OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

島木譲二の死因の病気は?妻や子供など家族も調べてみた!

      2016/12/17

702

2016年年末に差し掛かっている今夜。しかも仏滅。

またひとり有名な方がお亡くなりになられました。

まずは以下ヤフーニュースからの引用をお伝えいたします。

Sponsored Links

「大阪名物パチパチパンチ」などのギャグで知られる吉本新喜劇の役者、島木譲二(本名=濱伸二、はましんじ)さんが16日午前9時6分、脳溢血のため入院先の大阪市内の病院で亡くなった。72歳だった。同日、所属事務所が発表した。

島木さんは兵庫県出身。元プロボクサーで、現役時代には「西日本ミドル級新人王」を獲得したこともある。1980年にNSCに入社。同年11月に吉本新喜劇で初舞台を踏み、“コワモテ”のルックスから繰り出される「大阪名物パチパチパンチ」や「ポコポコヘッド」などのかわいらしいギャグで人気を博した。

 通夜は17日午後7時から、葬儀告別式は19日正午から、いずれも新大阪典礼会館(大阪市淀川区野中北1-1-77)で執り行われる。喪主は妻の濱昭子(はま・あきこ)さん。

島木譲二さんの死因は脳溢血

脳溢血の読み方は「のういっけつ」と読み別名「脳出血」です。

703

脳溢血は脳卒中の病気のひとつされていて前ぶれや兆候が見られず突然に発症するものとされています。

島木さんは2011年、体調不良を訴え大阪市内の病院に通院治療を受けていました。

治療に専念するため表舞台から姿を消し一旦は芸能活動を休止。

Sponsored Links

脳卒中は突然意識がなくなり呼吸が停止してしまう怖い病ですが、島木譲二さんはこれに侵されてしまったということになります。

島木譲二さんといえば身体を張ったネタ「大阪名物パチパチパンチ」が有名ですね。

(最近のお若い方は存じ上げないのかもしれませんが)

これだけ多く身体を叩いている島木譲二さんですが、もともとは元大阪新和所属のプロボクサーで、西日本ミドル級新人王を獲得したこともあるほどの強豪ボクサーでした。

島木譲二さんの奥さんについてですが、これまでさほど結婚に関する情報は公開されてはいませんでした。

上記ニュースの内容から濱昭子(はま・あきこ)さんという方が妻ということですが一般の方なのか芸能関係の方なのか公表はされていません。

またお二人の間にお子さんがいるといった情報もないことから子供はいないのかもしれません。

2016年12月17日にお通夜、19日に告別式が行われますがいずれの喪主を務めるのは奥さんである昭子さんです。

尚、今のところ島木譲二さんのお別れの会などの情報は発表されていません。

主に昭和の時代に笑いを届けてくれた島木譲二さん。

心よりご冥福をお祈りします。

Sponsored Links