OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

DIR EN GREYの新曲/詩踏みの歌詞や感想(世間の反応)

      2016/08/17

世界的に活躍する日本を代表するロックバンド・DIR EN GREY(ディルアングレイ)の2016年7月27日に発売される新曲「詩踏み(うたふみ)」がギターの薫がDJを務める番組「Freedom of expression」内で世界初公開されました。1999年のメジャーデビュー以降、様々な楽曲を世に送り出しそのカテゴライズ不能な音楽は多くのファンを魅了し、今では日本が誇る世界で最も成功したバンドと位置付けられています。

2016070301

公開されたのはプロモーションEditバージョン。「実際はもう少し長い」と発言していた薫だが、番組の放送中から放送が終わると主にTwitter上では「かっこよすぎる」「疾走感がやばい」など、やはり期待を裏切らない彼らへの好意的かつ発売日を待ちきれないとの意見が続出。

Sponsored Links

なお、歌詞についてはまだ発売日前の為、公開はされていません。彼ららしい激しくも疾走感のある曲に仕上がっている新曲「詩踏み」は7月27日(水)に発売されます。また、これまで製作してきたミュージックビデオも事あるごとに規制をかけられてしまう彼ら。「詩踏み」のミュージックビデオにも期待が集まっています。

Sponsored Links

※8月6日歌詞情報追記※

  • 作詞:京
  • 作曲:DIR EN GREY

私は一人

孤独な死だけだ

たやすく裏切られる

命懸ける程の情景が今眼に宿る?

 

意味の無い躊躇い傷と

十数年心は無人 ヘラヘラ

 

ぺちゃくちゃ喋るゴミ共が

鎖一つ捥げない飼い犬

 

Fall

 

まるで別の住人だ

同じ顔した、私は化物

愛されたのは孤独だけ

We will not give up

形のある自由から Suicide

 

誰もが信じていた答えが正しいとは限らない

 

雑音の世界 君は何が欲しい?

実感した未来に聞いてご覧よ

 

胸の奥 愛せたら 少しは楽でしょう

こんな世界も視ずに笑い合えた

 

さあ

 

成功者は

いつも渦巻いてるんだ俺の周りで

もう誰の声も聞きたくない

 

もうたくさんだ、生きる意味を探し THE FINAL 腕に刻むのか?

憧れや、愛や自由全て、くだらないものに変わる

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

出雲咲乃の歌い方が椎名林檎に似てると話題!天才シンガーソングライター

Sponsored Links