OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

大西健介(民進党)の経歴や大学は?アムウェイやかつら疑惑を調査!

   

高須クリニックの院長高須克弥さんと民進党の大西健介衆議院議員に何やら高須CM演出をめぐるバトルが勃発したそうです。

高須院長に関しては多くのメディアに出演しているのでご存知の方も多いと思いますが、バトル相手である民進党の大西健介国会議員とは誰なのか、知らない方もいるでしょう。

調べてみると大西健介さんに「ブーメラン」や「アムウェイ」はたまた「かつら」といった内容で関心がもたれているようです。

ここではそんな大西健介国会議員について簡単に調べていきたいと思います。

Sponsored Links

民進党・大西健介議員のプロフィール

  • 名前:大西健介(おおにしけんすけ)
  • 生年月日:1971年4月13日
  • 現年齢:46歳
  • 出身地:大阪府
  • 出身校:京都大学法学部
  • 学位・資格:法学士
  • 所属党派:民進党

大西健介議員は大阪出身で出身高校はは私立奈良学園高等学校です。

この高校は中高一貫の学校で偏差値70超えのエリート学校として知られています。

そして出身大学は京都大学法学部です。

こちらも日本の国立大学で東大と常にトップを争う大学として有名ですね。

大西健介議員は京大の法学部に合格し在学中に「第1回国会議員政策担当秘書資格試験」に合格しました。

大学卒業後は参議院事務局に入局し内閣委員会調査室や同会計課に所属。

ここでは議員立法や議会運営を補佐する仕事に就いていたようです。

まさにエリートコースまっしぐらともいえる大西健介議員ですが、最近では2017年1月25日に国会で安倍晋三首相が『云々』を『でんでん』と読み間違えたことを、Twitter上で童謡『かたつむり』の替え歌のように『でんでん虫、虫、安倍ソーリ♪♪♪』と揶揄しました。

おちゃめな一面もあると見せたかったのか・・・はわかりませんがこれが逆に『幼稚な発言』『ヘイトスピーチだ』と批判的な意見が寄せられ「ブーメラン」として自らダメージを被ってしまいました。

そして今回の高須院長とのバトルが発端したのも大西健介議員の発言によるものです。

17日の厚生労働委員会で大西議員が、一部のエステが少額の客を高額な美容外科に誘導しているのでは、と質問し、高須クリニックなどのCMを「陳腐」と表現した

とつぶやき。

これに対して高須院長も自身のツイッターにて「失敬な!ただでは済まさない」と怒りの声を上げ、「明日、顧問弁護士に連絡しておとしまえをつけます」と戦う姿勢を露わにしています。

普段ワイドショーなどのコメンテーターとして出演し温厚な雰囲気を出している高須院長の怒りは収まらなかったようで、18日早朝に以下のつぶやきも投稿しています。

「今、顧問弁護士に民進党中西健介議員に対して提訴するよう指示したぜ」「民進党中西健介議員だけでなく民進党党首も提訴するつもりなので辞めさせないでください」

高須院長VS大西健介議員の行方が気になりますね!

民進党・大西健介議員とアムウェイの関係は?

ところで大西健介議員が連鎖販売取引(マルチ商法)の形態で販売する日用品メーカーアムウェイと何か関係があるのではないかと噂が立っているようです。

が、今のところこのことに関する詳しい情報は見つかりませんでした。

アムウェイに関してはネガティブな印象を持たれている人も多いかもしれませんが、もしかすると大西健介議員も会員の一人?ということも噂レベルではありますが察しがつきます。

引き続き新しい情報が入りましたら追記致します^^

Sponsored Links

 - 話題