OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

ボブディランの名曲/風に吹かれては映画アヒルと鴨のコインロッカー

   

116

【速報】

2016年のノーベル文学賞受賞はかねてより期待されていた村上春樹さんではなく、米国シンガー・ソングライター・ボブディランさんに決定致しました。

ボブディランさんといえば誰もが一度は聞いたことがあるであろう名曲「風に吹かれて」が有名です。

筆者が気になっているのはこの「風に吹かれて」が主題歌として使われている映画「アヒルと鴨のコインロッカー」が再び人気が出るのではないかと感じています。

Sponsored Links

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」は今から6年前に上映されました。

重力ピエロなどで知られる位小説家伊坂幸太郎が著者。

アヒルと鴨のコインロッカー

主な登場人物は濱田岳・瑛太・関めぐみの3人で、ある日ペット惨殺事件の犯人達と出会いそれまでの人生が劇的に変化していくというもの。

劇中ではボブディランの名曲「風に吹かれて」が度々流れ、濱田岳がよく鼻歌を歌っています。

How many roads must a man walk down

(どれほどの道を歩かねばならぬのか)

Before you call him a man?

(男と呼ばれるために)

この時はまだ濱田岳と瑛太も今ほど有名人ではなかったため彼らの出始めの作品を見てみたいと気になった人はぜひともチェックしてほしい作品です。

ヒロインの関めぐみさんは最近見かけませんでしたが2016年1月に放送された堀北真希主演ドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」の第1話にゲスト出演していました。

6年という歳月を経て再び映画「アヒルと鴨のコインロッカー」の人気に火がつきそうです。

Sponsored Links

 - ニュース, 速報