OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

僕たちがやりました原作漫画ネタバレ!最終回結末オチとトビオが自殺?

   

2017年7月18日(火)よる9時から放送開始となるフジテレビ系ドラマ「僕たちがやりました」

春ドラマも最終回ラストに向かうとともに同ドラマのCM予告が放送され視聴者の方からは期待の声が多数上がっています。

ここではそんな「僕たちがやりました」のあらすじやキャストを簡単にご紹介すると共に最終話まで待てないあなたに原作漫画の最終回のネタバレをお届けしたいと思います^^

本ドラマは原作漫画があるので既に内容を知っている方はもちろん復習のつもりで見ていきたいと思います♪

Sponsored Links

窪田正孝主演ドラマ「僕たちがやりました」の原作漫画のあらすじは?

まずはドラマ「僕たちがやりました」のあらすじからチェックしていきたいと思います。

“そこそこ”でよかったはずの日常が大激変!クズだけど必死に生きる若者たちの青春逃亡サスペンス!!”そこそこ”で生きていたいかにもイマドキな4人の若者たち。ある日、通っている学校の向かいにあるヤンキー高校の不良たちに、仲間をボコボコにされ、ちょっとしたイタズラ心で、復讐を企てる。ところが計画実行の日、それはとんでもない大事件に発展してしまう。気づいた時には向かいのヤンキー高校が火の海に!ワケが分からないままあっという間に”爆破事件の容疑者”になってしまった彼らが選んだ道は”逃げる”こと…。こうして、現実に向き合えない若者たちの青春逃亡劇が始まる。彼らを待っていたのは刑事や教師の追跡、不良たちの報復、抑えきれない欲望と仲間割れ、大好きなあの子と分かれ、そして罪悪感…!そんな彼らが右往左往しながらも成長していく様をハラハラドキドキの展開で描いた青春逃亡サスペンス!!

上記内容は僕たちがやりましたカンテレ局専用ホームページからのイントロダクション情報ですが、どうやらひと波乱もふた波乱もある内容となっているようです。

高校生が爆破事件の容疑者となって逃亡するとか正直かなりぶっ飛んだ内容となっていますね^^;

そんな僕たちがやりましたのキャストについてご紹介致します。

窪田正孝/主人公・増淵トビオ

同ドラマの主人公でこれまで”そこそこの”生活で満足していた人物。

凡下高校に通う高校生であだ名は「トビオ」。

友人のマル(葉山奨之)と伊佐美(間宮祥太朗)とパイセン(今野浩喜)らとのゆるい生活に満足していた。

性格はクールで冷めているがマルをいじめた矢波高校に復讐をしようと共謀する。

家族構成は母と妹の3人暮らし。

ちなみに初体験はまだ。

永野芽郁/蒼川蓮子

トビオの幼馴染でトビオのことが好きな可愛い女の子。

頭の良い女子高校に通ってはいるものの日々につまらなさを感じている。

新田真剣佑/市橋哲人

マルをイジメていた不良高校の生徒。

矢波高校随一の不良だが爆破事件で車椅子生活の人生になる。

トビオを追いかけるうちに蓮子のことが好きになっていく。

家族構成は祖母との二人暮らし。

間宮祥太朗/伊佐美翔

トビオの友人凡下高校の生徒でチャラい人物。

今宵(こよい)という巨乳美女の可愛くてバカな彼女ができたばかり。

部活はフットサルをしている。

葉山奨之/丸山友貴(マル)

伊佐美と同じくフットサル部の部員でキノコ頭が特徴的な人物。

性格は小心者だが実は腹黒い一面も。

ある日悪口をたまたま不良校の連中に聞かれ目をつけられるというちょっとついてないキャラでもある。

今野浩喜/パイセン(小坂秀郎)

関西弁を話すトビオたちの高校の先輩でフットサル部のOB。

仕事もせず20歳のくせにほぼ毎日高校に来るというニート。

親が金持ちのため金遣いが荒くトビオとマル、伊佐美の3人以外に友達はいない。

川栄李奈/新里今宵

凡下高校の後輩で伊佐美の彼女。

能天気な性格をしている。

岡崎紗絵/三浦由佳

蓮子と真美の女友達。

原作にはいないオリジナルのキャラ。

板尾創路/西塚智広

いんぎん無礼な裏社会の弁護士。

とにかく態度が大きい。

水川あさみ/立花菜摘

トビオの担任教師。

ドラマオリジナルのキャラ。

三浦翔平/飯室成男

クールで冷酷な刑事。

古田新太/輪島宗十郎

謎に包まれた裏社会のドン。弁護士の西塚のボス。


 

そうそうたるキャストで構成されていますね。

しかし今宵が巨乳って…川栄李奈さんですよね?^^;

ドラマ撮影にはなにか細工でもしているのでしょうか(失礼!)

ドラマ「僕たちがやりました」の最終回ネタバレはトビオが自首?自殺?

Sponsored Links

ではではここからが当記事の本題となるドラマの最終回ネタバレについて見ていきたいと思います。

同作の原作はヤングマガジンにて連載されていた同名の作品で単行本全9巻で完結しています。

ここでは簡単に原作漫画のネタバレについてお届け致します。

あらすじでもご紹介したようにトビオ・伊佐美・マル・パイセンの4人は爆破事件を起こし、そこから逃亡生活が始まります。

この爆破事件で被害を受けたのは市橋哲人。

後に市橋哲人は蓮子のことを好きになっていきます。

この3人の三角関係もドラマ内では描かれていくでしょう。

ちなみにトビオとレンコは付き合うものの結局のところは別れてしまいます。

さてそこからトビオたち4人は海外へと高飛びを決行しようと企みますが空港で4人が落ち合ったときにパイセンが逮捕されるという事態に…。

その後トビオたちにはこれまで行動を共にしてきた4人の間で裏切りや仲間割れなどが起こりますが、運良くトビオ・マル・伊佐美の3人は逮捕されること無く難を逃れました。

そしてまたある日突然パイセンが釈放されることになりました。

理由は爆破事件の真犯人が“真良中幹雄”という1人の男が自ら名乗りを上げたからだったのです。

困惑する4人でしたが、この真相はパイセンが裏で手を引いていたものでした。

パイセンは両親が大金持ちで父親の輪島宗十郎が裏社会のドン。

警察上層部に太いコネやパイプがあったのです。

釈放されたパイセン含め4人はこのまま黙っていれば誰にも本当の真実を知られることはなく罪に問われることはないと考えていました。

しかしそんな彼らの前に現れたのは警部補の飯室成男。

クールで冷酷な性格をしている飯室成男はトビオたち4人が起こした爆破事件の真相を知っていて彼らを脅します。

「その罪の重さを背負って一生苦しめ」

この言葉を最後に飯室成男はトビオたちの前から姿を消します。

その後トビオたちは何事もなかったかのように普段の生活を送りますが、その生活も次第に悲惨なものへと変わっていました。

「こんな生活にもう嫌気が差した」

トビオたち4人は自首しようと考えます。

しかしこの行動はパイセンの父親である輪島宗十郎の力によってもみ消されてしまいます。

漫画の結末ラストは?原作と違うの?

以上までの内容が原作漫画の内容となっています。

今回放送されるドラマと原作漫画のラスト・結末は内容が異なるようなので一体最終回はどんな結末になるのか気になりますね。

ちなみに本記事においてもまだまだ内容に追記する点がありますので随時アップデートしていきます^^

Sponsored Links

 - 僕たちがやりました