OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

野口茂樹の嫁や子供は?不妊治療の原因や現在も!【爆報フライデー】

   

11月18日の爆報!THEフライデーでは【花形職業のあの人は今…大追跡SP】と題された内容が放送されますがその中で気になるゲストが出演されますね。

その人物とは「元中日ドラゴンズのエースN」とされています。

更にこの人物に関しては

【元中日ドラゴンズのエースN夫婦は今…7年にわたる不妊治療を行っていた! 】

として紹介されます。

いきなりネタバレですが、このエースNとは現役時代奪三振に定評のあった元中日ドラゴンズの野口茂樹さんです。

そして7年間にも及ぶ不妊治療の経緯や結果についてテレビ初告白

かつて球界のエースとして活躍していた野口さんの現在はどのような感じなのか。

当記事ではそんな野口茂樹夫婦にフォーカスしてお届けいたします。

Sponsored Links

野口茂樹 wiki風プロフィール

441

まずは野口茂樹さんのプロフィールから簡単にご紹介致します。

  • 名前:野口茂樹(のぐち しげき)
  • 出身地:愛媛県東予市(現:西条市) 
  • 生年月日:1974年5月13日
  • 現年齢:42歳(2016年11月時点)
  • 身長:179センチ
  • 体重:88キロ
  • ポジション:投手(左投左打)
  • 出身高校:愛媛県立丹原高等学校
  • プロ野球所属歴:中日ドラゴンズ (1993 – 2005)、読売ジャイアンツ (2006 – 2008)

プロ入りしたのは1992年。

ドラフト3位位で中日ドラゴンズへ入団しました。

高校時代、甲子園出場とはならずともその敏腕力は球界でも群を抜いていたそうです。

対戦校や大会名は省きますが以下の通り連続奪三振に評価がありました。

4試合32イニングスで40奪三振

9人連続を含む19奪三振を記録

先発全員の14三振

中日時代の1年目は1軍での登板はなく、2年目の1994年8月25日の対広島戦でプロ初登板。

コントロール力に欠けるピッチングだったといわれていますが一方で持ち前の奪三振能力を発揮。

その率は7.90と驚異的な数字を誇っていました。

その後着実に実績を積んでいった野口選手。

2005年のシーズンオフ時にFA権を行使し、2年契約の年俸1億円で巨人に移籍。

しかしその後一時はリリーフの役割を担うも防御率4.30と不調が続き年俸1億円から2500万円へ減俸。

2008年10月1日に球団から戦力外通告を受け退団しました。

野口茂樹の現在の仕事は何?

引退後の野口さんは社会人野球チームのコーチをしたり東海ラジオ放送の野球解説者としても活躍。

現在は愛知県名古屋市にある石黒体育施設に正社員として働いています。

この会社は野球やサッカーなどのスポーツ全般的な施設を設計したり施工する会社です。

また古巣である中日ドラゴンズ主催の少年野球スクール「ドラゴンズベースボールアカデミー」の講師も担当しています。

Sponsored Links

野口茂樹の嫁や子供について

野口茂樹さんは2009年5月17日に現在の奥さんである保育士の女性と入籍しています。

結婚相手であるお嫁さんのお名前は福田直美さん

結婚当時野口さんは35歳で奥さんは27歳。

年齢差は8歳なのでそれなりに離れてはいますね。

2人が出会ったのはちょうど野口さんが巨人への移籍したときで当時直美さんは野口さんがプロ野球で活躍していることを知らなかったとか。

国民的スポーツである野球も見ない人は見ないんでしょう。

プロ野球界から退団したとはいえ結婚し幸せの絶頂にいたことは間違いないでしょう。

しかしそんな2人に待っていたのは今回爆報!THEフライデーでも取り上げられる長い不妊治療期間だったのです。

7年にも及ぶ不妊治療との闘い

野口茂樹夫婦は結婚した2009年から2016年までの7年間、不妊治療と闘っていたことを今回テレビ初告白します。

テレビやニュースなどでもよく耳にする「不妊」というワード。

これは女性のみならず男性にも相当なショックを与えます。

妻・直美さんの不妊治療の原因や治療法についてですが、こちらは番組放送内にて伝えられるかもしれません。

一般的に不妊に至るまでの原因は人それぞれとされていてこれだけ医療が発達した日本でもその根本的な原因特定にまでは至っていないようです。

その後の結果は?

7年間という歳月を経て2人にはめでたく赤ちゃんを授かることができました

お名前は彩葉(いろは)ちゃん

442

長い期間をかけてやっと授かった赤ちゃん。

本当に可愛いことでしょうね。

不妊治療は精神的な負担だけでなく体力面、金銭面と本当に辛い治療だといわれています。

そもそも「治療」という言葉自身がストレスになるといわれていますし、自分たちの存在意義や価値観なども疑ってしまう人がでるほどです。

野口夫婦に関しては旦那さんが元プロ野球選手ということもあり金銭面においては工面できたでしょうが、それでも7年という長期に渡る不妊を経験されているお二人。

きっと今は彩葉ちゃんが可愛くて可愛くてしょうがいないんでしょう。

同じように悩んだり苦しんでいる人たちにほんの少しでも希望や勇気を与えられるようになっていってほしいですね。

Sponsored Links

 - スポーツ