OMOSHIROMEDIA.com

ちょっとした気になることをあなたへ

愛してたって秘密はあるメールの送り主は誰?犯人黒幕の原作ネタバレ

   

7月16日から放送開始となる日テレ新日曜ドラマ「愛してたって、秘密はある。」

ここでは第1話で主人公・黎に対し11年前の秘密を知る何者かから不気味なメールが届くことについて考察しています。

Sponsored Links

愛したって秘密はある第1話のあらすじをおさらい

このドラマは殺人を犯した過去を隠している青年が結婚を目前に不可解な出来事に巻き込まれていくラブミステリー・ドラマです。

主人公の黎(福士蒼汰)は犯罪者に寄り添う弁護士を目指す司法修習生。

黎には11年前、中学3年生の時、母晶子(しょうこ/鈴木保奈美)に暴力を振るう父皓介(こうすけ/堀部圭亮)を撲殺した過去がありました。

当時晶子は遺体と凶器を庭に埋め、皓介が疾走したように偽装。

黎の殺人は晶子と2人だけの秘密となっていました。

ある日黎は法科大学院時代の同級生で恋人の爽(さわ/川口春奈)から逆プロポーズをされます。

黎はこれを承諾しますが、殺人の秘密を抱えたまま結婚することに不安を覚えます。

そんな中黎の元に何者かから不気味なメール・メッセージが届くようになります…。

しかし、不可解な出来事はメールだけに留まらず…

第1話の告発文メールの送り主は誰?犯人黒幕の原作ネタバレはある?

Sponsored Links

では本題の第1話で奥村黎にメールを不気味なメールを送り付けた送り主・犯人、そして黒幕は誰なのか、予想と考察をしていきたいと思います。

このドラマ「愛してたって、秘密はある。」の企画・原案は秋元康さんということで、原作がないんですよね。

なので、このメールを送り付けた犯人が誰なのかを知るすべはドラマ制作者関係の人物しか知り得ないのです^^;

というわけで登場人物と黎の関係を元に以下のような感じで予想をしてみました。

メールの送り主は母親の奥森晶子?

まず一人目に挙げられるのは奥森黎の実の母親である、晶子(しょうこ)の可能性です。

自分がDVを受けていたことから息子が実の父親を殺すという罪を犯してしまった。

そしてその後は2人で秘密を隠し持ったまま人生を歩んできましたが、実際に息子が結婚することに

寂しさを覚え反対しているのではないのか…といったベタな予想内容です。

メールの送り主は立花家の人物?

次に予想されるのは黎の恋人である立花爽(川口春奈)一家の誰かではないのか、という線です。

爽の父親の立花弘晃(遠藤憲一)、もしくは立花茜(岡江久美子)。

この2人は実の娘の婚約相手である黎の素性や過去を調べ、過去を知り、結婚に否定的なため告発文とも言えるメールを送ったのではないのか…と予想できます。

メールの送り主は安達虎太郎?

黎の親友である虎太郎という線もなくは無さそうです。

というのも黎が虎太郎に爽と結婚すると報告した際に、即座におめでとうとは言わなかった。

一瞬だけでしたが少々意味深な表情も見せた虎太郎。

実は虎太郎は黎の過去の事実を知っていてその上で親友として今まで付き合ってきた、敢えてお調子者キャラを演じていた…というのもあり得ます。

【関連記事】

愛してたって秘密はある虎太郎役は白洲迅!愛ある司法修習生画像はコレ

メールの送り主は浦西果凜?

黎の家庭教師時代の教え子果凜(かりん/吉川愛)。

黎の結婚に対して「絶対にうまくいかないからやめちゃいなよ」と反対を唱える女子高校生。

心の何処かで黎のことが好きなのでしょうか?

そういう面からすれば黎の過去までは知らないため、単純に恋心から結婚を反対しているだけなので、メール送った犯人とは遠そうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は日テレ新日曜ドラマ「愛してたって、秘密はある。」第1話の内容と奥村黎の過去を知るメールの送り主は誰なのか考察をしていきました。

過去に殺人を犯したことがあるドラマといえば、山田孝之さんと綾瀬はるかさん主演ドラマ「白夜行」や、最近放送された藤原達也さん主演ドラマ「リバース」などがありますよね。

どことなく構成や雰囲気が湊かなえさんっぽいような気もしますが、あそこまで深く心に残るような演出がされているのかどうか、も見どころですね。

今後続く第2話3話…最終回と、継続して注目できるドラマになってくれるといいですね^^

Sponsored Links