OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

箱根駅伝2017/順天堂大学のエントリー選手一覧と注目選手は?

      2016/11/30

510

順天堂大学も箱根駅伝では出場常連校として名のある強豪校です。

特に2016年夏に行われたリオデジャネイロオリンピックに出場した塩尻和也さんに注目が集まっています

彼はリオ五輪にて男子3000メートル障害物競走の代表選手として出場しました。

箱根中堅校と言われていますが、今年は一味違うようです。

【箱根駅伝2017関連記事】

Sponsored Links

順天堂大学の特徴は?

箱根駅伝では優勝回数計11回を記録。

「逆転の順大、復路の順大、調整力の順大」という異名がつくほどの強豪校です。

そして2016年のテーマは「下剋上」とその闘志を露わにしています。

具体的な内容として「部員全員の自己記録更新」と「箱根駅伝5位以内」を目標に掲げています。

2016年に行われた箱根駅伝では総合6位とシード権を獲得。

2017年箱根の台風の目になるかもしれません。

エントリー選手一覧と注目選手

※エントリー選手は発表され次第追記致します。

Sponsored Links

第92回箱根駅伝での成績を見る限り、以下の作田さん、栃木さん、塩尻さんが注目されそうですね。

<作田 直也さん(4年)>

1時間10分33秒/10区区間2位

<甲斐 智樹さん(4年)>

<聞谷 賢人さん(主将)(4年)>

<西澤 卓弥さん(4年)>

<森 湧暉さん(4年)>

<栃木 渡さん(3年)>

55分53秒/  4区区間3位

<花澤 賢人さん(3年)>

<金原 弘直さん(2年)>

<塩尻 和也さん(2年)>

1時間8分30秒/2区区間5位

<野田 一輝さん(1年)>


 

いかがでしたでしょうか?

下剋上をテーマにしている順天堂大学駅伝チーム。

特に2年の塩尻さんは出雲駅伝では3区区間2位に入るなど箱根でも健闘次第によっては大きなリードを奪える可能性もあります。

リオ五輪に出たことで大きな自信もついていることでしょうから順天堂大による番狂わせが起こるかもしれません。

頑張れ!順大!

【箱根駅伝2017関連記事】

Sponsored Links

 - 箱根駅伝2017