OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

永藤英機の出身高校やプロフィール|経歴や結婚に堺市長選挙公約も

   

9月24日に投開票が行われる大阪府堺市長選挙に注目が集まっていますね。

以前ご紹介した記事では現職市長である竹山修身氏や2013年堺市長選挙の投開票の結果についてお届けしましたが、今回は大阪維新の会から立候補している新人永藤英機氏についてご紹介します。

9月24日当日の投開票の速報結果については下記関連記事にてご紹介しておりますので合わせてご参考ください。

Sponsored Links

永藤英機の出身高校や大学など wikiプロフィール

まずは永藤英機氏がどういった人物なのか、これまでの経歴や略歴についてご紹介します。

  • 名前:永藤英機(ながふじ ひでき)
  • 生年月日 昭和51年7月13日
  • 現年齢:41歳
  • 血液型:A型
  • 趣味 建築鑑賞、街歩き、料理
  • 好物:ラーメン、焼肉、日本酒
  • 好きな言葉:一期一会
  • 出身高校:大阪府立三国丘高等学校
  • 出身大学:大阪府立大学 経済学部経済学科卒業
  • 事務所:〒590-0952大阪府堺市堺区市之町東5-2-14-101

卒業した高校の偏差値はなんと「72」とかなり優秀な高校を卒業されたようですね。

好きな食べ物がラーメンや焼肉といったところはその辺の普通の男性、といったところかもしれません。

が、永藤英機氏のこれまでの経歴について調べてみると更に優秀であるといった印象を受けます。

永藤英機の経歴や評判は?

永藤英機氏が大学を卒業してからの経歴については下記の通りです。

  • 株式会社オービックに就職 → システムエンジニアとして勤務
  • 2006年:ファイナンシャルプランナーとして活動
  • 2008年:バイクで47都道府県を視察
  • 2009年:大阪と世界の大都市の比較を目的として世界の都市を巡る
  • 2011年:堺市堺区から大阪府議会議員選挙に出馬 → トップ当選(得票数は19538票)
  • 2015年:大阪府議会議員選挙二期目に出馬 → トップ当選(得票数は21829票)

現在41歳という若さで既に大阪府県議を2度経験しているという永藤英機氏。

現職時は総務常任委員長や「政務活動費のあり方を検討する協議会」の座長などを経験。

今回の堺市長選挙に立候補するために府議会を辞職。

まさに背水の陣で望んでいる…と考えるのが自然かもしれませんが、なにせ二度連続で当選した経験があるので、万一堺市長選で落選したとなっても次回の大阪府議会議員選挙に当選できるのでは?といった声も有るようです。

そんな永藤英機氏に対してはちょっぴり辛口な評判も立っているのは事実です。

Sponsored Links

永藤英機は結婚して家族(妻・子供)はいるの?

そんな永藤英機氏ですが、年齢的にも結婚して妻やお子さんがいてもおかしくはなさそうですよね。

が、調べてみましたがどうやら永藤英機氏は独身のようです。

顔立ちは爽やかな方なのでモテそうです。

しかし最近のいわゆるイケメン政治家というのはどうもきな臭い、という考えを抱いている有権者の人も少なからずはいるでしょう。

ルックスなんぞどうでもいいからきちんと政務を全うしてくれる人に清き一票を投じたいところですよね。

そんな永藤英機氏が掲げている今回の堺市長選マニフェストは以下の通りです。

  1. ハコモノ行政の見直し
  2. 市長の報酬30%カット、退職金制度を廃止
  3. 4歳・5歳児の幼稚園および保育園の教育費、がん検診の無償化
  4. 路面電車「LRT」を計画、着手し市内の東西の交通網の整備を図る
  5. 大阪府と大阪市が運営する大阪環境局へ参加し連携した観光政策を策定する

ハコモノ行政とは「箱物行政」と言われる言葉で、その意味は「庁舎・学校・公民館・博物館・運動施設などの公共施設の「建設」に重点を置く国や地方自治体の政策を揶揄する表現のこと。」を指すようです。

まぁいわゆる建設関連の行政ばっかり手を付けて荒稼ぎをするな、と言いたいところなのでしょうか?

その他は市長の報酬の減俸や退職金制度を廃止などなどよくある選挙PRで聞く言葉ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は堺市長選挙2017に新人出馬した永藤英機氏に関してお届けしました。

正直ちょっとインパクトに欠けるな…と思われる方も多いのではないでしょうか。

というよりも橋下徹元大阪府知事時代に日本維新の会や大阪維新の会が盛り上がりを見せただけに今はちょっと維新の会はあとの祭り状態、といった状態なのかもしれません。

今回の堺市長選挙2017ではかねてより大阪維新の会が公約に掲げていた大阪都構想は争点にしないとされていますが、それでもやはり水面下では公約を成し遂げようと党内は動いているはずです。

これに断固反対の姿勢を貫く現職市長の竹山修身氏との激しい選挙戦が9月24日に決着が尽きます。

投開票の結果速報に関しては下記堺市長選挙関連記事をご確認ください。

Sponsored Links