OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

箱根駅伝2017/神奈川大学のエントリー選手一覧と注目選手は?

   

510

箱根予選会第5位で通過した神奈川大学は2017年で7年連続となる計48回目の箱根出場を決めました。

2016年と同じ順位という結果に大後栄治駅伝部監督(51)は「もう少し上を狙ってたから残念です。」とコメントしています。

少しでも順位を上げることができるかどうか注目があつまっています。

それでは神奈川大学駅伝部のエントリー選手や注目選手について見ていきましょう♪

【箱根駅伝2017関連記事】

Sponsored Links

神奈川大学の特徴は?

もともとのスクールカラーは紫紺色でしたが箱根駅伝の実況にてプラウドブルーと連呼されるようなり定着したといわれています。

箱根駅伝では1997年、1998年の総合優勝、2002年の往路優勝を飾っています。

また東日本大震災の支援活動として「KU東北ボランティア駅伝」と称した支援の襷をつなぎ続けています。

エントリー選手一覧と注目選手

Sponsored Links

※エントリー選手は発表され次第追記致します。

 

<鈴木 健吾さん(主将)(4年)>

<中神 恒也さん(4年)>

<中平 英志さん(4年)>

<東 瑞基さん(4年)>

<大川 一成さん(3年)>

<大塚 倭(やまと)さん(3年)>

<大野 日暉(はるき)さん(3年)>

<鈴木 祐希さん(3年)>

<山藤 篤司さん(2年)>

<越川 堅太さん(1年)>


 

いかがでしたでしょうか?

大後栄治監督は昨年と同じ順位ということで満足できる結果ではなかったとコメントしていますが、過去優勝経験もしている大学だけに優勝できる可能性は十分に秘めているでしょう。

とはいえまずはシード権を獲得できるまで順位をあげていってほしいですね。

頑張れ!神奈川大!

【箱根駅伝2017関連記事】

Sponsored Links

 - 箱根駅伝2017