OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

ラヴソング(フジ月9)の相関図やあらすじ・キャスト【福山雅治/藤原さくら/夏帆】

   

2016022811

 

出典:フジテレビ

2016年4月毎週月曜よる9時から放送開始となるフジテレビ系・新月曜ドラマ「ラヴソング」。福山雅治が3年ぶりに連続ドラマを務めるヒューマンラブストーリー。自らの才能の限界に打ちのめされて音楽業界を離れた主人公・神代広平(福山)は音楽への情熱を断ち切ることができないまま独身で40代へ。そんな彼の前に現れた「歌声」という天賦の才を持った一人の女性・佐野さくら(藤原さくら)が現れる。再び音楽と向き合うようになった神代は失いかけた人生を取り戻していく。今回はそんな本ドラマの相関図・あらすじ・キャスト情報をご紹介します。

Sponsored Links

ラヴソングの相関図

2016031208

  • 福山 雅治【神代 広平(かみしろ こうへい)役】

主人公。元プロミュージシャンとしてデビューするもその後、ヒットに恵まれることはなく、鳴かず飛ばずのままレコード会社との契約を打ち切られてしまう。今は音楽とは距離を置いた生活をし企業カウンセラーとして働く。ヒロインの佐野さくら(藤原さくら)と出会い音楽を通して心を通わせ、失いかけた人生を取り戻す。

  • 藤原 さくら【佐野 さくら(さの さくら)役】

ヒロイン。広島の児童養護施設で育ち、孤独を背負って生きてきた。現在は大型車の整備・販売会社の整備部で働いているが、人とコミュニケーションを取るのが苦手な人物。企業カウンセラーとして来ていた神代広平(福山雅治)と出会い彼女は生きる希望を得ていく。少しずつ心を開きその想いは次第に恋心へと発展していく…

  • 夏帆【中村 真美(なかむら まみ)役】

広島の児童養護施設時代からの、さくら(藤原さくら)の姉代わりとも言うべき存在。さくらより二年先に上京し、現在はキャバクラで働いている。さくらの姉代わりとして共に暮らしてきたが、自身の結婚を機に、さくらに自立してほしいと願っている。

  • 田中 哲司【増村 泰造(ますむら たいぞう)役】

主人公の神代公平(福山雅治)が大学時代に組んでいたバンドのメンバーでベースを担当していた。現在は総合病院の耳鼻科医として働いている

  • 宇崎 竜童【笹 祐司(ささ ゆうじ)役】

神代広平(福山雅治)をステージに立たせていた良き兄貴分で現在はライブハウス『S』を経営している。

  • 水野 美紀【宍戸 夏希(ししど なつき)役】

笹とともに神代を陰から支え続け、ひそかに想いを寄せている、昔のバンド仲間。バンド解散以降も神代には思いを寄せているがその関係は友達以上には発展していない。互いの恋の相談もできるような間柄なっているものの、いつか二人の関係が変わるかも…と淡い期待を抱きながら神代のそばにいる。

  • 菅田 将暉【天野 空一(あまの そらいち)役】

ヒロイン・さくら(藤原さくら)の児童養護施設時代からの幼なじみ。空一は、両親から虐待を受けた揚げ句に捨てられ、児童養護施設に保護されて以来、高校卒業までを施設で過ごす。中学・高校時代、幾度となく補導されるなど荒れ放題で、施設内でも問題児扱いされていたが根は優しく、純粋な男。幼い頃からずっとさくらに想いを寄せている。

  • 木下 ほうか【滝川 文雄(たきがわ ふみお)役】
  • 渋川 清彦【星田 和夫(ほしだ かずお)役】
  • 駿河 太郎【野村 健太(のむら けんた)役】

ラヴソングのあらすじ

かつてプロミュージシャンとして活躍していた神代広平(かみしろ・こうへい)(44)が、ある孤独を背負った女性佐野さくら(さの・さくら)と出会い、音楽を通して心を通わせ、失いかけた人生を取り戻す物語。

神代広平は、唯一のヒット曲はあるものの、その後、ヒットに恵まれることはなく鳴かず飛ばずのままレコード会社との契約を打ち切られてしまう。神代は自らの才能の限界に打ちのめされ、音楽業界を離れてしまう。

それから20年。時は経ったものの、神代は音楽への情熱を完全には絶ち切ることができないまま、ただ退屈な毎日を過ごしていた。私生活では持ち前のルックスの良さで多くの女性と付き合うものの、過去の恋愛による影響で他者に心を許しきれず、真剣に向き合える女性に出会えないまま、独り身で40代に突入。

音楽にも、女性にも真剣に向き合うことができず、何ひとつ成し遂げられないまま人生を過ごしてきた神代のもとに一人の女性、佐野さくらが現れる。彼女はあるコンプレックスを抱え、悩み苦しみ、ひとり孤独を背負って生きていた。

彼女には音楽の神様が与えてくれた“歌声”という天賦の才能があり、神代は、彼女との出会いによって“もう一度自分を試したい、認められたい”と考えるようになる。彼女を通して再び音楽と向き合った時、モノトーンだった神代の人生が少しずつ色付き始め、二人の奏でるラブソングがはじまります…

SNS/オンライン情報

ヒロイン・藤原さくらについて

ヒロインを務めるのはシンガーソングライターの藤原さくら(20)です。番組オーディションに合格し、初ドラマ出演にして主演という大役を見事勝ち取りました。シンガーソングライターがドラマや映画に出演するのは最近ではひとつの風習にもなっています(YUI(タイヨウのうた)や大原櫻子(彼女は嘘を愛しすぎている)、星野源(コウノトリ))。ドラマ演技だけでなく美しい歌声にも注目したい。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

Sponsored Links

 - エンタメ, ドラマ, 音楽