OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

原泰久/キングダム漫画家の年収は?嫁や井上雄彦との対談が気になる

   

255

本日(10月30日)放送の情熱大陸に人気漫画「キングダム」原作者の原泰久先生が出演しますね。

週刊ヤングジャンプにて10年間連載し今も尚人気を集めている漫画「キングダム」。

テレビ「アメトーーク」でもキングダム芸人の企画が組まれるほどの人気ぶりで同じく人気漫画のスラムダンク作者・井上雄彦さんとの関係も注目されています。

当記事ではそんな原泰久先生の経歴やプロフィール、奥さんや井上雄彦さんとの関係について簡単にご紹介致します。

Sponsored Links

原泰久の経歴やプロフィール

256

  • 名前:原泰久(はら やすひさ)
  • 生年月日:1975年6月9日
  • 現年齢:41歳
  • 血液型:A型
  • 出身地:佐賀県
  • 出身高校:東明館高等学校
  • 出身大学:九州芸術工科大学(現・九州大学)
  • 職業:漫画家

大学3年生のときに漫画家を志すようになったという原先生。

大学卒業後、一度は民間企業にプログラマーとして就職するも、漫画家としての夢を諦めきれず27歳で脱サラを決意

その後、歴史物の読み切り漫画『覇と仙』を書き上げ23回MANGAグランプリにて奨励賞を受賞。

3年後の2006年より現在連載中の人気漫画「キングダム」の連載を開始しました。

257

このキングダムは第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞作で舞台となるのは中国の春秋戦国時代。

大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦国の王・政の活躍を中心に、戦乱の世を描いたものです。

原泰久先生の年収はどれくらいなの?

258

人気漫画家ということで気になるのは年収。

例えば漫画「ONE PIECE」の原作者である尾田栄一郎さんは推定年収31億円ほどと言われています。(参考元

31億円て・・・年末ジャンボ宝くじを5,6回当てるのと同じくらいの金額ですね。。

そして原泰久先生の年収はおおよそ4億円ほどと言われています

尾田栄一郎さんがいかに儲けすぎかということがわかると思いますがそれでも年収4億円であるのなら、普通のサラリーマンが生涯稼ぐ金額よりも多いですね。

年収4億円なら10年で40億円なので普通に生きていくには全く困らないレベルですね(笑)

Sponsored Links

原泰久先生は結婚して奥さんがいる?

原泰久先生は現在結婚していて3人の子供にも恵まれています。

お相手であるお嫁さんについてですが、一般女性ということで顔や家族写真などは公表されてはいませんでした。

また奥さんとの出会いや馴れ初めについても情報は無く普通の一般家庭のママさんとして日々過ごされているのでしょう。

原先生自身が物凄く日本の歴史について興味を持たれているため、もしかすると歴史好きの奥様なのかもしれませんね。

井上雄彦先生との関係とは

259

井上雄彦先生と言えば人気漫画「スラムダンク」や「バカボンド」「リアル」などを手がけている人気漫画家の一人です。

原先生はもともと井上雄彦先生のアシスタントを務めていました

曰く「武者修行の為弟子入りした」とのことで今の原先生があるのは井上先生あってのものと言ってもいいのかもしれません。

以前アメトーークでは連載当初キングダムの人気がなかなかでないとき師である井上先生へ相談したという話していました。

井上先生のアドバイスは「目を少しだけ大きくしろ」ということでそれをそのまま活かしたところ爆発的に人気が出たというのです。

260

スラムダンクやバカボンドなどの絵もその鋭い眼光やタッチなどが特徴的ですが、それほどまでに効果があることなど普通の人では全く気づかないのかもしれないですね。

今夜放送の情熱大陸でも井上先生との関係が語られると思いますのでファンの人は要チェックですね!


 

いかがでしたでしょうか?

当記事では人気漫画キングダムの原作者である原泰久先生について簡単にご紹介致しました。

「一度読めば必ず虜になる」と言われる壮大なスケールの物語を世に送り出し読者の心を鷲掴みにし続けている原先生。

27歳で脱サラを決意したということで現代の安定志向を求める若者世代の間では珍しい存在です。

今夜夢見る若者世代に対して原先生から何かしらのメッセージがあるのかもしれません。

放送開始を楽しみにしましょう♪

Sponsored Links

 - エンタメ, 漫画