OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

箱根駅伝2017/法政大学のエントリー選手一覧と注目選手は?

      2016/11/30

510

創価大学に次いでご紹介するのは法政大学男子駅伝部です。

法政大学陸上競技部の卒業生はオリンピック選手や世界陸上競技大会にてメダルを獲得するなどスポーツの名門大学のひとつです。

2017年の箱根駅伝ではどのような成績を納めてくれるのか期待したいところです。

【箱根駅伝2017関連記事】

Sponsored Links

法政大学の特徴は?

箱根駅伝では、2001年に往路優勝と2006年に復路優勝を一回ずつ記録しています。

総合優勝こそないものの出場回数は77回となり出場回数では各大学中4位と箱根本戦出場の常連校です。

過去の試合中棄権をしてしまった経験を活かして2017年箱根本戦ではより入念に勝負作りをしてくるでしょう。

エントリー選手一覧と注目選手

Sponsored Links

※エントリー選手は発表され次第追記致します。

 

2年連続77回目の箱根出場を決めた法政大ですが、法大坪田智夫駅伝監督は「まだ伸びるチーム」と期待のコメントを発しています。

<足羽 純実(あつみ)さん(主将)(4年)>

法大チームのエース選手。

<坂田 昌駿(まさとし)さん(4年)>

<城越 洸星さん(4年)>

<細川 翔太郎さん(3年)>

<阿部 泰久さん(2年)>

<東福 龍太郎さん(2年)>

<土井 大輔さん(2年)>

<坂東 悠汰さん(2年)>

<本多 寛幸さん(2年)>

<矢嶋 謙悟さん(2年)>


 

いかがでしたでしょうか?

チームの要となるのは足羽さんですが、1年生陣も期待のルーキーが何人か表れているようです。

法政大はかつてオレンジエクスプレスと言われた時代がありました。

2017年はトップ10位以内に入り、2018年のシード校へと成り上がることができるのでしょうか。

頑張れ!法大!

【箱根駅伝2017関連記事】

Sponsored Links

 - 箱根駅伝2017