OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

こち亀連載終了の理由と続編は?最終回のネタバレも気になる!

   

2016090304

速報です。

人気漫画こちら葛飾区亀有公園前派出所・通称こち亀が40年の歴史で連載終了となることが報道されました。

報道によると「9月17日発売の週刊少年ジャンプ42号で最終回を迎え、同日発売のコミックス200巻が最終巻となる。神田明神(東京都千代田)で3日に行われた同作の“巨大絵巻物”の奉納式で発表された。」とされています。

本記事では速報ベースでなぜこち亀の連載が終了してしまうのか、続編はあるのか、感動の最終回の内容はどうなるのかについて情報をお届けします。

Sponsored Links

こち亀連載終了の理由

40年にわたって連載された人気コミック漫画こち亀。

テレビアニメや映画実写化へとその人気はまさに国民的人気コミックです。

主人公両津勘吉のアブノーマルな振る舞いが子供から大人までに親しまれています。

一体なぜ連載が終了してしまうのでしょうか。

作者の秋本治さんは以下のようにコメントしています。

2016090305

「40年も連載されることは作家にとってうれしいところ。いつまでも描きたい気持ちもある。これでスパッと切れるわけではなく、時々(ジャンプに)遊びに行くくらいでもいいかもしれません。今後の展開は未定。次の作品の構想もあります」

上記コメントからすると特に連載終了における明確な理由は見て取れません。

秋本先生は現在63歳と漫画家の中でも高齢域に入ります。

自分の体調と相談しながら、また変わらず人々に愛され続けている今が連載を終了させることがベストかもしれないと考え今回の連載終了に踏み切ったのかもしれませんね。

それはつまり秋本先生なりの引き際の美学があったのかもしれません。

こち亀連載終了後の続編は?

2016090306

上記コメントでもわかるようにこち亀の作者でありながら誰よりもこち亀を愛してやまない秋本先生。

「これでスパッと切れるわけではなく、時々(ジャンプに)遊びに行くくらいでもいいかもしれません。今後の展開は未定。次の作品の構想もあります」

そう語っていることからもしかすると半年に1回くらいは完全読み切り作で帰ってくることがあるかもしれませんね。

ただこれまでギャグ漫画界の第一線を走り続けてきた秋本先生とこち亀。

まずはゆっくりと休んで、人々の頭から忘れたころにフッと帰ってきてくれたら幸いですね。

Sponsored Links

最終回のネタバレも気になる

2016090307

漫画の最終回でありがちなラストといえば主人公が仲間と離れ離れになって、いつかまた再会しようといったものが多いですがこち亀の場合はどうなるのでしょうか。

もしかすると主人公・両津勘吉(35歳)が結婚してしまう!?なんてことが待ち受けているのかもしれません。

そして続編はその人間離れした両津勘吉の体力やDNAを受け継いだ息子や娘が出てきて、シッチャカメッチャカなギャグストーリーを展開してくれるのかも?

9月17日発売のジャンプ(42号)で連載終了となるこち亀。

この日はコンビニや書店で一気にジャンプが売り切れますね。

単行本ラストの発売日も待ち遠しい。

追記

WEB情報マガジンねとらぼの情報を以下に引用いたします。

9月17日発売のジャンプ42号は表紙が両さん、巻頭カラーでこち亀掲載。また、こち亀第1話をオールカラーで収録し、同号と単行本200巻では作者の思いなどが書かれます。また、200巻は通常版、特装版で発売。読み切りが出るかどうかなど、今後の展開は未定です。

Sponsored Links