OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

さんまのまんまの最終回ゲスト出演者が誰かを予想!まさか大竹しのぶ?

      2016/08/17

2016080406

毎週フジテレビで放送されている日曜午後の人気トークバラエティ番組「さんまのまんま」が2016年9月をもって放送終了となることが発表されました。同番組はお笑いタレントである明石家さんま(61)が自身の自宅に見立てたセットにゲストを招きお土産や飲み物を飲みながら台本無しで進行するフリートーク番組。

今回30年という長きにわたる放送を最後に番組は終了しますが、気になる最後のゲスト出演者は誰なのか予想していきます。

Sponsored Links

関連記事:さんまのまんま制作費とギャラはいくら?打ち切り理由をさんまが暴露

さんまのまんまの歴史

2016080501

さんまのまんまはフジテレビにて1985年4月8日から関西テレビ(カンテレ)と吉本興業の共同制作で放送開始された長寿トーク・バラエティ番組で愛称は「まんま」。

現在61才でありながら衰えることなくスター街道を走り続けている明石家さんま。

数多くレギュラー番組を抱える中、さんまのまんまは冠番組ともいえる番組で放送開始から関西地区では平均視聴率が20%を超え、たちまち人気番組となりゲストに秋吉久美子が出演した際の最高視聴率は31・8%を記録した。

マスコットキャラクター「まんま」ちゃんとの絡み合いも人気のひとつ。(まんまちゃんは喋ることができない設定となっているため、すべてジェスチャーで伝えようとするもなかなか伝わらず苦労をしています。)

今回の放送終了の件で以前から噂されていた「明石家さんま60歳引退説がかなり濃厚になった」と芸能関係者の間では話題となっているそうです。

2016年9月をもって終了するさんまのまんまは10月以降はスペシャル番組として年に2回の放送を予定しています。

Sponsored Links

さんまのまんま最終回ゲスト出演者は誰?

2016080415

ここ最近でテレビ番組の放送終了として話題になったのは同局の単独司会者による生放送ギネス認定番組「笑っていいとも」。

笑っていいともでは最終回が発表された当初から人気コーナー「テレフォンショッキング」の最終回ゲストが誰なのか?その他ゲストはいったい誰がでるのか予想合戦が繰り広げられていました。

さんまのまんまは1985年4月の初回放送にタレント、榊原郁恵(57)が出演して以来これまで出演したゲストの人数は2000人以上

9月の最終回は笑っていいともに匹敵するほどの豪華ゲストがゴロゴロと出演するかもしれません

今ではすっかり自身のネタにまでしている元妻の女優、大竹しのぶ(59)と初共演したのもこの番組。

果たしてさんまのまんまの最終回ゲストは誰になるのか?以下に簡単に予想をしてみました。

<タモリ>

2016080407

お笑いBIG3の一人であるタモリ。さんまとの親交も深くお互いに干渉しないよきライバル。さんまのまんまの最終回では間違いなく応援に駆け付けるでしょう。

<ビートたけし>

2016080408

タモリ同様お笑いBIG3のこの人物も絶対に外せません。1980年代に大ヒットしたお笑い番組「オレたちひょうきん族」で共演した中でもあり、明石家さんまのことを「出っ歯」や「明石家」と呼び捨てにするほどの中です。ビートたけしが出演する場合何かしらの放送事故を起こすかもしれません。

<松田聖子>

2016080409

松田聖子の大ファンであると告白しているのがさんまのまんまのマスコットキャラクターまんまちゃんの中の人物。

過去に番組に出演した際はあまりの興奮でさんまと松田聖子のトーク最中に割って入りサインを求めたという伝説を残しています。

<桑田佳祐>

2016080410

さんまのまんまには番組の主題歌があり作曲を担当したのがサザンオールスターズのボーカル桑田佳祐。以前さんまとデュエットしたこともあり今回最後のデュエットが復活するかもしれません。

<中森明菜>

2016080411

桑田佳祐同様番組の主題歌におけるダンスと振り付けを提供したのが中森明菜。明石家さんまと桑田佳祐、そして中森明菜のトリプルデュエットが見られるかもしれません。

<大竹しのぶ>

2016080412

明石家さんまを語るうえで絶対に外せない存在といえば元妻である女優の大竹しのぶ。離婚後も良好な関係であるとされているため最終回ゲストに出演する可能性はあります。

明石家さんまがよく物まねをする「馬鹿じゃないの?」を大竹しのぶ本人から聞けるかもしれません。

<IMALU>

2016080413

明石家さんまと大竹しのぶの間に産まれた一人娘のIMALU。IMALU自身は父親であるさんまのことを「ちゃらちゃらしてて好きじゃない」と語っていたこともありましたが、これはどこの家庭でもあるような家族水入らずの関係であるといわれています。

IMALUという名前には「今を生きる」という意味が込められていて当時は周りからかなり反対されたとさんまは語っています。

明石家さんま、大竹しのぶ、IMALUと家族全員が芸能人であり、さんまのまんまの最終回ではなかなかお目にかかれない豪華芸能人家族として出演するかもしれません。

関連記事:さんまのまんま制作費とギャラはいくら?打ち切り理由をさんまが暴露

Sponsored Links