 当選回数
木下 順子 58歳 幸福実現党 0回
西野 太亮 38歳 無所属     0回
野田 毅   75歳 自民党     15回
和田 要   68歳 社会民主党 0回

熊本3区

氏名 年齢 党派 当選回数
坂本 哲志 66歳 自民党 5回
関根 静香 27歳 共産党 0回

熊本4区

氏名 年齢 党派 当選回数
金子 恭之 56歳 自民党     6回
矢上 雅義 57歳 立憲民主党 2回

Sponsored Links

衆議院選挙2017(衆院選)|熊本県小選挙区の結果・当落予想

熊本県で注目を集める選挙区はやはり1区の自民党VS希望の党の一騎打ちですね。

当選回数だけを見れば木原稔氏が3回、松野頼久氏が6回と知名度的には松野氏が優勢でしょうか?

あとは熊本4区にできたてホヤホヤの政党立憲民主党の候補者名が。

4区も自民党VS立憲民主党の一騎打ちですので注目が集まります。

衆議院選挙2017(衆院選)|熊本県比例代表区の候補者一覧は?

九州ブロックの比例代表区立候補者一覧については次の通りです。

政党 立候補者名 年齢 当選回数
自民 今村 雅弘 70歳 7回
園田 博之 75歳 10回
宮路 拓馬 37歳 1回
希望の党 中山 成彬 74歳 5回
公明党 上地 崇     29歳 0回
江田 康幸   61歳 6回
遠山 清彦   48歳 3回
濵地 雅一   47歳 2回
吉田 久美子 54歳 0回
吉田 宣弘   49歳 1回
共産党 赤嶺 政賢【重複】 69歳 6回
田村 貴昭【重複】 56歳 1回
真島 省三【重複】 54歳 1回
益田 牧子         67歳 0回
松岡 勝           44歳 0回
山下 魁           40歳 0回
日本維新の会 無し    
立憲民主党 無し    
日本のこころ 無し    
幸福実現党 江夏 正敏 49歳 0回
富川 昇   74歳 0回
前田 浩一 52歳 0回
吉冨 和枝 58歳 0回

まとめ

九州比例代表ブロックでは公明党と共産党が6名ずつ立候補者しています。

小選挙区で落選しても比例代表で当選できるという、いわゆる復活当選を狙うべく重複して立候補している方も数名いますが、それにしてもここ最近は共産党の勢いも増してきているような気がしますね。

確かに民進党や旧民主党のようにコロコロ政策主張を変える(?)より、共産党は主義主張が一貫しているような気もします。

当サイトでは引き続き衆議院選挙(衆院選)2017の最新情勢について追っていきます。

【随時更新:衆議院選挙・小選挙区候補者まとめ(数字は区数)】

福岡11     石川3     北海道12
佐賀2 鳥取2 京都6 富山3 新潟6 秋田3 青森3
長崎4 島根2 大阪19 福井2 長野5 山形3 岩手3
熊本4 岡山5 兵庫12 滋賀4 岐阜5 福島5 宮城6
大分3 広島7 和歌山3 奈良3 愛知15 群馬5 栃木5
宮崎3 山口4   三重4 静岡8 山梨2 茨城7
鹿児島4 愛媛4 香川3     埼玉15 千葉13
沖縄4 高知2 徳島2     神奈川18 東京25

Sponsored Links