OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

マツコ会議/派遣キャバ嬢中洲ティアラの女の子がかわいい!画像あり

   

6月17日のマツコ会議では福岡は中洲で話題の派遣キャバ嬢の実態が深掘りされます。

マツコ会議=夜の仕事のイメージが強い、といった視聴者の方も多いかもしれませんが、今回もまたそんな夜のお仕事のひとつの紹介となります^^

派遣サービスにも色々な種類があるとは思いますが今回紹介される派遣キャバ嬢サービスとは一体どういったものなのか見ていきたいと思います♪

Sponsored Links

マツコ会議【6月17日】は福岡・中洲の派遣キャバ嬢の回

派遣キャバ嬢会社・中洲ティアラとは?

今回マツコ会議で潜入される派遣キャバ嬢サービスの内容は中洲ティアラという派遣会社の模様が中継されるそうです。

中洲と言えば新宿の歌舞伎町に負けじ劣らずの水商売地です。

最近はキャスト(女の子)がある店舗に所属するキャバクラ形態だけでなく、女の子を派遣するという文化も強くなっているそうです。

派遣会社だけでも40件以上あるそうです^^;

そんな派遣会社の中でも特に有名なのが派遣会社ティアラ。

中洲ティアラの派遣キャバ嬢サービスってどんなもの?

中洲ティアラはナイトワークコンパニオンで頑張る女の子を全力でサポートする派遣会社。

ティアラと女の子と派遣先でのお仕事・お金の流れは以下のように感じです。

  • ティアラは送迎やドレス、ヘアセットなどを女の子たちに無料提供し、女の子たちは派遣先でお仕事をします。
  • 派遣先のお店がティアラに対して派遣手数料という形でお金を支払います。
  • 女の子は派遣先のお店から全額日払いのお給料を頂きます。

<中洲ティアラ店舗情報>

TEL:0120-000-602

営業時間:14時から翌3時

事業内容:有料職業紹介事業、有料職業紹介事業

住所:福岡市博多区中洲2丁目1-18 しんばし別館6F

アクセス:西鉄バス 南新地駅から徒歩1分 地下鉄中洲川端駅から徒歩5分

公式サイト:https://nakasu-haken.net/

メリットは?

上記流れだけを見ると本当に女の子たちは派遣キャバ嬢としてお店に出向きお仕事をすることになるわけですが、そもそもキャバ嬢を派遣ですることのメリットはあるのでしょうか?

中洲ティアラで働くことのメリットについて調べてみると、どうやら一番大きいのは「高時給」と「全額日払い」の2つにあるようです。

特に全額日払いという点は働く女の子たちにとってとても大きいのだとか。

やはりこういったサービス業は相手にするお客様のタイプも様々。

色々とストレスを感じて、辞めたいけど給料貰うまで我慢…というところも悩まなくていいですからね^^

とは言えキャバ嬢の中にもプロ意識を持って働いている人もいるのであくまで参考程度に…。

ちなみに中洲での水商売の時給平均は以下のような感じです。

  • クラブ:平均時給4000円
  • キャバクラ:平均時給4000円
  • スナック:平均時給2500円

マツコ会議出演の中洲ティアラのキャスト・あんなさんも時給4500円と仰っていました。

しかし凄いですよね、3時間働けば1万円超えてしまうわけですから(笑)

Sponsored Links

デメリットは?

続いて派遣キャバ嬢のデメリットについても見ていきたいと思います。

いわゆる店舗に所属しているキャストさんのことをレギュラー型女の子というそうですが、お店にお客様があまり居ない状態、暇状態が続くと派遣キャバ嬢から先に仕事の早上がりをさせられてしまうそうです。

これは確かに考えてみれば、自分のお店に所属している女の子たちに稼がせるというのはごく自然ですね。

また、いくら派遣キャバ嬢が盛んとは言え、毎日仕事があるという保証はないということ。

レギュラー女の子であれば当然お店に所属しているわけですから、お店が潰れない限り毎日仕事はあるわけです。

一方派遣キャバ嬢の場合は派遣先の経営不振などにより、シフト調整の影響が受けやすいといえます。

マツコ会議出演のキャバ嬢女の子が可愛いけど源氏名・名前は?

では恒例のマツコ会議の中継先でのインタビューです。

今回もかなり個性の強そうな女性が沢山でそうですね^^

1人目・キャバ嬢臭ではなくお蕎麦屋さん臭がする女性…

まずは一人目の彼女。

マツコからすると「キャバ嬢っぽくない。外見は一見すると、お蕎麦屋さんみたい」とコメントが。

確かに見た感じ普通の女性、とてもキャバ嬢というか夜の世界で働いているといった印象は受けませんね。

Sponsored Links

二人目・豊満な胸元を持った女性

二人目は大きく胸元の空いた黒いドレスを着ている彼女。

彼女のお名前、おそらくは源氏名ですが、あんなさんという女性のかたのようで、中洲ティアラの公式サイトにも登場しています。

マツコ会議ではマツコに対して「あたし東京でもやっていけますか?」という質問に対しマツコは「そのおっぱいなら大丈夫」と太鼓判(笑)

マツコ会議恒例のインスタグラムツイッターアカウントの公開とかしれくれないですかね^^

その他にも、うたさん(22歳)、まりんさん(20歳)、かんなさん(22歳)、のんさん(30歳)、まいさん(26歳)、つばきさん(22歳)、アンさん(21歳)、はずきさん(22歳)、なみさん(23歳)、かなさん(20歳)、まりえさん(24歳)、けいこさん(35歳)、まりさん(21歳)、みささん(24歳)などなど沢山のキャストさんが公式サイトでは紹介されています♪

マツコ会議出演をきっかけに沢山の指名がかかるといいですね^^

まとめ

マツコ会議ではこれまで何回かキャバクラにまつわる内容を放送してきましたが、今回のような派遣キャバクラ、派遣キャバ嬢というのは確かに新しいですよね^^

高時給で働けるということもあり、いつぞや社会問題となった(今もなっている?)「派遣切り」といった対象にはならなさそうです。

それにしてもやはり今の時代はサラリーマンやOL、国家公務員になったからといって安定しているわけでもなく、高待遇であるというわけでもないようです。

キャバクラやホスト、夜の世界の異常なまでの収入を得て、お金に余裕のある生活を送れたらそれこそ本当にいいですよね~^^

Sponsored Links

 - マツコ会議