OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

さかもと未明(芸能人S漫画家)は横田めぐみ夫妻の娘のような存在?

   

630

本日(12月9日)放送の爆報!THEフライデーでは【人生の大勝負 一発大逆転SP】として放送されますが、興味深い内容があります。

それは「拉致被害者・横田めぐみさんの両親には娘のような存在Sが!謎の結婚式映像を公開!」というもの。

調べたところこのSとされる人物の正体は漫画家のさかもと未明さんであることがわかりました。

今回はそんな横田夫妻と関係のある娘のような存在さかもと未明さんについて迫ります。

Sponsored Links

さかもと未明さんwiki風プロフィール

631

  • 名前:さかもと未明(さかもと みめい)
  • 本名:武田 明美(たけだ あけみ)
  • 旧姓名:安西 明美(あんざい あけみ)
  • 生年月日:1965年10月21日
  • 現年齢:51歳
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 学歴:玉川大学文学部英米文学科・卒業

さかもと未明さんは、漫画家、作家、コメンテーター、歌手などと幅広く活躍されている芸能人です。

学生時分に壮絶ないじめにあい、更に両親との関係も不仲だったという彼女。

大学卒業後は商社のOLとして勤務するもうつ病を発症し約3か月という短い期間で解雇されます。

このことがきっかけで

「いつか自分のように、家族の問題や生きづらさに悩む人の心に届く作品を書きたい。」

と表現者になることを決意したとのことです。

その後、22歳の時に中学同級生だった男性と結婚。

主婦を経て1989年念願の漫画家としてデビューしました。

当時手がけていたのはいわゆるレディースコミック誌。

今ではさかもと未明さんはレディコミ界のエンジェルとされています。

また、漫画家としてだけでなく、体験ルポやエッセイの発表、更には自分の単行本でヌードグラビアを発表するなど、それまでの世間における作家というイメージを大きく変化させました。

週刊誌「週刊SPA」では、「ニッポンの未明」という、時事批評漫画を連載し、「ニュータイプの保守論客漫画家」ということで有名になりました。

私生活では25歳の時に離婚。

この時の心境について

「私の漫画家デビューを応援してくれた恩人でしたが、現実の漫画家生活には残念ながら理解を得られませんでした。」

とコメントしています。

また、さかもと未明さんには子供はおらず「人の親になるのが怖い」とも語っています。

しかし2012年1月に横浜市内の55歳開業医の武田茂さんと再婚。

さかもと未明さんは難病である膠原病(こうげんびょう)を患っていますが、夫婦二人三脚で治療に取り組んでいるようです。

この膠原病という病気は関節や筋肉の痛みやこわばり、全身の倦怠感などとにかく身体に負担のかかる病気といわれています。

さかもと未明さんはこの病気と中学生時代から闘っているようです。

横田めぐみさん夫妻との関係性

Sponsored Links

しかし何故このさかもと未明さんが北朝鮮拉致被害者である横田めぐみさんの両親(滋さんと早紀江さん)と関係があるのか。

彼らが出会った具体的な経緯については不明ですが以下理由が関係しているかと思います。

  • 横田めぐみさんとさかもと未明さんは同い年である
  • 横田めぐみさんはさかもと未明さんの漫画が大好きだった
  • さかもと未明さんは横田めぐみさん拉致問題解決に向けてサポートをしている

上記理由から横田さん夫妻と関係を持つようになったと推測されます。

また、爆報フライデーでも取り上げられるように、横田さん夫妻はさかもと未明さんの結婚式にも参加し媒酌人も務めています。

更に新密度が深い点として挙げられるのはさかもと未明さんが自身のブログで「横田滋パパ」や「早紀江ママ」と呼んでいます。

632

さかもと未明さんは拉致問題がまだそれほど世間から認知される前にサポートをされていたとのことで横田さん夫妻も非常に感謝しています。

本日放送の爆報フライデーでは更に詳しく内容が取り上げられることでしょう。


 

いかがでしたでしょうか?

正直拉致問題というのはいつになったら解決するのか、ご家族の方にとっては本当に気が遠くなることと思います。

もし政治家や国会議員だけでなく、さかもと未明さんのように発信力のある芸能人や有名人が声高にこの問題について発信してくれたら・・。

日本人はもっと関心を持つようになるのかもしれません。

(芸能と政治を結びつけるのはあまりよくないとは思いますが)

本日放送の爆報フライデーが拉致問題早期解決に向けて何かのきっかけになることをお祈りいたします。

Sponsored Links