OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

松野莉奈はインフルエンザで解熱剤を服用?どこのメーカーのもの?

   

人気アイドルグループ「私立恵比寿中学」のメンバー松野莉奈さんが18歳という若さで他界されたことを受け動揺が広がっています。

松野莉奈さんは体調不良を訴えた後に病院へ運ばれ死亡が確認されたとのことです。

死因は「ウイルス性急性脳症」とされていますが、この病気にかかってしまった理由は何だったのでしょうか?

ネット上では風邪の症状と思い服用した解熱剤がウイルス性急性脳症を引き起こしたのではないのかと予想されています。

発熱したときに誰もが飲む機会がある解熱剤とインフルエンザの関係性についてみていきたいと思います。

【関連記事】

松野莉奈の死因病名・ウイルス性急性脳症はインフルエンザから発展?

松野莉奈(エビ中)が死因の病気は持病か何か?お別れの会の日程は?

Sponsored Links

発熱時の市販解熱剤は注意が必要

まず解熱剤について簡単におさらいしておきます。

解熱剤とは文字通り発熱した熱を下げる目的で使用する薬です。

解熱剤を使用することで早く熱を下げることができるため、熱が高いときはすぐに使いたくなるものですが、安易に使用してはいけないようです。

  • インフルエンザに限らず、発熱すると解熱剤がよく使われますが、解熱剤は一時しのぎの薬ですし、使いすぎると異常な低体温になったりしますので、注意して使用しなければなりません。(引用元)

解熱剤の使用目安は38.5℃くらいになってからといわれています。

しかし38.0℃でもぐったりしてだるさが取れなかったりしていれば使用してもよしとされています。

松野莉奈がインフルエンザで服用した解熱剤はどこのメーカーのもの?

Sponsored Links

インフルエンザとなれば40℃近い高熱を出してしまう人も多いため、松野さんの場合もこの理由から解熱剤鎮痛剤を服薬したのではないかと推測されます。

市販薬でも解熱鎮痛剤というのは販売されているので薬局に行けば購入できます。

が!インフルエンザ発症時に解熱剤を服薬すると脳に重大な影響を与えかねない事態を引き起こす可能性があるといわれています。

日常よく使われている解熱剤(熱さましの薬)の中には、インフルエンザ脳炎・脳症を重症化させる場合があるということが、厚生省の研究班によって報告されています。

多くの解熱剤は、生体内でシクロオキシゲナーゼという物質の働きを抑えることによって熱を下げます。

このシクロオキシゲナーゼという物質は発熱作用の他に、血管の修復作用も持っています。

つまり、解熱剤を使用すると熱が下がるだけではなく、脳炎・脳症の時に見られる血管炎も治りにくくなるため脳炎・脳症を重症化させる可能性があるというものです。(引用元)

松野さんが市販の解熱剤を服用したとなると一体それはどこの医療メーカーのものなのでしょうか?

市販で売られている有名どころの解熱剤というと以下が挙げられます。

  • バファリン
  • バファリンルナ
  • ノーシンピュア
  • タイレノール
  • イブ

頭痛薬としても使えることから常備持ち歩いている人も多いと思います。

よく聴く言葉ではありますが、薬を飲むときは用法容量を守って正しく使わないといけないということですね。

あとは単なる風邪だと思ってもやはり医者に診てもらうのが一番であるということも頷けます。

【関連記事】

松野莉奈の死因病名・ウイルス性急性脳症はインフルエンザから発展?

松野莉奈(エビ中)が死因の病気は持病か何か?お別れの会の日程は?

Sponsored Links