OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

リテラ(rétela)レジ袋アートがめざましテレビで紹介され可愛いと話題!

   

2016011112

出典:rétela公式FACEBOOK

2016年1月12日、フジテレビの「めざましテレビ」モアセブンで紹介されたレジ袋アート服飾ブランド「rétela(リテラ)」のデザインが可愛いと話題になっています。rétela(リテラ)とは?デザインは?素材は?値段は?購入方法は?などと、どのようなブランドなのかをまとめてみました。

Sponsored Links

rétela(リテラ)とは?

2016011114

2015年4月に設立された服飾雑貨ブランド。

レジ袋を再生して作り出したtextileの開発、服飾雑貨等のデザインと製造販売を行う。単なるEcoではない、素材自体がArtである「Art Upcycling」です。引用:公式FACEBOOK

どんな素材?

2016011115

レジ袋を再生した素材「レジブクロ」を開発し、それを用いてバッグ、シューズ、小物、雑貨などにアップサイクル。「エコ」にとどまらず、素材自体を「アート」へと昇華させ微妙な色合いを合わせたオリジナリティあふれる柄が特長。

どんなデザイン?

2016011116

2016011117

色彩豊かでどこかレトロな感じと自由なスタイルを漂わせるデザインが特徴的です。1つ1つがハンドメイドで出来ているためオリジナル感を味わいたい方は必見ですね。とてもレジ袋で作製されたとは思えないほどカラフルです。

値段と購入方法は?

2016011113

主な製品はピアス(3,500円)、ネックレス(8,200円)、コインケース(6,000円)、財布(2万1,000円)、靴(2万7,000円)、バッグ(3万8,500円)などのようです。

2016011118

20160111119

2016011119

2016011121

2016011122

購入方法に関してはオンラインショップなどはまだ無いそうです。公式FACEBOOK公式サイトがあるのでそちらからコンタクトを取ってみるといいと思います。

まとめ

今回はレジ袋をアップサイクル(リサイクルの進化版で、廃材などを新しい素材に変換して価値を高めるというもの)するという斬新なアイデアによるrétela(リテラ)をご紹介いたしました。本ブランドはバックの作り手・大越敦子さんとテキスタイルアーティスト・田邊理華さんによるもので、田邊さんが使用済みのレジ袋から作り出す素材「レジブクロ」を、大越さんが服飾雑貨に加工したり、職人に依頼したりしてプロダクトを作るようです。コンセプトは「単なるエコではない、素材自体がアートなArt Upcycling(アートアップサイクル)なプロダクト」として発信されています。見た目も可愛いですし何よりもエコでアートというモノを身に着けることで心と身体に優しくお洒落を楽しむことができそうです。

Sponsored Links

 - アート, エンタメ, ファッション, 生活