OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

リバースの犯人は深瀬でネタバレ?蜂蜜と蕎麦アレルギーの意味に迫る

   

出典:http://www.tbs.co.jp/reverse_tbs/

4月14日より放送開始となる金曜ドラマ「リバース」。

湊かなえさん原作で描く愛と友情のミステリー作品となっている今作ですが「僕の友人を殺したのは誰だ?」というキャッチコピーで仕上がっています。

主演を務めるのは俳優の藤原竜也さんで彼にしか出せない独特の演技力が最大の魅力でもあるでしょう。

しかしヒューマンミステリー作品となれば当然最終回のネタバレや真犯人が誰なのか気になってくる人も多いハズです。

ここでは最終回まで待ちきれないあなたへドラマ「リバース」の真犯人が誰なのかお届けしたいとおもいます。

このことはネット上でもしきりに話題になっていて真犯人は主人公である深瀬和久(ふかせかずひさ)ではないかと言われています。

そしてドラマ内で飛び出す興味深いキーワード「蜂蜜」と「蕎麦アレルギー」

一体どういった意味なのでしょうか?

この先は番組ネタバレ情報を含みますので勇気のある方のみご覧ください^^

Sponsored Links

ドラマ「リバース」の真犯人は誰?の前にあらすじや経緯をおさらい

この物語は大学時代に亡くなった親友と向き合うことで友情を再生していく主人公たちに次々と事件が襲い掛かってきます。

いきなり今作の最終回真犯人を知る前に改めてドラマ内容のあらすじを確認しておきましょう。

主人公・深瀬和久(藤原竜也)は事務機器メーカーに勤めるしがないサラリーマンで日々を淡々と生きていました。

深瀬は自分がゆっくりできてくつろげるコーヒー店・クローバーコーヒーで出会った越智美穂子(戸田恵梨香)と付き合うようになります。

しかしある日美穂子の職場に「深瀬和久は人殺しだ」という手紙が届きました。

深瀬は3年前にゼミ仲間5人で行った旅行のことを美穂子に告白します。

長野県斑尾高原で深瀬・浅見康介(玉森裕太)・村井隆明(三浦貴大)・谷原康生(市原隼人)は、広沢由樹(小池徹平)が飲酒していることを知りながら彼一人に車で村井を迎えに行かせます

広沢は道中で事故に遭い車は炎上、帰らぬ人となり、以来4人は飲酒運転の事実を隠し続けていたのです。

この話を聞いた美穂子は深瀬のもとを去るのですが、深瀬以外のゼミ仲間にも「人殺しだ」という告発文が届くようになります。

深瀬はある日大学教授の退官祝賀会でゼミの仲間だった浅見康介(玉森裕太)、谷原康生(市原隼人)らと再会。

その後谷原が駅のホームに突き落とされる事件が起き、深瀬は広沢の死に恨みを持つ人物がいることを知り誰なのか調べることに・・・。

と、ここまでが簡単な物語のあらすじとなります。

実際にはドラマは第1話第2話・・・最終回と進んでいくのですが、その過程をバーーーっとすっ飛ばして真犯人ネタバレについて見ていきたいと思います。

※見たくないという方はご注意下さい

ドラマ「リバース」の真犯人は深瀬でネタバレ?蜂蜜と蕎麦アレルギーの意味って何?

Sponsored Links

「深瀬和久は人殺しだ」

深瀬は届いた告発文を見て「いつか、こんな日が来る」とどこかでわかっていたのかもしれません。

深瀬は覚悟を決め、隠していた秘密の全てを美穂子に打ち明けるも、美穂子は自分の前から姿を消しました。

広沢が不慮の事故で死んでしまうまでにこんな経緯がありました。

深瀬はゼミの仲間5人で斑丘高原スキー場へ旅行に出かけます。

そして夜はまるでバーベキューのような盛り上がりをした飲み会を開きますが、深瀬と広沢はお酒が飲めなかったのです。

このことに腹を立てた谷原に対し広沢は空気を呼んで飲めないなりにお酒を飲むことに・・・。

そうこうしているときに村井から一本の電話連絡が入ります。

「近くの駅に来ているから迎えに来てほしい」

ここで持ち上がったのが「広沢、行ってくれないか?」の一言。

そう、ゼミの仲間は飲酒している広沢に車で村井の迎いを行かせようと強制したのです。

そしてこの時深瀬が取った行動は「一杯の眠気覚ましのコーヒーを淹れて広沢に渡すこと」でした。

しかし広沢が運転していた自動車は崖に沿ったカーブのところのガードレールを突き破って谷底に落下し死亡してしまいます。

以来、深瀬・村井・浅見・谷原は後悔と懺悔の想いに打ちひしがれるのですが、4人はこの事実を口裏を合わせて隠蔽します。

自分達だけの秘密にし、かつ共通の罪を背負っていく。

当時はそんな気持ちだったのかもしれません。

しかしその後時を経て深瀬やゼミの仲間達に告発文が届くようになり深瀬達はお互いを疑う疑心暗鬼にかかっていきます。

そんな時深瀬の元から去っていった美穂子が再び登場します。

なんと美穂子は広沢の彼女だったのです。

この事実に深瀬は驚愕します。

美穂子は広沢が死ぬ最後の1年間を詳しく知りたい思いから深瀬らゼミ仲間に近づいていったのです。

この時は美穂子には復讐の念などはなくあくまでも広沢が最後の1年間、どのような人生を歩んでいたのか知りたかっただけだったのです。

美穂子は中でも深瀬に注目し果ては深瀬と付き合う仲になったのです。

広沢は行きている時によく深瀬の事を美穂子に話していました。

Sponsored Links

「深瀬は良いやつだよ」

このことを美穂子から聴いた深瀬は号泣します。

この時は美穂子はまさか深瀬ら4人が広沢に飲酒運転をさせたことに気づいてはいませんでした。

しかし深瀬の元に届いた一通の告発文「深瀬和久は人殺しだ」、これが美穂子が真実を知る切っ掛けとなったのです。

実はこの告発文は単なる美穂子のファンの1人が嫌がらせのつもりで深瀬に宛てた文書だったのです。

深瀬はこれを3年前の広沢のことと勘違いし、全てを美穂子に話してしまったのです。

美穂子はそれ以来4人に対して復讐の念を抱くようになります。

「何もなかったように振る舞っているのが許せなかった。だから、思い出させてやろうと思った」

新事実が発覚した美穂子やゼミの仲間たち4人は一同に集まり、広沢のことに関して知っていることをノートに書き始めました。

そこで美穂子が書いた1行が「広沢由樹はそばが食べられない」という内容でした。

深瀬はこのことを知らずに美穂子は「知らなかったの?蕎麦アレルギー」と答えます。

そして広沢が車を運転する前に淹れたコーヒーに蜂蜜を入れた話が持ち上がります。

この蜂蜜は深瀬が道の駅で買ったもので中身がどんな蜂蜜かは確認していませんでした。

実はこの蜂蜜には蕎麦が使われていたのです。

つまり飲酒運転が原因で広沢が運転を誤ったのではなく、深瀬が広沢のためにと淹れた一杯の蕎麦蜂蜜入りのコーヒーが原因で、蕎麦アレルギーを発症し、運転を誤ったのです。

深瀬の耳に広沢の最後の言葉がこだまします。

「じゃあ、行ってくる」

広沢を殺したのは…俺だったのか。

…Fin.

Sponsored Links

 - リバース