OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

倉吉市議会議員選挙2017結果速報|候補者定数と開票数・当選者も

      2017/09/09

任期満了に伴う鳥取県倉吉市市議議会議員選挙が9月24日(日)に告示され、10月1日(日)に投開票されます。

倉吉市は鳥取県中部の玄関口としての役割があるようですが、2016年10月にはマグニチュード6.6の地震(倉吉市では震度6弱)が起きるなど市民の間には少々生活に不安があるかもしれません。

市議選で今後の倉吉市民の人たちの生活をよりよくしてくれるように是非10月1日は投票所へ向かいましょう。

ここではそんな倉吉市議会議員選挙2017の結果速報と立候補者一覧や投票率などについてお知らせします。

※開票結果は投開票確定後に随時情報を更新致します

Sponsored Links

倉吉市議会議員選挙2017|選挙日や期日前投票・不在者投票など概要

<選挙日>

2017年10月1日(日) 

<投票時間>

午前7時から午後8時まで

<告示日>

2017年9月24日(日)

<投票所>

投票用紙に記載されている倉吉市内最寄りの投票所

※投票所一覧情報については詳細情報が判明次第追記致します

<期日前投票・不在者投票について>

選挙日当日に投票できない場合は期日前投票か不在者投票で投票を済ませましょう。

投票の際は宣誓書に記載されている期日前投票になる理由を当てはまるものを選択します。

  • 対象者:選挙期日に仕事やレジャー、冠婚葬祭などの用務がある人。選挙期日に病気やけが、出産などで歩行が困難で投票所に行けない人。
  • 投票期間:告示日の翌日(9月25日)から選挙期日の前日(9月30日)まで
  • 投票時間:午前8時30分から午後8時まで(投票場所により異なる場合があります。)
  • 投票場所:選挙の都度、選挙管理委員会が決定します

その他の詳細な情報については倉吉市公式ホームページからご確認ください。

倉吉市議会議員選挙2017の立候補者一覧や定数

Sponsored Links

次は気になる今回の市議選の立候補者一覧情報です。

2017年の立候補者情報については当記事執筆時点では未発表とされていました。

なので下記にご紹介するのは前回2013年に行われた倉吉市議会議員選挙の候補者情報や得票数などについてです。

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
1838 鳥飼 幹男 59 公明 会社役員
1693 高田 周儀 64 公明 自営業
1569 福谷 直美 63 自民 会社員
1501 藤井 隆弘 60 無所属 無職
1498 佐々木 敬敏 62 無所属 農業
1415 米田 勝彦 65 無所属 行政書士
1402 山口 博敬 65 無所属 農業
1346 佐藤 博英 60 共産 農業
1302 朝日 等治 49 無所属 無職
1254 伊藤 正三 59 無所属 会社役員
1213 段塚 広文 71 無所属 農業
1204 坂井 徹 67 無所属 自営業
1153.618 由田 隆 60 無所属 無職
1024 福井 康夫 63 民主 農業
1017 大田 進 65 無所属 飲食業
1014 丸田 克孝 66 無所属 会社役員
984.381 中野 隆 62 民主 農業
  721 大津 昌克 50 無所属 会社役員
  706 渡辺 法子 64 無所属 洋画家
  694 枠島 和江 76 無所属 無職

党派別では無所属が14、公明・民主が4ずつ、自民・共産が1という状態でした。

また定数は17で立候補者数は20人でしたのでさほど当選倍率は高くはなさそうですね。

2017年もおそらくは定数17ではないでしょうか。

倉吉市議会議員選挙2017の結果速報|当選者開票数や投票率

こちらは開票結果が確定次第随時情報を更新致します。

また投票率に関しても追記を致しますが、2013年度の倉吉市議会議員選挙では有権者数40,563人だったのに対して投票率は61.37%でした。

2009年は67.60%で2005年は71.28%と平均的に60%台~70%台はキープしていることがわかります。

100%の投票率を達成するには全員が健康体でなければならないなど、様々な理由があるかもしれませんが、やはり選挙というのは選挙権を持っている人は積極的に、とまでは言わずとしても投票すべきイベントであるには違いないですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は鳥取県倉吉市議会議員選挙2017に関して情報をお届けしました。

地方分権を守っていくにはまずは投票所に向かい投票をすることです。

ましてまたいつ震度6の地震がやってくるかもわかりませんので、あらゆる対策ができるような候補者に当選してもらいたいですし、市民も常に市議員を監視しなくてはなりません。

今後も引き続き倉吉市議会議員選挙2017の動向や情勢について追っていきます。

Sponsored Links