OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

コイ寿司/鯉寿司の作り方・簡単動画♪めざましテレビで紹介され話題!イカ・エビ♪

   

2016012002

2016年1月20日フジテレビの「めざましテレビ」で紹介された、鯉(コイ)そっくりな寿司「鯉寿司/コイ寿司」がとてもユニークだと話題になっています。元々は大分県のお寿司屋さん「丹匠」が作ったものがTwitterなどのSNSなどで拡散され話題になりました。使う材料は、キュウリ、ラディッシュ、焼き海苔、辛子明太子、イカ、エビと、どこのスーパーでも手に入るものばかり。これからの季節、2月3日の節分の日や3月3日のひな祭りなどに腕を振るって作ってみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links

用意する材料

  • キュウリ・・・1本から2本程度(1人前)
  • ラディッシュ・・・1袋
  • 焼き海苔・・・パックの焼きのりがあれば十分
  • 辛子明太子・・・1個
  • イカ・・・パックのイカ刺身用
  • エビ・・・2尾~3尾(1人前)

鯉寿司・コイ寿司の作り方動画

百聞は一見に如かずということでまずは上記動画をご覧ください。

エビを使ったコイ寿司・鯉寿司の作り方

2016012003

ざっと紹介しますと以下の流れです。

① 作りたい鯉の食材をそろえたらお米とお湯を準備します。(0:41~1:08)

② エビは頭・殻・腹わたを取り除き、背に串を刺す。(1:26~1:33)

③ 取り終わったら、準備をしておいたお湯に通し、再びまな板へ。

④ 包丁で腹を開いたら胴体のできあがり。(1:40~1:48)

⑤ 飾りとなるラディッシュは水で洗った後、ひげ根と葉を切り落とす。(1:50~1:55)

⑥ ひげ根の部分に切り込みを3本入れ、そしてV字に切り込みをする。(1:56~2:10)

⑦ さらに側面にもV字をいれると、綺麗な飾りが完成する。(2:11~2:17)

イカを使ったコイ寿司・鯉寿司の作り方

2016012004

続いてイカを使った鯉寿司・コイ寿司の作り方です。

① 斜めに刃を入れて切り、薄く切れ込みをいれ、鱗(うろこ)をつくります。(2:20~2:56)

② キュウリは飾りとヒレのパーツに使います。1ミリ間隔で、3分の2ほど包丁を入れ完全に切らないようにします。(3:00~3:07)

③ その後、縦に切込みを入れ前後に開くと、綺麗な飾りとなります。(3:08~3:14)

④ ヒレをつくるためにキュウリを斜め切りし、縦と横に切りヒレの形をつくります。(3:15~3:18)

⑤ 明太子は、包丁で開いて、スプーンで卵を取り出します。(3:28~3:36)

⑥ シャリを作るために、お酢・砂糖・塩を入れたすし酢を火にかけ砂糖を入れ、溶かします。これをご飯にかけしゃもじを切るようにして混ぜ合わせます。(3:37~3:50)

⑦ 鯉の形を再現します。イカでつくる鯉寿司は、まずシャリを握り明太子と海苔を乗せ、そこにイカでつくった胴体・ヒレ・尾を置きます。最後に海苔で目をつけたら完成です。(3:51~LAST)

まとめ

味はもちろん見た目もおいしい、ユニークな寿司、鯉寿司・コイ寿司の作り方をご紹介しました。海外でも大注目されており、海外掲示板などでその画像が集められているそうです。日本人に馴染みのある寿司ということもありこれからの季節では2月3日の節分、3月3日のひな祭り、5月5日のこどもの日に作ってみてはいかがでしょうか。小さいお子さんがいる家庭ではお子さんと一緒に作ってみるのも面白いですね♪

2016012005

Sponsored Links

 - アート, イベント, エンタメ, ファッション, 生活