OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

ペギー葉山の死因の病気は何?旦那/夫や子供など家族を調べてみた!

   

速報です。「ドレミの歌」などで知られる歌手のペギー葉山さんが死去されました。

ペギー葉山さんは昭和27年にレコードデビューを果たし当時の女性歌手として活躍。

ヒット曲に「ドレミの歌」や「南国土佐を後にして」などがありました。

女性として初めて日本歌手協会の会長も務めたことで知られるペギー葉山さん。

ここではペギー葉山さんの死因の病気を調査するとともに結婚した旦那(夫)や子供などについて調べています。

※随時編集中です。

Sponsored Links

ペギー葉山さんの死因の原因となる病気病名は何?

報道によるとペギー葉山さんの今回の死因は肺炎とされています。

享年83歳でした。

<ペギー葉山さんプロフィール>

  • 名前:ペギー葉山
  • 本名:森 繁子(もり しげこ)
  • 旧姓:小鷹狩 繁子(こたかり)
  • 生誕:1933年12月9日(83歳)
  • 出身地:東京都新宿区

高齢者が最後に患う病気として有名な肺炎。

さぞ苦しかったのかもしれません・・。

ペギー葉山さんは東京の四谷で生まれ幼いころから歌うことが大好きだったとのことです。

中学校は青山学院中等部に通い、在学中に内田るり子さんを師事し声楽を習い、音大進学を志しました。

高校も同じく青山学院高等部へ進学され、2年生の時に映画『我が道を往く』を観た際に劇中で主演のビング・クロスビーが歌う「アイルランドの子守唄」に感動。

その後はクラシックからポピュラー・ジャズへの転向を決意したそうです。

音楽ジャンルって本当に不思議ですよね。

どの切り口から魅せられて聴き入っても気づいたら聴くジャンルが変わっていたなんてことはよくあることです。

Sponsored Links

 - 速報