OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

服部勇馬(トヨタ)イケメンで彼女は?実家や性格も調べてみた

      2017/01/03

当サイトではこれまで箱根駅伝2017の注目選手をご紹介してきましたが、ちょっとここは外せない人物がいたのでご紹介致します。

それは2017年1月1日元旦に開催される第61回全日本実業団駅伝2017に出場するトヨタ自動車所属の服部勇馬選手。

彼は箱根駅伝2017に出場する東洋大学の主将・服部弾馬選手のお兄さん。

服部弾馬選手同様イケメンで、彼もまた東洋大学の卒業生です。

知っている人も多いとは思いますが改めて服部勇馬選手がイケメンなので取り上げたいと思います(笑)

それでは見ていきましょう♪

Sponsored Links

服部勇馬Wiki風プロフィール

824

  • 名前:服部 勇馬(はっとり ゆうま)
  • 生年月日:1993年11月13日
  • 現年齢:23歳(2016年12月時点)
  • 身長:176cm
  • 体重:61kg
  • 競技:陸上競技
  • 種目:長距離走・マラソン
  • 所属:トヨタ自動車
  • 大学:東洋大学経済学部卒業
  • 出身地:新潟県十日町市

服部勇馬選手は仙台育英高校3年生のときに青森インターハイ5000メートル走で5位に入賞。

その後、名門東洋大学へ進学し初年度から駅伝メンバーとしてエントリーされました。

ここから服部勇馬選手の快進撃が始まりました。

2014年の第58回熊日30kmロードレースにて、1時間28分52秒で優勝。

この記録は前年に開催された同大会で主将設楽啓太選手が打ち立てた学生新記録を更新するという快挙でした。

更に第91回箱根駅伝では2区を走行し、各校のエース選手を出し抜き区間賞を獲得。

2015年7月に開催されたホクレンディスタンスチャレンジ北見大会では5000メートル走を13分36秒76でマーク。

東洋大学駅伝部の新記録を樹立。

この時同大会の1500メートルに出場していた弟の服部弾馬もまた新記録を樹立し、兄弟で東洋大記録保持者になりました。

東洋最強兄弟と言われた服部勇馬さん、服部弾馬さん。

2015年11月の全日本大学駅伝では勇馬選手が1区を担当し区間賞、2区を担当した弟の弾馬選手へとタスキを繋いだのは感動的なシーンで話題になりました。

大学最後の駅伝となる第92回箱根駅伝では3年連続で花の2区を担当。

日本人選手としては早稲田大学OBの渡辺康幸以来20年ぶりとなる箱根駅伝2区2年連続区間賞獲得という偉業を成し遂げました。

そして2016年、駅伝実業団チームでは強豪のトヨタ自動車への就職が決まり下半期の大会では自己ベストに近いタイムを叩き出し続けています。

<自己ベスト>

  • 1500m:3分51秒45
  • 3000m:8分13秒13
  • 5000m:13分36秒76
  • 10000m:28分09秒02
  • ハーフマラソン:1時間03分37秒
  • 30km:1時間28分52秒 (※日本学生記録)
  • マラソン:2時間11分46秒

前回のニューイヤー駅伝では2連覇を果たしたトヨタ自動車ですが、史上4チーム目となる3連覇へ向けてスーパールーキー服部勇馬選手を起用してくるでしょう。

また服部勇馬選手も「3連覇に貢献できるように頑張ります」と意気込んでいます。

服部勇馬がイケメン過ぎるけど彼女はいる?

Sponsored Links

そんな服部勇馬選手ですが、とにかくイケメンと話題となっています。

弟の弾馬選手もこれまたイケメンです(笑)

そして気になるのは熱愛彼女情報ですが、どうやら國學院大學陸上競技部のマネージャーをしていた川崎真奈里(かわさきまなり)さんという方と交際をしていたという情報がありますね。

2人で映っている写真などはないので100%とは言えませんが、川崎真奈里さんのSNSなどを拝見する感じですと可愛い女性であることは間違いないですね。

イケメンですのでそこはまぁ当たり前といえば当たり前なのかもしれませんね(笑)

ニューイヤー駅伝ではもしかするとテレビ放送で映ったりするのかも?

服部勇馬の実家や性格もチェック

続いて服部勇馬さんの実家や性格について見ていきましょう。

流石に実家の住所などは公表されてはいませんが、出身地が新潟県十日町市ということは分かっています。

そして三男の服部風馬さんが実家の稼業を継いだとインタビューで答えていますが、その商売などが何なのかというと「(有)服部総業」という建築関係のお仕事のようです。

となるともしかするとここが実家の住所ということになるのでしょうか?

また、十日町市議会議員の庭野しげみさんのブログ記事にて服部勇馬さんのことを応援しているといった内容が書かれていました。

地元のスーパースターとしても人気が高いことが分かります。

服部勇馬さんの性格についてはとにかく陸上に対してはストイックと言われています。

何をするときにでも常に陸上のことを考えているようですが、実は4兄妹の長男でもある服部勇馬さんは優しいお兄ちゃんという一面も持ち合わせています。

弟の弾馬選手が出場した2014年箱根では「右アキレス腱が痛い」と相談され一睡もできなかったり、当日は心配のあまり母親に電話を入れたりと、とにかく面倒見のいいお兄ちゃんでもあります。

イケメンで優しいお兄ちゃんなんて最高ですね♪

これはニューイヤー駅伝2017は期待できそうです。

頑張って欲しいです!服部弾馬選手!

Sponsored Links

 - ニューイヤー駅伝