OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

明治神宮外苑ジャングルジムの火災原因は日本工業大学の白熱電球?

   

336

11月6日、東京明治神宮イベント会場にて起きた火災事故。

5歳の男の子が命を落とすという悲しい事件はなぜ起きてしまったのでしょうか。

出火元はイベント会場で展示されていた木製のジャングルジムからだと報道されています。

そしてこのジャングルジムを作ったのは日本工業大学の大学生だとも報道されています。

日本工業大学公式ホームページでは今のところ今回の火災事故に関して情報は発表されていません。

そして一時的に公式ホームページがダウンしています。

おそらくアクセス過剰によるサーバーダウンでしょう。

337

一刻も早い事故の原因解明が待たれます。

Sponsored Links

問題のジャングルジムについて

詳細な情報は入り次第随時追記致しますが、まずは出火元・原因となったジャングルジムについてです。

338

素の家と題された作品です。

テーマとしてつけられているのは以下の4つ。

  • 生き物は巣を創った
  • 人間は家を造った
  • 「私は素に戻りたい」
  • 私は家を削り暖をとる。

子供ならいかにもくぐってみたくなるような作りになっています。

339

ネット上でも「うちの子も普通に入りたくなると思う」という声が多く上がっていました。

一見するとこのジャングルジムのどこに白熱電球が取り付けられているのかはわかりません。

しかしこのジャングルジムにはおがくずというのこぎりで材木をひく時に出るくずが大量に散りばめられています

木材が燃える発火温度は250~260度くらいとされています。

そして白熱電球は通常平均で約2000度もの温度を放っているのです。

普通に考えればこのおがくずと白熱電球を突き合わせるということがどういう結果を招くのか、それこそ小学生でもわかりそうな問題です。

Sponsored Links

 - ニュース, 事件・事故