OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

京唄子の死因の病気は?夫で旦那の鳳啓助や子供など家族も調べてみた

   

最近訃報が続きますね。

鳳啓助さんとのめおと漫才で一躍人気を得て、テレビや舞台で女優としても活躍した京唄子さんが6日に亡くなりました。89歳でした。

季節の変わり目というのは何かあるのでしょうか。

当記事では速報ベースで京唄子さんの死因は何だったのかや、夫で旦那の鳳啓助や子供など家族も調べていきます。

※随時更新中です。

Sponsored Links

京唄子さんのプロフィール

まずは京唄子さんの簡単なプロフィールから見ていきましょう。

  • 名前:京唄子(きょう うたこ)
  • 本名:鵜島ウタ子
  • 生年月日:1927年7月12日(2017年4月6日没-享年89歳)
  • 職業:女優・漫才師
  • 出身地:京都府京都市
  • 所属事務所:さち子プロ

京唄子さんは人気テレビドラマ「渡る世間は鬼ばかり」にて岡倉家の五女・長子の姑である本間(神林)常子役として出演し話題になった方です。

元々は劇団「なでしこ劇団」に入り舞台女優として活躍されていたそうです。

1970年には唄啓劇団を旗揚げし吉本興業と業務提携を結ぶも1987年の時、当時の所属事務所が倒産に遭い解散。

その後同年に「京唄子劇団」を設立しました。

京唄子さんのトレードマークは大きな口とされていて漫才ネタの武器でもありいじられる対象でもあったそうですね^^

それ以外にも大きい帽子を好み被っていた京唄子さんですが、当時はミヤコ蝶々に度々間違えられたそうです(笑)

京唄子さんの結婚した旦那さんは4人って?

京唄子さん、調べてみると4回結婚されているんですね。

3回バツがついていたようですが、

一人目は俳優の浪花五郎と結婚し5年で離婚。

二人目はコンビ「唄子・啓助」の相方であった鳳啓助(おおとりけいすけ)さんと結婚し離婚。

三人目は三田マサルさんという方と結婚しましたが、なんとこの方は啓助さんの実の弟だったようです!

兄弟と結婚した京唄子さん・・・凄すぎる。。

四人目の結婚相手に関する情報は特にありませんでした。

一般人の方なのでしょうか。

Sponsored Links

京唄子さんの家族や子供は?

そんな4度結婚された京唄子さんですが、気になるお子さんの情報が全く出てこないですね。

もしかするとお子さんはいらっしゃらなかったのかもしれません。

京唄子さんの死因の病名・病気は何?

現在京唄子さんに関する死因は未発表とされています。

ただ2009年ごろには車いす生活をされていることを告白しその後の芸能生活を一時休止すると宣言されていました。

この時すでに腰椎圧迫骨折及び腰椎変性すべり症を患っていたそうです。

しかし芸能生活に戻りたい一心から約1年半の病気治療及びリハビリを経て、翌年放送されたドラマ「渡る世間は鬼ばかり」で復帰を果たしていました。

今回の死因と直接的な関係があるかは分かっていません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は京唄子さんの訃報に関するニュースについてお届けいたしました。

当記事の内容をまとめると以下のような感じなるかと。

  • 2017年4月6日に漫才コンビ「唄子・啓助」で親しまれ京唄子さんが亡くなり享年86歳だった
  • 京唄子さんの死因の理由については明かされてはいないが腰椎圧迫骨折及び腰椎変性すべり症を患っていたことがある
  • 京唄子さんは4度の結婚歴があり夫婦漫才の相方であった鳳啓助さんは二人目の旦那であった
  • 京唄子さんに子供がいるといった情報は特にない

鳳啓助さんも1994年にお亡くなりになられています。

きっとあちらの世界でも夫婦漫才コンビを組んでいることでしょう。

このたびは京唄子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

Sponsored Links

 - 話題, 速報