OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

めざましテレビ太宰府天満宮フラワーアート展ニコライバーグマン新花を紹介

   

2016年6月10日放送のフジテレビ系朝の情報番組めざましテレビ・モアセブンにて太宰府天満宮で開催されているフラワーアート展・ニコライ・バーグマン展覧会『新花 −SHINKA−』が紹介されます。学問の神様・菅原道真をまつっていることで知られる太宰府天満宮でデンマーク出身のフラワーアーティスト ニコライ・バーグマン(Nicolai Bergmann)がコンテンポラリーなフラワーデザインの新作約100点を展示します。本記事ではこの『新花 −SHINKA−』について簡単にご紹介します。

ニコライ・バーグマン展覧会『新花 −SHINKA−』とは

2016061001

出典:http://www.nicolaibergmann.com/

フラワーアート展「新花 −SHINKA−」とはデンマーク出身のフラワーアーティスト・Nicolai Bergmann(ニコライ・バーグマン)によるコンテンポラリー(現代的)フラワーアート展のことです。今回会場となるのは福岡の太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)、宝満宮竈門神社(ほうまんぐうかまどじんじゃ)、志賀海神社(しがうみじんじゃ)の3会場です。

2016061006

ニコライ・バーグマンは1998年に来日し、以来北欧スタイルと日本の和の感性を組み合わせたオリジナルのフラワーデザインを追求しその感性溢れるデザインはまさにコンテンポラリーフラワーアートとして確立されました。東京メトロのCM「Find my Tokyo x 堀北真希編」ではニコライ・バーグマンのオリジナルフラワーボックスが登場しています。知らずに目にしたことがある人も多いかもしれません。

2016061007 2016061008

2014年に開催された『伝統開花』というイベントでは4日間の間に約8000名の来場者数を記録。第2弾となる今回の「新花 −SHINKA−」は「伝統の地で表現するコンテンポラリーなフラワーアート」がテーマ。

ニコライ・バーグマンのオリジナルデザインによる漆や陶器、桐などによる花器と合わせた新作100点余りの作品が展示されます。その他展覧会限定フラワーボックスや『伝統開花』での展示作品を中心に撮り下ろした作品集も販売されます。

Sponsored Links

開催情報

  • イベント名:新花ーSHINKAー
  • 会期:2016年6月9日(木)~6月12日(日)
  • 入場料:屋外展示無料 / 屋内展示(全会場共通)800円 ※12歳以下無料
  • 屋内チケット販売:太宰府天満宮、宝満宮竈門神社、志賀海神社、Nicolai Bergmann Flowers & Design各店舗
  • 問い合わせ先:Nicolai Bergmann Flowers & Design(ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン)
  • 電話番号:03-5464-0716(平日10:00-18:00)
  • メールアドレス:[email protected]

場所・アクセス

  • 太宰府天満宮(福岡県太宰府市宰府4-7-1) 西鉄太宰府駅から徒歩約5分

  • 宝満宮竈門神社(福岡県太宰府市内山883) 西鉄太宰府駅からタクシー約7分

  • 志賀海神社(福岡市東区志賀島877) 西戸崎駅前より西鉄バス志賀島下車 徒歩10分

関連リンク

最後に

2016061009

本記事では福岡3会場で開催されるフラワーアート展「新花 −SHINKA−」についての情報をお届けしました。気になった人は是非ともこの和と北欧スタイルがミックスされた絶妙なコンテンポラリーアートを眺めに行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

Sponsored Links

 - イベント, エンタメ