OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

めざましテレビでお台場夢大陸DMMプラネッツ最新デジタルアートを紹介!

      2016/08/17

2016年8月3日放送のフジテレビ系朝の情報番組めざましテレビモアセブンにて現在「お台場みんなの夢大陸」で開催中の展示イベント「DMM.プラネッツ Art by teamLab」が紹介されます。

DMM.プラネッツ Art by teamLabはウルトラテクノロジスト集団と称される「チームラボ」における最大規模のデジタルアート作品です。

本イベントはフジテレビ夏の恒例イベント「お台場みんなの夢大陸2016」内で開催されています。

ここではこのDMM.プラネッツ Art by teamLabについて簡単にご紹介いたします。

Sponsored Links

関連記事:DMM.プラネッツの混雑状況(待ち時間)やチケット口コミ感想は?

DMM.プラネッツとは

冒頭でもお伝えした自称ウルトラテクノロジスト集団・チームラボが手掛けるDMM.プラネッツはそれまでの展示会を鑑賞する概念を大きく破壊しています。

2016年7月23日(土)に放送された「FNS27時間テレビフェスティバル!」内で初公開されたCMではビートたけしが出演しており、このDMM.プラネッツ展示会の様子が映し出されています。

裸足でないと入ることができない水面のアート作品部屋や1年間の花々が時間と共に刻々と変化しながら咲き渡るドーム宇宙空間などとにかく幻想的でカラフルそして癒しを与えてくれる空間は今までにない新しい刺激を来場者へ与えてくれます。

以下に今回展示されている作品を簡単にご紹介いたします。

  • Floating in the Falling Universe of Flowers

鏡張りの部屋に光の彫刻でできた集合体がまばゆいほどに冴えわたる空間です。スマートフォンを片手にクリスタルユニバースを構成するエレメント(素材)を選定し一緒に空間を創り上げていくことができます。

2016080305

  • Wander through the Crystal Universe

プラネタリウムのドーム空間が回るのと同じように1年間の花々が時間と共に刻々と変化しながら咲き渡る幻想的な空間です。こちらもスマートフォンに映し出された蝶を選択し投げ込むと花の宇宙空間に舞い上げることができます。

2016080306

  • 人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング – InfinityDrawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and People – Infinity

水面に映し出された無数の鯉。裸足でないと入ることができないですが鯉は人にぶつかると花となって散っていきます。鯉は来場者のふるまいによって変化するためその一瞬がオリジナルの鑑賞体験となります。

2016080307

  • やわらかいブラックホール – あなたの身体は空間であり、空間は他者の身体であるSoft Black Hole – Your Body Becomes a Space that Influences Another Body

幼いころ一度は考えたことのあるブラックホール。触れるものすべてがやわらかい素材で気づくと重力で沈み込んでしまうような感覚にさせてくれます。普段の生活を忘れ去りただただ空間と同化することができます。

2016080308

関連記事:DMM.プラネッツの展示作品動画まとめ!

Sponsored Links

DMM.プラネッツ Art by teamLab開催情報

会期:2016年7月16日(土)~8月31日(水)

会場:お台場・青海周辺エリア(「お台場みんなの夢大陸2016」会場内)

時間:10:00~18:00(7月16日~7月28日)、10:00~22:00(7月29日~8月31日)※8月11日(木祝)、17日(水)、18日(木)は貸し切りのため、18:00までの営業。

料金:

<1DAYパスポート>

一般 2,000円/小中学生 1,300円

※お台場みんなの夢大陸2016共通の入場チケット

<ナイトチケット>

一般 1,000円/小中学生 500円(17:30~販売開始)

※18:00〜22:00のDMM.プラネッツ Art by teamLab入場チケット

<プライオリティチケット>

一般1,500円/小中学生700円

※混雑を気にせず優先的に「DMM.プラネッツ Art by teamLab」に入場できるチケット

チームラボとは

2016080304

ウルトラテクノロジスト集団を自称し、プログラマ(アプリケーションプログラマ、ユーザーインター フェイスエンジニア、DBエンジニア、ネットワークエンジニア)、ロボットエンジニア、数学者、建築家、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、CGアニメーター、編集者など、情報化社会のさまざまなものづくりのスペシャリストから構成されている。芸術を主体とした先鋭的なモノ作りを得意としている。引用:ウィキペディア

今回のDMM.プラネッツ展示会以外にも受付システムや写真共有アプリ、子供が楽しく遊べる様々な色彩豊かな作品を世に送り出しています。

2016080301 2016080302 2016080303

関連リンク

最後に

本記事ではお台場みんなの夢大陸2016で開催されているアートイベント「DMM.プラネッツ Art by teamLab」を紹介いたしました。ここで紹介した以外にも独創的な作品が多々用意されています。あらかじめコンピュータに記憶させたデジタルアートではなくその場で変容していく最新デジタルアート作品に是非とも触れに行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事:DMM.プラネッツの混雑状況(待ち時間)やチケット口コミ感想は?

花のアート展FLOWERSBYNAKEDが六本木東京ミッドタウンで8月に開催!

Sponsored Links